中山競馬場 その55 ~中山大障害の内馬場観戦スポット~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 中山競馬場 > 中山競馬場 その55 ~中山大障害の内馬場観戦スポット~

中山大障害レース前
中山大障害のレース前



*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。






 どうも。荷桁です。中山競馬場レポートがダラダラと続いておりますが、今回で一区切りといたしますので、何卒ご勘弁ください。



 さて。今回はタイトルにありますとおり、中山競馬場の名物レースである、中山大障害の観戦についてです。当ブログではどちらかというと競馬そのものよりもそれが行われる競馬場をしつこくレポートしている傾向にあるのですが、たまにはフツーの競馬ファンの方と同じように競馬を観戦した様子というのもレポートしなくてはなるまいということで頑張ってみました(頑張るようなことでもねえが)。



 端的に申し上げますと、2018年の中山大障害を見に行った際に、初めて内馬場からレースを眺めてみたので、そのときの様子をレポートしますと、こういう訳でございます。こんなことばかり書いていると「御託はいいからさっさと始めろ」という声が聞こえてきそうなので、さっそく始めたいと思います。っつーわけで中山大障害を内馬場から観戦してみたレポートでございます...


中山競馬場



 そもそもの話をすると、荷桁は2005年に競馬を始めたのだが、何と中山大障害を生観戦したのは2016年のことという不届きものである。ちなみに中山グランドジャンプは一度も生で見たことがない・・・。



 それはさておき、このときはオジュウチョウサンがアップトゥデイトを9馬身ちぎってぶっちぎりの勝利を挙げた年である。まあ、正直、オジュウチョウサンが強すぎてあまり印象に残らないレースとなった。




中山競馬場のオジュウチョウサンとアップトゥデイト



 そして翌年の2017年の中山大障害。この年も荷桁は現地でレースを観戦した。



 この年のレースは前年同様オジュウチョウサンが人気だったが、対するアップトゥデイトが最後の直線半ばまでリードする大接戦。最後はオジュウチョウサンが差し切ったが、非常に見応えがあるよいレースだったのである。



 恥ずかしい話、このレースをきっかけに「今更ながら障害レースってええもんやなあ・・・」と思い始めたのである。障害レースは不確定要素が多く馬券で勝負がしづらいこともあって「レースを見るのはおもしろいけどそれ以上でも以下でもねえかな」くらいの感覚だったのだが「障害レースっつーのはなかなかにロマンだな」と思える程度になったのである。




中山競馬場の内馬場



 まあ、そんな流れもあって2018年も中山大障害にへこへこ出かけてみた訳だが、いつもどおりスタンド前から見るのも何となく面白くないということで、今回は内馬場から中山大障害を見てみようと思い立ったのであります。



 中山大障害は中山競馬場の真ん中にある「大障害コース」なるたすき掛けのコースを使用するため内馬場で観戦すると何かと迫力のあるシーンを見られるかもしれないなあ、と単純に思ったのである。




中山競馬場のコース



 とは言え、中山大障害のコースというのは分かっているようで案外分かっていないものである。一応中山競馬場の内馬場にちょっとボロくさいがこんな看板があったので掲出しておこう。これを熟読すればある程度コースの方は把握できるのだが、ちょっと分かりづらいわな。
 
 
 
 

 
 
 
 という訳で、実際のレースシーンを見ながら今一度コースと障害飛越の順番などについて確認しておこう。



 まずスタートは、3コーナーのバンケットを登って少し行ったところから右回りでスタート。スタートしてまもなく5号生垣障害を飛越。その後内の直線走路に入り、1号水壕障害と2号生垣障害を飛越。その後右に曲がって3号生垣障害を飛び、最初のバンケット(谷)へ。その後は右にカーブしていって再びバンケットをこえてたすきがけコースへ入る。たすきがけコースでは過去落馬が多発した難関である6号大竹柵障害を飛越。ここが最初のヤマ場である。その後、今度は左回りで4コーナーを抜け、最初に飛んだ5号生垣障害を最初とは逆向きで2度目の飛越。スタート地点を通過して3回目のバンケットへ。そのまま左に折れて4回目のバンケットを通過し、再度たすきがけコースへ。2度目のたすきがけコースでは7号大生垣障害(通称赤レンガ)を飛越。ここが2度目のヤマ場となる。その後は右に折れて右回りとなり、これまた2度目となる2号生垣障害と3号生垣障害を飛越。さらにバンケットを通過して4号竹柵障害を飛越しまたすぐバンケットを通過。そしてまたスタート地点を通過し、3度目の飛越となる5号生垣障害を飛越するとこれが最後の障害で、あとはメインの直線走路に入り、追い比べとなる。



