中山競馬場 その54 ~中山競馬場 グルメ 京樽ガーデン~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 中山競馬場 > 中山競馬場 その54 ~中山競馬場 グルメ 京樽ガーデン~

中山競馬場の京樽ガーデン
中山競馬場の京樽ガーデン



*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて。中山競馬場レポートがつづきます。今回はタイトルにありますとおり中山競馬場にあるレストラン「京樽ガーデン」をご紹介してまいりたいと思います。



 前回のレポートでご紹介したコックドールと同様、こちらの京樽ガーデンも以前のレポートで外観のみご紹介したことがあったのですが、例によって利用する機会があったため、あらためて詳細をご紹介しようということで、あらためてレポートさせていただく次第です。



 ここもメインスタンドレストラン棟の2階にあるお店となり、ちょうど前回のレポートでご紹介したコックドールのお隣になりますのでよろしくお願いいたします。それではまいりましょう。中山競馬場のレストラン「京樽ガーデン」でございます...


中山競馬場の京樽ガーデンのショーケース



 さて。京樽ガーデンについてまずはざっくり説明しておこう。もう説明は不要かと思うが、皆さんご存知の寿司の持ち帰りなどをいろいろなところでやっている「京樽」の系列のお店である。知っている人は知っていると思うが京樽は「すし三崎丸」などの外食チェーンも展開しており、外食事業にもノウハウがある。中山競馬場の中にもこちらの京樽ガーデンをはじめ、売店などで複数のお店を展開している。また、東京競馬場にもお店を出しているなど、比較的JRAと仲良くやっているチェーン店だと言える。

 

 メニューは見てのとおり、寿司や海鮮丼、うなぎなどのいわゆる日本人が喜ぶハレの和食メニューが中心だ。価格帯もそれに伴って食事ものは1000円超の商品が主力になってくる。ランチ価格と考えると市中で同様のメニューを出すお店と比べても決して安くはないが「競馬場のレストランなんてどこも高いし、どうせ1000円以上かけて昼メシを食べるなら寿司やうなぎがいいよね」という発想でもって利用する人はけっこういるようでわりと繁盛しているお店である。




中山競馬場の京樽ガーデンのショーケース



 また、季節限定だったりするのかもしれないが、金時芋やわらびもちなどのデザートメニューも掲出されていた。お酒が飲めないという方にはこういうのがあるといいかもしれないですね。




中山競馬場の京樽ガーデンの注文風景



 さて。それでは京樽ガーデンの中に入ろう。



 中山競馬場の他のレストランと同様、入口で食券を購入するシステムである。ここにもメニューがいろいろ貼ってあるのであれこれ迷ってしまいそうになるが、列ができていることも多いのでサクサクっと注文しよう。



 食券を買うと、テキトーに空いている席に座ってくれ的なことを言われるが、基本的に店員のおばさんは数も少なくその挙動を見ていてもフロア全体の様子を把握できているかどうかはどうもビミョーな感じだ。あまり存在感を出さずにささっと座るといつまでたっても注文を取りに来ないんじゃねえかという不安が生じる。近くの店員さんに「ここでもいいですか~?」などと声をかけながら座って、しっかり「新規の客がここに来たぜ。接客よろしく。」という雰囲気を出した方が身のためだろう。




中山競馬場の京樽ガーデンの店内風景


中山競馬場の京樽ガーデンの店内内観



 京樽ガーデンは基本的に4人掛けのゆったりした席が中心だ。ただ、繁忙期にだけ出す席なのか分からんが、ところどころ、背もたれのないパイプ椅子の席もある。席によって価格が変わる訳ではないのでどうせならゆったりした席に座りたいが、混雑時にはわがままも言えませんからな。




中山競馬場のテレビ画面



 京樽ガーデンのテレビ画面は一方向についているので、座席によっては見づらいこともある。混雑時はなかなか自分の行きたい席に座れないかとは思うが、そうでなく、レースを見たいと思っているのであればポジショニングにはご留意いただく必要があるぞ。




中山競馬場の京樽ガーデンの店内メニュー



 さて。例によって座席にも追加注文用にかメニューがあるのでざっと目を通しておくことにしよう。



 まずは食事系メニューだ。寿司や海鮮丼などが主流である。ところどころ白いシールが貼られて読めなくなっているメニューがあるが、これはこのとき提供されていなかったメニューだ。荷桁の訪問日はG1デーだったからか、行った時間帯の問題なのか、そもそもグランドメニューからはもう削除されてしまったメニューなのか、そのへんは定かではないが、白いシールが貼られているメニューは表のショーケースにもなかったので、基本的に提供されていないメニューなのかな。




