浦和競馬場 その9 〜ひなびた2号スタンド〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 浦和競馬場 > 浦和競馬場 その9 〜ひなびた2号スタンド〜

浦和競馬場 Urawa Race Course
浦和競馬場2号スタンドからレースをのぞむ。


*浦和競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 浦和競馬場レポート、どんどんまいりましょう。

 さて、1号スタンドの思い出話(というほどのものでもないが)をしたあとは、その次に古いスタンドである2号スタンドを観察していくことにしよう。

 冒頭の写真は2号スタンドの最下部の客席。ベンチ主体で簡素だがゴール直前で見晴もよく、わりとにぎわっている一画だ...

浦和競馬場 Urawa Race Course

 浦和競馬場2号スタンドは外観だけ見ていると豪華なスタンドだが、平時の開催時では実際に稼働しているのは1階の馬券売場、そして2階~3階の外側に突き出しているスタンドだけである。

 2階より上の投票所はほとんどあいていることもなく、ガラス張りの部分の室内は客席としては使われていない。一応最上階には電気がついているので事務所として使われてはいるようであるが。


浦和競馬場 Urawa Race Course

 こちらは1階部分の投票所。機械の発券は少なく、窓口おばさんが主役なので混雑日以外にはあまり利用者はいない。


浦和競馬場 Urawa Race Course

 一方この反対側の広場側は利用者も多くにぎわっている。パドックにも近く予想屋なども多いスペースなので必然的に人が多く集まりやすい。締め切り間際には買いそびれも起こる、浦和の人気スポットである。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 ちなみに、この売り場にはこんな注意書きが。スリが多かった時代の名残であろう。「懐中もの」という言い回しが懐かしいではないか(別にかけたわけではなく)。どことなくにぎやかな浦和競馬場にあってアングラな感じが漂う一画だ。



浦和競馬場 Urawa Race Course


 2階に上がると、さらにアングラ感が増大する。もはや投票スペースは物置と化している。一応左手はずらりと投票所なのだが、電気もついておらず、ほこりがたまっており、稼働している気配はない。もちろん通行人もいない。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 ほこりがたまった穴場にはこのような注意書きが。「購入メモ用紙」ってなんのこっちゃというところから考えても、相当昔から稼働しなくなっていることが想像できる。


浦和競馬場 Urawa Race Course

 
 3階も2階と状況は変わらない。

 なお、2号スタンドで普段出入りできるのはこの3階までで、これ以上上がろうとしても階段が封鎖されている。もちろん穴場も機能しておらず、もはや廃競馬場の趣さえ漂ってくる。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 このように、何も機能していない2号スタンドにあって不気味に稼働しているのがこのランプである。赤が何を示しているかはわからないのだが、締め切り前にはこのランプが点灯していたので、「もうすぐ締め切りだよ」というようなことを注意喚起しているのかもしれない。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 なお、締め切り後はランプが消える。よくわからないがとりあえず不気味な一品だ。かつて旭川競馬場で似たようなランプを見たな。


浦和競馬場 Urawa Race Course


 と、ここまでアングラだの不気味だの稼働してないだの散々ののしってきた2号スタンドだが、3階部分からの眺望は実に見事である。3号スタンドとつながっているので、3号スタンドで馬券を買ってから、こちらに移動してきて観戦する人も多い。天気のいい日は是非ともこのスタンドで競馬を楽しんでほしい。しかもこれ有料席じゃないというのも素敵。


 もし今後、浦和でJBCをやるとなれば、2号スタンドも清掃されて稼働するのかもしれないが、今のところはそんな予定もないので、ぜひとも古いもの好きの方は浦和競馬場2号スタンドを訪れて、郷愁に浸っていただきたいところである。

 

>>浦和競馬場レポートその10へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 金沢競馬場 その1  ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 クランジ競馬場 その1 ~いきなりお詫び~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜


*浦和競馬場に関する記事は以下にもあります。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 浦和競馬場 その2 〜浦和駅から歩いて競馬場へ〜
 浦和競馬場 その3 〜浦和競馬場を1周してみる①〜
 浦和競馬場 その4 〜浦和競馬場を1周してみる②〜
 浦和競馬場 その5 〜浦和競馬場を1周してみる③〜
 浦和競馬場 その6 〜屋根をつたって〜
 浦和競馬場 その7 〜浦和競馬場 屋根つきパドック〜
 浦和競馬場 その8 〜思い出の1号スタンド〜
 浦和競馬場 その9 〜ひなびた2号スタンド〜
 浦和競馬場 その10 〜3号スタンドと第7投票所〜
 浦和競馬場 その11 〜浦和競馬場の予想屋たち〜
 浦和競馬場 その12 〜浦和競馬場 難解コース〜
 浦和競馬場 その13 〜浦和競馬場グルメ フライ天国〜
 浦和競馬場 その14 〜浦和競馬場グルメ 第2弾〜
 浦和競馬場 その15 〜浦和競馬場グルメ 第3弾〜
 浦和競馬場 その16 〜日程は少なくとも〜





PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]