 ・・・字で起こすとちと分かりづらいが、そういうことだ。ピンと来ない方はピンと来るまでレース映像を見ていただきたい。




中山競馬場の大生垣と大竹柵



 これは障害レースのない日に撮影したたすきがけコースの写真だが、やはり大障害ならではの光景といえばこのたすきがけコースにある大竹柵と大生垣の飛越である。前述のとおり、中山大障害や中山グランドジャンプのときしか使わない障害ということでレア度を鑑みても、この障害の近くで観戦するのがよいと考えられる。




中山競馬場の7号大生垣



 と言う訳で、レース開始2時間くらい前に、たすきがけコースの観戦スポットを探るべく、内馬場にやってきた。



 まずは7号大生垣が見やすいスポットということで、内馬場投票所近くのそれっぽいところに行ってみたのだが・・・う~むなんだかビミョーである。見えることは見えるが、距離があって、あまりそそる感じはせんのう。




中山競馬場の7号大生垣の観戦スポット


中山競馬場の7号大生垣



 近くにあった花壇の隅にのぼってみたが、それでもこんな感じ。見えると言えば全然見えるのだが。




中山競馬場の大生垣と大竹柵



 それに当然のことながらもうひとつの見どころである大竹柵はさらに遠い・・・。さて、どうしたもんやろか。




中山競馬場の竹柵障害観戦スポット



 それであれば大竹柵側に行ってみたらどうなんだろうということで、たすき掛けコースをくぐって向こう側に行ってみるが、こちらも植え込みがあったり、高さの問題で見えることは見えるが、距離感など加味すると微妙な感じである。




中山競馬場の大竹柵障害観戦スポット



 ある程度近づいてこんなもんである。大生垣も見えないこともないが、先ほどと同様、いいとも悪いとも言えない微妙な距離感だ。




中山競馬場の内馬場投票所屋上の観戦スポット



 どうしようかと思ってうろうろしていると、大生垣側の内馬場投票所の上に何やら人がたくさんいるのを発見。そうか。あそこからならよく見えるかもしれないのう。




中山競馬場の内馬場投票所屋上の観戦スポット



 っつーわけで行ってみると、やはり中山大障害のために場所取りをしている皆様がいらっしゃる。




中山競馬場の内馬場投票所屋上の観戦スポット



 おお~確かにここからはよく見えるのう。大竹柵も大生垣もそれっぽい確度でバッチリ見えるわい。



 しかし、既にけっこうな人がおるし、ここでず~っと待っているのもアレだし、レース直前は人も多くなるだろうし、雨が強く降ってきたら前の人の傘でなんも見えんなんてこともあるかもしれない。ここで見るかどうかは正直この時点では迷いどころである。




中山競馬場の1号生垣障害


中山競馬場の2号生垣障害



 尚、内馬場投票所の上からは1号、2号の生垣障害なんかを見ることも可能だ。先ほどの大生垣などが見えるスポットは混むかもしれないが、それ以外のスポットは無難な観戦スポットとして機能すると思うので、選択肢のひとつとして是非。




中山競馬場5号生垣障害の観戦スポット



 さて。結局ウロウロした上で荷桁が観戦することにしたのは、3~4コーナー寄りの内馬場のもっとも奥。5号生垣近くの観戦スポットである。




中山競馬場の5号生垣



 ここは5号生垣しか見えない孤独なスポットで、直線の攻防、大生垣や大竹柵がどうなっているのかなんかも、遠くから流れてくる実況の音声に耳を傾けない限りはまったく知ることのできない環境にある場所だ。



