笠松競馬場 その9 ~久々に場内へ~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 笠松競馬場 > 笠松競馬場 その9 ~久々に場内へ~

Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場
笠松競馬場スタンド。いい天気だ。


*笠松競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は笠松競馬場レポートその1からどうぞ。






 通算9回目の笠松競馬場レポートです。


 しばらく馬専用道の話などしてまいりましたが、ようやく笠松競馬場の場内に入ることにしましょう。さすがに平日の月曜開催ということでお客の姿はまばらである。せっかく天気がいいのにもったいない、と思いつつ、まあこんなときに開催されても普通は行けないわなあとも思う...



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 とりあえず今回は競馬新聞「東海」を購入。まあ、こういう平日の笠松はだいたいガッチガチでおもしろくもなんともないことが多いのだが、一応予想くらいはしておかないとな。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 しかしまあ見事なまでにガラガラだなあ。こりゃあ経営難なのも分かるなあという感じである。とはいえこういうガラガラな日は競馬場内を徘徊する分にはまわりやすいので、笠松の入場者数増に貢献するためにも、場内をうろうろして見つけたものをゆるゆるとご紹介していくことにする。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 基本的には以前にご紹介したときの笠松競馬場と現在の笠松競馬場は特段大きく変わった点はないのだが、どうやら最近になって場内の予想屋のボックスにこのような張り紙が貼られるようになったようである。同じ張り紙が全ての予想屋のボックスに貼ってあったので、競馬場の計らいか、予想屋組合みたいなものの計らいなのだろう。


 笠松の予想屋のみなさんは名古屋と共通の方も多いが、名古屋も含めあまり声を出して演説するタイプの人が少ない。声のでかさとプレゼン力で勝負している南関東や競艇場の予想屋に比べたらどうものんびりしている感が否めない。専業の方も少ないのだろうか。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 場内の隅のほうには使われていないボックスが並べられていた。女性予想屋で名を馳せた「なでしこ」も随分前に廃業したとのことである。なんとなく予想屋さんたちにも全体的に活気がなく常連がときおり訪れては世間話をしている感じであった。まあこれはこれで牧歌的でいいのだが、もう少しなんとか盛り上がらんものかなとも思う。


 一度南関東から「田倉の予想」あたりを招聘してみて迎え撃つ「大黒社」との予想対決をしてみてもおもしろいと思うのだが・・・。

 むしろレディーズジョッキーシリーズのように「予想屋シリーズ」とか言って、各競馬場で予選をして、一番当たった予想屋を選出して、そのメンバーで全国を転々としながら予想対決をして日本一を決めるというのもおもしろくはないだろうか。おお、おもしろそうだ。


 LJS・グランダムジャパンに次ぐ地方競馬の新シリーズ「予想屋シリーズ」NARのみなさん、ぜひご検討ください。予想屋にとってもハクがついていいと思うのだが・・・。


 ちょっと話がそれた。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 予想屋にプラスして頼っておきたいのが、前回ご紹介できなかったこちらの勝運稲荷。平成18年ってつい最近ではないか。ちょっと前なのにこんなん作る余裕があったことにびっくり。稲荷というだけあって無駄に鳥居が並んでおり、植木にも手入れが行き届いているようなのだが、果たして御利益はあるのか・・・?ちなみに荷桁は日頃の行いが悪いのかそんなに御利益はなく・・・。やはり人間の予想に頼るしかないのか。




 なんだかとりとめのない笠松競馬場紹介ですが、もう少しおつきあいいただければと思います・・・。




>>次の記事へ



*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*笠松競馬場に関する記事は以下にもあります。

 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 笠松競馬場 その2 ~ラブミーチャンを見に~
 笠松競馬場 その3 ~土地訴訟問題~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その5 ~ラブミーチャンに注がれる愛~
 笠松競馬場 その6 ~久々に笠松行った~
 笠松競馬場 その7 ~馬専用道①~
 笠松競馬場 その8 ~馬専用道②~
 笠松競馬場 その9 ~久々に場内へ~
 笠松競馬場 その10 ~出遅れカンパイ~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 笠松競馬場 その12 ~リーディングにご用心~
 笠松競馬場 その13 ~アンカツが引退するぞ~
 笠松競馬場 その14 ~サブイチ共闘~
 笠松競馬場 その15 ~頭は前から~
 笠松競馬場 その16 ~笠松の現在~
 笠松競馬場 その17 ~日本一”出そう”な競馬場~
 笠松競馬場 その18 ~アンカツキターーー!!~
 笠松競馬場 その19 ~サブイチの断言~
 笠松競馬場 その20 ~アンカツ引退セレモニー~





PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]