中山競馬場 その21 ~スタンド1階 ATM・手荷物預かり・メディアホールほか~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 中山競馬場 > 中山競馬場 その21 ~スタンド1階 ATM・手荷物預かり・メディアホールほか~

中山競馬場の1階
中山競馬場の1F



*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。




 今回も中山競馬場レポートのつづきでございます。



 前回のレポートで中山競馬場の1階の様子をレポートいたしましたが、今回も同じく中山競馬場の1階を見てまいりたいと思います。前回はどちらかというと雰囲気やフロアの構造についてのお話に終始しましたので、今回のレポートでは中山競馬場の1階にある施設やモノをふらふらと確認してまいりたいと思います。



 ってなわけで、さっそくウロウロしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします...


中山競馬場1階にあるATM



 
 ってなわけで、まず最初にやってきた1階のスポットはATMである。



 ATMがあるかどうかは一部の皆さまにおいては非常に重要なので(他意はありません)、一応まず最初にご紹介しておこうという次第だ。中山競馬場1階の104号投票所近くの走路に一番近い一画に存在しているぞ。




中山競馬場のATMの行列を作るところ


 2017年1月現在、ATMは4台が稼働している。競馬場のATMというと、りそな銀行のものが多いのだが、中山競馬場のATMはイーネット(コンビニによくあるやつ)のもので、だいたいのカードが利用できるタイプとなっているぞ。ご覧のとおり行列に耐えうる構造で、警備員まで設置されているので、それなりの利用者がいることが想像できる。



 ちなみに、2017年1月現在、競馬場周辺ではファミリーマート中山競馬場前店(中央門ないし南門から徒歩)とファミリーマート市川若宮店(正門から徒歩)、船橋法典郵便局(正門から徒歩)が近いATMとなるので、いろいろあって急なお金の補充をしたくなった場合(他意はありません)は、場内のATMと合わせてご検討くだされ。




中山競馬場のターフィー神社



 お金を補充することに成功したら、こんどはそれを馬券で増やさなくてはならない。予想も大事だが、神頼みも大切だということで、願掛けにターフィー神社を訪れるのもアリである。



 この神社(?)もATMの比較的近くで103号投票所と104号投票所の間のコンコースのもっとも走路寄りに存在している。外れ馬券供養箱なる箱もあり、遊び半分の神社なのか、きちんとお祓いなどをしたガチな神社なのかの判断がイマイチつかないが、まあ、どうせ願をかけるのなら真面目にやったほうがいいので、しっかり拝むといいだろう。





中山競馬場のコンコース



 こうした馬券関連の施設以外にも、快適な競馬観戦を実現すべく、子連れの方向けの施設も中山競馬場には存在している訳だが、そうした施設もここ1階に集まっている。




中山競馬場のベビーコーナー



 まず、乳幼児をお連れの方向けのベビーコーナー。4コーナー寄りの106投票所に近接して存在している。



 授乳室やおむつ替えベッドなどを備えているようなので、小さなお子様を連れて競馬場に来る場合はこのあたりを本拠地として楽しむと、何かと便利かもしれない。




中山競馬場のチャイルドコーナー



 そのベビーコーナーの近くには、チャイルドコーナーが存在している。ここは保育園くらいのお子さんで、競馬に飽きちまったという場合に、おもちゃなどで室内遊びができるという部屋である。中山競馬場はいわゆる遊具のある公園のようなスペースは内馬場にしかないので、スタンド側でお子さんを遊ばせようと思うと、どうしてもこちらということになる。



 以上、2つの施設は、子連れで競馬観戦という方は覚えておいてもよいだろう。のちのレポートでご紹介するが、中山競馬場は内馬場の公園が比較的充実しており、内馬場にも馬券売り場もあるので、お子様連れという場合は、内馬場を利用するのもなかなかよいということを追加でお伝えしておこう。



