浦和競馬場 その7 〜浦和競馬場 屋根つきパドック〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 浦和競馬場 > 浦和競馬場 その7 〜浦和競馬場 屋根つきパドック〜

浦和競馬場 Urawa Race Course
浦和競馬場パドック。ここにも屋根がついている。


*浦和競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は浦和競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて、世間では夏競馬のまっ最中ですが、春・冬の写真を織り交ぜた季節感のない浦和競馬場を展開してまいりますので、こちらはこちらで何卒お楽しみください。現在開催中の夏競馬のご様子は新潟競馬場レポートおよび札幌競馬場レポートなどでご覧いただければ幸いです。



というわけで浦和競馬場内に足を踏み入れた荷桁。はやくも地方競馬らしい屋根付きコンコースに迎えられ、競馬新聞も購入してテンションも上がったところでさっそくパドックへ向かうことにしよう。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 こちらが浦和競馬場のパドックである。
 ちょっと前までは手書きだった馬名掲示板も現在では電光掲示板になっている。左回りの楕円形、そして芝生にラバーの地面と、地方競馬としてはこれ以上ないこぎれいなパドックである。


 実は荷桁はこの競馬場のパドックに関しては結構評価をしている。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 浦和競馬場のパドックの最大の特長はぐるりと屋根がついているところである。屋根のおかげで雨の日でも快適にかぶりつきでパドック観察が可能である。同じ南関東で浦和より設備が豪華な大井や川崎もパドックにまで屋根はついていないので、コンパクトな浦和だからこそ実現できた設備であろう。


浦和競馬場 Urawa Race Course

 
 屋根がついていてうれしいことと言えば、オッズ画面がそこいらじゅうにぶら下がっているのでリアルタイムのオッズを見ながらパドックが見られるところである。椅子のある一画もあるのでゆっくり座って見ることも可能だ。

 地方競馬は併売が少ないので、普段中央で3場買いしている身としてはどうしても時間を持て余してしまうことが多い。そんなときに気軽にパドックに行ってビールでも飲みながら座って予想ができるというのは時間つぶしの観点からも非常にありがたいことである。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 浦和競馬場では騎手は中央の芝生部分に整列する。パドック背後にある小屋みたいなところで待機しているようなのだが、内部の様子はうかがい知れない。地方競馬だと結構騎手達が待機している様子を見ることできて、人間関係を想像して楽しんだりできるのだが、浦和はそうでもないのである。

 浦和は所属騎手がそんなに多くないので他場の騎手がよく参戦している。そのあたりの人間関係なんか是非見てみたいものなのだが。



浦和競馬場 Urawa Race Course


 全員揃うと一礼。

 こうしてみるとちゃんとしてるようだが、動作の流れを実際に見てみると案外ぐだぐだである。姫路のパドックように全員気をつけ!みたいな感じではない。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 ちなみに、馬房が道をはさんで反対側にあるので、馬たちは公道を渡ってパドックへと入ってくる。こういうところは地方競馬っぽくていい。


 浦和競馬場パドック、なかなか快適ですので、お越しの際にはぜひともパドック派になって訪れてみてください。


 

>>浦和競馬場レポートその8へ


*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 金沢競馬場 その1  ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜


*浦和競馬場に関する記事は以下にもあります。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 浦和競馬場 その2 〜浦和駅から歩いて競馬場へ〜
 浦和競馬場 その3 〜浦和競馬場を1周してみる①〜
 浦和競馬場 その4 〜浦和競馬場を1周してみる②〜
 浦和競馬場 その5 〜浦和競馬場を1周してみる③〜
 浦和競馬場 その6 〜屋根をつたって〜
 浦和競馬場 その7 〜浦和競馬場 屋根つきパドック〜
 浦和競馬場 その8 〜思い出の1号スタンド〜
 浦和競馬場 その9 〜ひなびた2号スタンド〜
 浦和競馬場 その10 〜3号スタンドと第7投票所〜
 浦和競馬場 その11 〜浦和競馬場の予想屋たち〜
 浦和競馬場 その12 〜浦和競馬場 難解コース〜
 浦和競馬場 その13 〜浦和競馬場グルメ フライ天国〜
 浦和競馬場 その14 〜浦和競馬場グルメ 第2弾〜
 浦和競馬場 その15 〜浦和競馬場グルメ 第3弾〜
 浦和競馬場 その16 〜日程は少なくとも〜




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]