中山競馬場の京樽ガーデンの店内メニュー



 裏面はおつまみ系のメニューだ。



 ゆでたまご50円と言うのは何を狙っているのか分からないが、フライドポテト200円、まぐろイカ納豆350円、ちくわ磯辺揚げ350円というのは、この手合いの店にしてはそれなりに安い気がする。サイズ感的には1人用なんだろうが、それでもビールが高い中山においてはありがたい存在である。種類もそれなりにあるので、そんなに食べずに酒を中心にという方は案外この京樽ガーデンは狙い目かもしれない(最初のレジのところには焼き鳥1本100円なんつーのもあったはずだが、こちらのメニューにはないな・・・)。酒飲みの痒いところに手が届くよう、ネギトロ巻300円、寿司3貫350円なんつー、サクッと〆られるメニューもあるぞ。




中山競馬場の京樽ガーデンの店内メニュー



 ちなみにアルコールメニューはこんな感じ。光が反射してしまっていて見づらいウーロンハイ、レモンサワー、焼酎お湯割りはすべて400円です。



 しかし、注目すべきは生ビール550円という価格設定だ。そう。中山競馬場は売店含め大抵のお店で生ビールの価格設定が600円超となっている。その中で京樽ガーデンだけが550円なのだ。荷桁は訪問時に生ビールを頼まなかったのでその大きさがどうなのかはよく分からないで何とも言えないが、おそらくグラス(サワーなどと同じ大きさの)ビールと推測する。




中山競馬場の京樽ガーデンの朝定食



 さて。荷桁が訪問時にビールを頼まなかったという部分で察しのいい方はお気づきかもしれないが、荷桁はこの京樽ガーデンで朝メシを食ったのである。



 実は朝メシどきに店の前をウロウロしていたら、京樽ガーデンの朝定食メニューが表に出ていて、これがまた通常メニューに比べるとけっこう値打ちがありそうなラインナップだったので試してみることにしたのである。AとBで迷ったのだが、ボリュームを重視して朝定食Aをチョイスしてみた。今思えばBををビールと一緒に注文してもよかったかもしれんな。




中山競馬場の京樽ガーデンの朝定食A



 そして出てきた朝定食Aがこちら。おお。だいたいこの手合いの店は食品サンプルよりも実物がショボいケースが多いが、これはそんなこともない。っていうか、マグロの玉子とじ丼なんて、思ってたよりずっとしっかりしているぞ。これはいいのを見つけてしまったかもしらん。




中山競馬場の京樽ガーデンの朝定食Aのまぐろとじ丼



 まぐろの玉子とじ丼は朝定食にしてはごはんも多くボリューミーな感じ。関東らしく甘辛い味付けなので、関西の方はしょっぱく感じてしまうかもしれないが、濃い味好きの荷桁としてはメシが進んでちょうどいい感じ。まぐろも思ったよりパサパサしておらず、フツーに美味。腹も膨れるし、手抜き感もないし、これは値打ちがあるぞ。




中山競馬場の京樽ガーデンの朝定食Aのうどん



 うどんはまあ無難なうどんという感じ。これも思いっきり関東風の濃い目のつゆなので、その部分で好き嫌いはあるかもしれないが、まあ無難に美味しいうどんであった。まあ食品サンプルとほぼ同じなので文句のつけようがありませんな。



 とりあえず、こちらの朝定食、炭水化物セットなのでダイエット中の方にはあれかもしれんが、ボリューム感もありクオリティーもけっこうなもので、なかなかよかったですぞ。競馬場のレストランというのはお客さんが少ない時間帯に人を呼び込むべく朝メニューに力を入れているところが多い。もちろん、テキトーな朝メニューでけっこうな値段を取っているお店も多いのだが、わりと値打ち感があるメニューを出しているお店もちょいちょいある。朝イチのレストラン・食堂も要注目ですぞ。



 ってなわけで中山競馬場の京樽ガーデンでございました。これでいったん中山競馬場のグルメの話は一区切りとしたいと思いますが、次回、もう1本だけ中山競馬場レポートをば・・・。




 



