笠松競馬場 その6 ~久々に笠松行った~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 笠松競馬場 > 笠松競馬場 その6 ~久々に笠松行った~

Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場
笠松競馬の一般的な開催日はこんなもんです。


*笠松競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は笠松競馬場レポートその1からどうぞ。







 さて、しばらくマルタ島の競馬やらキプロス島の競馬やらについて長々と述べてまいりましたが、ここらで国内の競馬場に戻ることにしましょう。実は香港マカオの競馬場にも既に行っているので書いてしまえばよかったのですが、そうこうしているうちに今度は国内の競馬場もたまってきてしまい、ひとまず手頃な笠松あたりから書いていこうということにしました。


 というわけで今回からしばらくは再度の笠松競馬場レポートとまいります...




笠松競馬


 このブログでは過去にも笠松競馬場について取り上げており、場内やラブミーチャンなどの紹介をしているわけなのですが(読んでいない方はこちらから読んでいただけると話が早くて助かります)、まあ、あれからかれこれ2年以上経っていることだし、実家が近いのもあってちょいちょい笠松には行っていたので、今回からしばらくはそのときの様子を追加という形でご紹介していくことにいたします。



Kasamatsu Station


 というわけで久々に名鉄笠松駅に到着した。


 荷桁が訪問した2012年の2月27日は非常にいい天気で、このとおりの青空である。


 さて、この日の笠松競馬の1Rは11:00発走だったのだが、荷桁は朝10時前には笠松駅に到着した。おお、何か笠松駅近くの喫茶店でモーニングでも食べるのか?と思われるかもしれないが、そうではない。実はあるものを見るために早くやってきたのである。


 あるものとは何かというのを説明したいので、こちらの地図を見ていただきたい。

 地図の左下にあるのが笠松競馬場であるのはよいとして、右上のほうに、なにやらパドックのような小さいコースがいくつかと、似たような建物が密集している一画があるのがお分かりいただけるだろうか。

 こちらが、その右上の区画だけを拡大したもの。


 もうお分かりだろうがこの一画は笠松競馬の厩舎なのだ。



 地方競馬だと大体競馬場に隣接したところに厩舎地区がある場合が多いのだが、笠松競馬においては直線距離で競馬場から2キロほど離れたこの地区に厩舎が集積しているのである。厩舎がある土地の地名に合わせて、薬師寺厩舎地区、円城寺厩舎地区などと呼ばれることが多い。



 従って、この厩舎に所属している馬たちは笠松競馬場で調教したりレースに出たりする場合は、この厩舎からカッポカッポ歩いて競馬場に向かうというのだからおもしろい話ではないか。そんなことをしているのであれば、是非ともその様子を目撃したいということで、やや早い時間に笠松に向かい、まずはこの厩舎地区に行ってみる事にしたのである。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 ひとまず駅から厩舎地区に向かって歩を進めていると、早くもこんな看板を発見した。見た事ありますかい?こんな道路標識。


 こんなものがあるということは間違いなくこのあたりを馬が通るということなのだろう。どうやら本当にこのあたりを馬が歩いて競馬場に通っているようである。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 さらに厩舎地区に向かっていくと岐南町の徳田8丁目、神明社という神社のあたりから用水路に沿ってこのような馬専用道が現れたのである。どうやらこの道を突き進んだ先に厩舎地区はあるようだ。


 平日の朝ということもあり、人通りも少なく散歩にはもってこいだ、ということもあり、ひとまずぷらぷらとこの馬専用道に沿って進んで行く事にしたのであった・・・






>>笠松競馬場レポートその7へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*笠松競馬場に関する記事は以下にもあります。

 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 笠松競馬場 その2 ~ラブミーチャンを見に~
 笠松競馬場 その3 ~土地訴訟問題~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その5 ~ラブミーチャンに注がれる愛~
 笠松競馬場 その6 ~久々に笠松行った~
 笠松競馬場 その7 ~馬専用道①~
 笠松競馬場 その8 ~馬専用道②~
 笠松競馬場 その9 ~久々に場内へ~
 笠松競馬場 その10 ~出遅れカンパイ~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 笠松競馬場 その12 ~リーディングにご用心~
 笠松競馬場 その13 ~アンカツが引退するぞ~
 笠松競馬場 その14 ~サブイチ共闘~
 笠松競馬場 その15 ~頭は前から~
 笠松競馬場 その16 ~笠松の現在~
 笠松競馬場 その17 ~日本一”出そう”な競馬場~
 笠松競馬場 その18 ~アンカツキターーー!!~
 笠松競馬場 その19 ~サブイチの断言~
 笠松競馬場 その20 ~アンカツ引退セレモニー~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]