 但し、ここのいいところは計3回もの飛越が見られること。詳しくは先述の中山大障害コースの障害飛越の順番を記載したところを熟読していただければと思うが、レース最初の障害と最後の障害の両方が拝めるという観戦スポットになる。さらに余計な植え込みなどもなく、見やすさという点でもいい感じ。内馬場で見るとなればレース全体の動向が分かりづらくなるなんてのはどこにいても同じだし、どうせならさほど混むこともなく見やすいところで3回の飛越を見るというところを評価してここを選択したのである。




中山競馬場の5号生垣障害にやってきたアップトゥデイト


中山競馬場の5号生垣障害にやってきたアップトゥデイト



 さて。障害レースと言えば、本馬場入場後に、馬と騎手がひとつひとつの障害を事前にまわって下見しておくことが通例なのだが、この5号生垣障害でも当然のことながらそれが行われる。写真はこの年1番人気のアップトゥデイト。白浜雄造騎手を背に、障害をじっくり見ている様子が観察できた。




中山競馬場の5号生垣障害にやってきたシゲルクロカジキ


中山競馬場の5号生垣障害にやってきた馬たち

中山競馬場の5号生垣障害にやってきた馬たち


中山競馬場の5号生垣障害にやってきた馬たち



 ほかの馬たちも次々とやってくる。



 障害はこわくないよ~と馬に伝えているのか、こういうときはだいたいどの騎手さんも馬をなでたりポンポンとしているケースが多い気がするね。




中山競馬場のスタートシーン



 さて。そんなわけで、5号生垣障害近くに陣取った状態で、レースはスタート。やや遠いが一応スタートのシーンも見られんことがないのもこの場所で観戦することのポイントであろうか。




中山大障害最初の障害飛越


中山大障害最初の障害飛越



 そして、いきなり最初の障害飛越!!さすがの迫力である。全馬無事飛越。




中山競馬場



 次の飛越は逆向きになるので、ギャラリーはちょっとだけ移動。こうしたことも比較的すいているスポットなので可能という訳ですね。




中山競馬場の5号生垣障害<br />2度目の飛越


中山競馬場の5号生垣障害<br />2度目の飛越



 そしてお次は逆向きで飛越~!!ここも全馬無事飛越。





中山大障害最後の障害飛越



 そして、最後の飛越~!!となったのだが、皆様ご存知のとおり、この直後に1番人気アップトゥデイトが落馬。荷桁の目の前で馬と騎手がラチにたたきつけられ、ギャラリーは騒然となった。当然そんな中で写真撮影なんてできるはずもなく、このレースの写真はこれで最後である。



 勿論競争は中止となってしまったが、幸いなことにアップトゥデイトも白浜騎手も大事には至らずということでホッとした次第である。




 とまあ、そんな感じで、やや最後はビミョーな感じになってしまいましたが、中山大障害の内馬場での観戦、雰囲気はつかめましたでしょうか。勿論、紹介した場所以外にも観戦スポットはあるでしょうし、何を重視するかは人それぞれなので、興味がある方は一度中山競馬場の内馬場をウロウロしていただき、ご自分のお気に入りスポットを見つけてみるとよいと思いますぜ。




 さて。そんな訳で急きょ始まりました中山競馬場レポートですが、こちらで一旦区切りとしたいと思います。中央競馬の場はどんどん変化がありますので、また中山競馬場に変わったところがありましたらチマチマ追加レポートは書いていければと思いますので、引き続き何卒よろしくお願いいたします。



 