中山競馬場の手荷物預かり



 さて、まだまだウロウロしていこう。地下1階にもあった手荷物預かりを1階でも発見。


 あまり大きくなくて目立たないが、102投票所と103投票所の間、1階北インフォメーションの近くにある。正門を利用するお客さんにとってはこちらが、中央門を利用するお客さんには地下1階の手荷物預かりがそれぞれ使い勝手がよいと思われる。ちなみに、指定席エリアにも手荷物預かりはあるので、指定席を利用する場合はそちらを利用するのもよいだろう。




中山競馬場の謎の飾り



 さて、さらにウロウロしていると、ふと、こんなものがあるのに気が付く。



 何やらよく分からないが、投票所の角のところに、馬に関する謎の作品がディスプレイされているのだ。「これは○○です」というようなメッセージもなく、誰による何を意図した展示なのかは、受け取り手側で判断するしかないということになっている。




中山競馬場の謎の飾り


中山競馬場の謎の飾り



 しかもこれは一か所だけでなく、中山競馬場1階の投票所の角にことごとく存在しているということになっている。すべてをご紹介するのはきりがないので控えるが、当時の設計者がよかれと思って作ったスペースを、現在の職員が完全に持て余しているというのが見て取れるぜ。何となく、馬に関連したものを置いているというのは分かるのだが・・・。




中山競馬場の謎の飾り


 
 中には、メリーゴーランドのおもちゃが置かれただけの、もはやホラーなディスプレイもある。スポットライトも消灯されており、職員たちの投げやりな仕事っぷりが露呈している。誰かの寄贈なのか、わざわざこのために予算をつけて購入したのか、定かではないが、ここももう少し有効に活用できるとよいですなあ。




中山競馬場のメディアホール入口



 最後に中山競馬場の1階から、メディアホールを紹介して終わることにしよう。



 メディアホールは1階のもっとも4コーナー寄りにある施設で、いろんなイベントができるようになっているホールで、まあ中央の競馬場にはよくある類の施設だ。



中山競馬場のメディアホール1階



 メディアホールと言えば椅子があり、ステージとスクリーンがあるというのがだいたいの相場になっているが、中山もご覧のとおり、そんな感じだ。だいたい大きなレースの予想会イベントのようなものが行われるのが通例である。椅子もあるので、ここでくつろぎながらモニターで競馬観戦する人も一定数いることはいるのだが。




中山競馬場のメディアホール2階



 メディアホールは1階だけでなく、2階、3階にもつながっているので、ここで一気に紹介しておくことにしよう。


 2階からステージを見るとこんな感じ。ちょうどスクリーンが正面に来て、下手したら、1階よりも快適な環境かもしれないな。



中山競馬場のメディアホール2階



 まあ、このようにここを本拠地に馬券を買っている常連たちも多いので、なかなか席が取れない可能性もあるが、椅子はフカフカな映画館仕様なので、狙ってみる価値はあるかもしれないぞ。




中山競馬場のメディアホール3階



 一応、3階の指定席エリアからもメディアホールを覗くことが可能になっている。


 しかしまあ、この角度なので、ステージ上のトークショーなどを見るのは少ししんどい感じか。まあ雰囲気くらいなら十分伝わるだろうが、ホワイトボードの文字などはなかなか見えないかもしれない。



中山競馬場のメディアホール3階



 ちなみに3階には座席もないので、基本的に立ち見となる。


 なんとなくポートセルミの酒場で踊り子の胸をのぞいているような気分になってしまいそうな感じである。もし、メディアホールで、これぞ!というイベントが見たい場合は、1階ないし2階に陣取ることをお勧めします。



 さて、話があっちゃこっちゃにとんでしまいましたが中山競馬場の1階にあるものをご紹介してまいりました。



 相も変わらずの牛歩で中山競馬場をご紹介してきておりますが、次回こそは2階に上がりたいと思いますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。




 


>>中山競馬場レポートその22へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~


*中山競馬場に関する記事は以下にもあります。

 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 中山競馬場 その2 ~思えば徹夜もしたもんだ~
 中山競馬場 その3 ~これぞナカヤマパラダイス~
 中山競馬場 その4 ~それでも人は中山へ~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]