笠松競馬場 その7 ~馬専用道①~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 笠松競馬場 > 笠松競馬場 その7 ~馬専用道①~

Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場
笠松競馬場に続く、馬専用道・人車通行禁止。


*笠松競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は笠松競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて、前回申し上げましたように笠松競馬のお話をしていきましょう。
 
 笠松競馬場に乗り込む前に、円城寺厩舎地区・薬師寺厩舎地区から笠松競馬場まで馬たちが歩いて移動する様子を見てみようということで、笠松駅から東へてくてくと歩く荷桁。運良く道の途中で馬専用道を見つけるにいたり、それに沿って厩舎地区へと向かうのでありました...

一応、馬専用道に沿って遊歩道のようなものが整備されているので、こちらを歩く。平日の中途半端な午前中ということもあり、馬専用道の周りには人通りは少ない。時折、犬の散歩の人が通るくらいである。

 遊歩道と馬専用道は溝とガードレールで仕切られているが基本的には馬がすぐそこを歩いていく様子を眺めることが可能である。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 10分ほど進むとようやく厩舎群に辿り着く。
 簡素な柵の中に馬たちがいる様子が見られる。普通の住宅街の中に忽然と厩舎が現れるそのギャップがなかなかいい感じだ。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 こちらが厩舎群の入口。ここで馬専用道は途切れる。
 一応この奥にずらりと厩舎が並んでいるわけだが、随分開けっぴろげだ。公道なのかもしれないし、中に入っても実は大丈夫なのだろうか?ただ、さすがにそれははばかられたので足は踏み入れなかった。開催日だしね。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 しばらくそのあたりで怪しげに待っていると、1レースに出走するとおぼしき馬たちがぽつぽつと厩舎群から出てきて、馬専用道に入っていくではないか。

 おお、噂はまことであったか。ちょっと感動である。

 とはいえ、ここで待っていても仕方がないのでこの一団について、ひとまずここからどのように競馬場に行くかを観察する事にした。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 まあ、予想通りというかなんというか、馬専用道をカッポカッポゆっくり歩いて行く馬たち。人間だとちょっと早足くらいのスピードである。繰り返しになるが畑や住宅の間にこんな光景が広がるというのは、非常にシュールである。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 そのままずーっと直線の道を競馬場へ向かう。馬が歩く以外の音は一切しない。
 馬専用道とは言いながら、公道と交差するところは普通に車をよけつつ横断せねばならない。近所の人の理解が絶対に必要だ。



 まだ競馬場に到着していないのですが写真を多用しているせいかけっこう長くなってきてしまったのでここいらで一旦切る事にします...



>>次の記事へ



*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*笠松競馬場に関する記事は以下にもあります。

 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 笠松競馬場 その2 ~ラブミーチャンを見に~
 笠松競馬場 その3 ~土地訴訟問題~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その5 ~ラブミーチャンに注がれる愛~
 笠松競馬場 その6 ~久々に笠松行った~
 笠松競馬場 その7 ~馬専用道①~
 笠松競馬場 その8 ~馬専用道②~
 笠松競馬場 その9 ~久々に場内へ~
 笠松競馬場 その10 ~出遅れカンパイ~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 笠松競馬場 その12 ~リーディングにご用心~
 笠松競馬場 その13 ~アンカツが引退するぞ~
 笠松競馬場 その14 ~サブイチ共闘~
 笠松競馬場 その15 ~頭は前から~
 笠松競馬場 その16 ~笠松の現在~
 笠松競馬場 その17 ~日本一”出そう”な競馬場~
 笠松競馬場 その18 ~アンカツキターーー!!~
 笠松競馬場 その19 ~サブイチの断言~
 笠松競馬場 その20 ~アンカツ引退セレモニー~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]