>>次の競馬場へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~


*中山競馬場に関する記事は以下にもあります。

 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 中山競馬場 その2 ~思えば徹夜もしたもんだ~
 中山競馬場 その3 ~これぞナカヤマパラダイス~
 中山競馬場 その4 ~それでも人は中山へ~
 中山競馬場 その5 ~中山競馬場をあらためて~
 中山競馬場 その6 ~中山競馬場 アクセス 西船橋からバスで行く~
 中山競馬場 その7 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅を利用する~
 中山競馬場 その8 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く~
 中山競馬場 その9 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く(上級者編)~
 中山競馬場 その10 ~中山競馬場 駐車場~
 中山競馬場 その11 ~中山競馬場の正門・南門・中央門~
 中山競馬場 その12 ~けやき公苑~
 中山競馬場 その13 ~中山競馬場の正門付近にあるモノたち~
 中山競馬場 その14 ~中山競馬場 パドック~
 中山競馬場 その15 ~中山競馬場のグランプリロード(はなみち)~
 中山競馬場 その16 ~ウイナーズサークルとスタンド外観~
 中山競馬場 その17 ~芝スタンドと南門周辺~
 中山競馬場 その18 ~ベンジャミンプラザとターフィーショップ~
 中山競馬場 その19 ~スタンド地下1階の様子とシニアサロン~
 中山競馬場 その20 ~スタンド1階の鉄火場感~
 中山競馬場 その21 ~スタンド1階 ATM・手荷物預かり・メディアホールほか~
 中山競馬場 その22 ~スタンド2階とUMAJO SPOT~
 中山競馬場 その23 ~スタンド屋外 一般席~
 中山競馬場 その24 ~中山競馬場の指定席~
 中山競馬場 その25 ~中山競馬場 3階A指定席、B指定席、キングシート~
 中山競馬場 その26 ~中山競馬場 4階A指定席、ナッキーボックス~
 中山競馬場 その27 ~中山競馬場 ゴンドラ指定席~
 中山競馬場 その28 ~中山競馬場 内馬場投票所~
 中山競馬場 その29 ~中山競馬場の公園 緑の広場~
 中山競馬場 その30 ~中山競馬場 もうひとつの内馬場 旧・こどもの広場~
 中山競馬場 その31 ~中山競馬場 グルメ~
 中山競馬場 その32 ~中山競馬場 グルメ 梅屋とメトロ~
 中山競馬場 その33 ~中山競馬場 グルメ 下辰と和可奈~
 中山競馬場 その34 ~中山競馬場 グルメ ピザーラ・ドマーニ・はなまる屋~
 中山競馬場 その35 ~中山競馬場 グルメ 三幸・スリーエイト~
 中山競馬場 その36 ~中山競馬場 グルメ 鳥千のチキン・吉野家・モスバーガーほか~
 中山競馬場 その37 ~中山競馬場 グルメ どみそ・ちりめん亭・パドックV~
 中山競馬場 その38 ~中山競馬場 グルメ 寿美家・コックドール・京樽ガーデン~
 中山競馬場 その39 ~中山競馬場 グルメ ぎんざ神田川・いなば和幸・スターアイル~
 中山競馬場 その40 ~中山競馬場 グルメ 銀座ライオン・マツヤサロン・アターブルマツヤ~
 中山競馬場 その41 ~中山競馬場 グルメ ゴンドラ指定席の京樽たち~
 中山競馬場 その42 ~中山競馬場 グルメ 耕一路のモカソフト・その他売店たち~
 中山競馬場 その43 ~中山競馬場 グルメ 内馬場のG1焼き・銀だこ・丼やらぐぅ他~
 中山競馬場 その44 ~それでも俺は中山へ~
 中山競馬場 その45 ~オケラ街道をゆく 西船橋まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その46 ~オケラ街道をゆく 下総中山駅まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その47 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅から正門まで徒歩で行く~
 中山競馬場 その48 ~中山競馬場 リニューアル 2018~
 中山競馬場 その49 ~中山競馬場 指定席 リニューアル~
 中山競馬場 その50 ~中山競馬場のセブンイレブン~
 中山競馬場 その51 ~中山競馬場 グルメ 築地銀だこ・ファーストキッチン~
 中山競馬場 その52 ~中山競馬場 グルメ 福麺~
 中山競馬場 その53 ~中山競馬場 グルメ コックドール~
 中山競馬場 その54 ~中山競馬場 グルメ 京樽ガーデン~
 中山競馬場 その55 ~中山大障害の内馬場観戦スポット~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]