>>中山競馬場レポートその55へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~


*中山競馬場に関する記事は以下にもあります。
 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 中山競馬場 その2 ~思えば徹夜もしたもんだ~
 中山競馬場 その3 ~これぞナカヤマパラダイス~
 中山競馬場 その4 ~それでも人は中山へ~
 中山競馬場 その5 ~中山競馬場をあらためて~
 中山競馬場 その6 ~中山競馬場 アクセス 西船橋からバスで行く~
 中山競馬場 その7 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅を利用する~
 中山競馬場 その8 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く~
 中山競馬場 その9 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く(上級者編)~
 中山競馬場 その10 ~中山競馬場 駐車場~
 中山競馬場 その11 ~中山競馬場の正門・南門・中央門~
 中山競馬場 その12 ~けやき公苑~
 中山競馬場 その13 ~中山競馬場の正門付近にあるモノたち~
 中山競馬場 その14 ~中山競馬場 パドック~
 中山競馬場 その15 ~中山競馬場のグランプリロード(はなみち)~
 中山競馬場 その16 ~ウイナーズサークルとスタンド外観~
 中山競馬場 その17 ~芝スタンドと南門周辺~
 中山競馬場 その18 ~ベンジャミンプラザとターフィーショップ~
 中山競馬場 その19 ~スタンド地下1階の様子とシニアサロン~
 中山競馬場 その20 ~スタンド1階の鉄火場感~
 中山競馬場 その21 ~スタンド1階 ATM・手荷物預かり・メディアホールほか~
 中山競馬場 その22 ~スタンド2階とUMAJO SPOT~
 中山競馬場 その23 ~スタンド屋外 一般席~
 中山競馬場 その24 ~中山競馬場の指定席~
 中山競馬場 その25 ~中山競馬場 3階A指定席、B指定席、キングシート~
 中山競馬場 その26 ~中山競馬場 4階A指定席、ナッキーボックス~
 中山競馬場 その27 ~中山競馬場 ゴンドラ指定席~
 中山競馬場 その28 ~中山競馬場 内馬場投票所~
 中山競馬場 その29 ~中山競馬場の公園 緑の広場~
 中山競馬場 その30 ~中山競馬場 もうひとつの内馬場 旧・こどもの広場~
 中山競馬場 その31 ~中山競馬場 グルメ~
 中山競馬場 その32 ~中山競馬場 グルメ 梅屋とメトロ~
 中山競馬場 その33 ~中山競馬場 グルメ 下辰と和可奈~
 中山競馬場 その34 ~中山競馬場 グルメ ピザーラ・ドマーニ・はなまる屋~
 中山競馬場 その35 ~中山競馬場 グルメ 三幸・スリーエイト~
 中山競馬場 その36 ~中山競馬場 グルメ 鳥千のチキン・吉野家・モスバーガーほか~
 中山競馬場 その37 ~中山競馬場 グルメ どみそ・ちりめん亭・パドックV~
 中山競馬場 その38 ~中山競馬場 グルメ 寿美家・コックドール・京樽ガーデン~
 中山競馬場 その39 ~中山競馬場 グルメ ぎんざ神田川・いなば和幸・スターアイル~
 中山競馬場 その40 ~中山競馬場 グルメ 銀座ライオン・マツヤサロン・アターブルマツヤ~
 中山競馬場 その41 ~中山競馬場 グルメ ゴンドラ指定席の京樽たち~
 中山競馬場 その42 ~中山競馬場 グルメ 耕一路のモカソフト・その他売店たち~
 中山競馬場 その43 ~中山競馬場 グルメ 内馬場のG1焼き・銀だこ・丼やらぐぅ他~
 中山競馬場 その44 ~それでも俺は中山へ~
 中山競馬場 その45 ~オケラ街道をゆく 西船橋まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その46 ~オケラ街道をゆく 下総中山駅まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その47 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅から正門まで徒歩で行く~
 中山競馬場 その48 ~中山競馬場 リニューアル 2018~
 中山競馬場 その49 ~中山競馬場 指定席 リニューアル~
 中山競馬場 その50 ~中山競馬場のセブンイレブン~
 中山競馬場 その51 ~中山競馬場 グルメ 築地銀だこ・ファーストキッチン~
 中山競馬場 その52 ~中山競馬場 グルメ 福麺~
 中山競馬場 その53 ~中山競馬場 グルメ コックドール~
 中山競馬場 その54 ~中山競馬場 グルメ 京樽ガーデン~
 中山競馬場 その55 ~中山大障害の内馬場観戦スポット~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]