笠松競馬場 その8 ~馬専用道②~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 笠松競馬場 > 笠松競馬場 その8 ~馬専用道②~

Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場
笠松競馬場まで馬がゆったりと歩いて行く。


*笠松競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は笠松競馬場レポートその1からどうぞ。






 宝塚・帝王賞と惨敗し憔悴している荷桁です。今年の春は尻すぼみだったなあ。高松宮あたりがピークだった。チクショウ。

 さて気を取り直して前回のつづきを行きましょう。前回のレポートでは円城寺厩舎地区・薬師寺厩舎地区から笠松競馬場に向かう馬専用道を観察しているうちに、長くなってしまったので、2回にわけてご紹介することになってしまったのでした...

冒頭の写真のように、農地と住宅が広がるのんびりした区域をつっきるように馬専用道が伸びており、その中を馬がのんびりと進んで行く光景が広がる。あまりに日常的な非日常という矛盾した光景だが、なかなかいいものである。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 しばらくこの道を進むとそのうち馬専用道が途切れて、道路を横断する箇所が現れる。馬たちは車の様子をきょろきょろと見ながらこの道を渡って、また馬専用道に入る。

 馬たちもおとなしいもので、あまり暴れたりはしない。パドックでイレ込んでいる馬をよく見かけるが、あれはやはりパドックだからなのだろうか。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 こちらの道はやや広いので車なんか間違えて入ってしまいそうなものだが大丈夫なのだろうか。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場



 その後も住宅街を抜けつつ馬は進む。もう競馬場はすぐそこだ。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場



 そしてこの道中の最大の山場はこの県道178号を横断するときである。警備員さんたちが車をうまいこと捌いて馬を通して行く。左上には燦然と馬横断注意の看板である。まさに看板通りの光景が目の前で繰り広げられているわけだ。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 しかし、動物が道路を横断している光景というのはなんとも微笑ましいな。鴨の親子でもそうだが、なんとなく人間のルールを解しているようでかわいらしい。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 そして県道をわたると、土手をのぼって笠松競馬場に到着ということになる。

 以上の道中を地図にしてみた。

 出発地点からはおよそ1キロということになる。この道を笠松の馬はみんな通っていると思うと非常に感慨深い。

 ラブミーチャンやフジノウェーブ、ミツアキタービン、ライデンリーダー、オグリキャップもここを通っていたのである。競馬は施設ではないなあ、と実感させられる。


 このように馬を見ながら歩くのは笠松競馬におけるひとつのお楽しみのひとつである。
 
 だが、一応申し上げておくと、道中には警備車のようなものもぐるぐるまわっており、一応主催者側も馬が安全に通行できるように気をつかっていることは確かだ。今後笠松競馬にスターホースやアイドルホースが出てきたときには専用道まで行けばかぶりつきで見られてしまうわけだが、くれぐれも関係者に迷惑をかけないようにしていただきたいところである。

 こういうものがあるよと紹介してしまった手前これだけは言わせてください。



 というわけで、久々の笠松はまず競馬場の外、馬専用道をじっくり見るところから始まったのですがいかがでしたでしょうか。


 次回以降は中に入って、久々の笠松競馬場をご紹介してまいります。




>>次の記事へ



*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*笠松競馬場に関する記事は以下にもあります。

 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 笠松競馬場 その2 ~ラブミーチャンを見に~
 笠松競馬場 その3 ~土地訴訟問題~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その5 ~ラブミーチャンに注がれる愛~
 笠松競馬場 その6 ~久々に笠松行った~
 笠松競馬場 その7 ~馬専用道①~
 笠松競馬場 その8 ~馬専用道②~
 笠松競馬場 その9 ~久々に場内へ~
 笠松競馬場 その10 ~出遅れカンパイ~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 笠松競馬場 その12 ~リーディングにご用心~
 笠松競馬場 その13 ~アンカツが引退するぞ~
 笠松競馬場 その14 ~サブイチ共闘~
 笠松競馬場 その15 ~頭は前から~
 笠松競馬場 その16 ~笠松の現在~
 笠松競馬場 その17 ~日本一”出そう”な競馬場~
 笠松競馬場 その18 ~アンカツキターーー!!~
 笠松競馬場 その19 ~サブイチの断言~
 笠松競馬場 その20 ~アンカツ引退セレモニー~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]