中山競馬場 その53 ~中山競馬場 グルメ コックドール~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 中山競馬場 > 中山競馬場 その53 ~中山競馬場 グルメ コックドール~

中山競馬場のコックドール
中山競馬場のコックドール




*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。





 さて。中山競馬場レポートのつづきでございます。



 今回はタイトルにありますとおり中山競馬場のレストラン、コックドールをレポートしてまいりたいと思います。



 実は以前のレポートでコックドールについては店の外観とショーケースの中身だけレポートしていたのですが、先般の訪問時にようやく店内に入り、実際に食事をする機会があったので、せっかくなので改めてレポートしておこうという訳でございます。



 以前のレポートでも述べたので繰り返しになってしまいますが、コックドールは中山競馬場のメインスタンドのうち、レストラン棟の2階にあるお店となります。立地的には比較的利用のしやすいレストランになりますので、興味を持たれた方は是非行ってみてくだされ...


中山競馬場のコックドールのショーケース



 と、いうわけでコックドールだ。以前のレポートとの繰り返しになるが、おさらいをしておくと、コックドールは自ら名乗っているとおり「洋風料理」を提供している古き良きスタイルのレストランである。



 運営はその名もずばりコックドール株式会社が運営しているとのことだ。もともとは銀座にオープンした「コックドール」というレストランから始まった同社だが、現在は業態の整理が進んでおり、同社が首都圏で運営する4店の飲食店のうち「コックドール」の屋号でやっているのは現在この中山競馬場のコックドールだけになっている。




中山競馬場のコックドールのショーケース



 ハンバーグ、オムライス、グラタン、ハヤシライス、スパゲッティ・・・ちょうど荷桁の世代の「子供が好きな食べ物」の王道を地で行く感じのラインナップに、そこはかとない郷愁を感じる。




中山競馬場のコックドールのショーケース



 飲み物も、アルコール、ソフトドリンクに加えて、これまたガキの頃を思い出すフロート系もあり、まあそれなりに充実しているお店だ。



 まあ、だいたい店外から観察した限りではこういうものを提供しているお店だということを理解していただければこの時点ではOKである。




中山競馬場のコックドールの注文口



 さて。コックドールの店内に入ろう。コックドールも中山競馬場のほとんどのレストランがそうであるように、最初にレジで食券を買うシステムになっている。後精算だと食い逃げもあるだろうし、仕方のないところだろう。尚、酒などの追加注文はテーブルで受け付けているのでわざわざ並びなおさなくても基本的にはOKだ。



 食券を買うとウエイトレスのおばちゃんがテキトーに座席を案内してくれるのでその指示に従って腰かければOKである。




中山競馬場のコックドールの店内


中山競馬場のコックドールの店内



 店内はさすがに洋風レストランだけあって明るい雰囲気だ。中山競馬場自体が少し野暮ったい建物なので、コックドールのようなひと昔前のレストランの雰囲気に妙にマッチしていて面白い。けっこう目立つところに配膳用のワゴンが置かれているのも、ああ、そうそう、こういう店はそう来なくっちゃね笑という感じでよいではないか。




中山競馬場のコックドールの店内のテレビ



 尚、コックドールはわりと店内に潤沢にテレビがあるところもポイントだ。観戦環境はなに不自由ないので、馬券を仕込んだら安心してコックドールにこもろう。




中山競馬場のコックドールのあらためてのメニュー



 一応、テーブルにもメニューがあるので、追加注文の際はこちらを見ながらすればOK。メニューの上にも「追加のご注文はスタッフが承ります」とあるので余程の混雑で混乱していない限りは店員さんを呼んでお願いすれば問題ないだろう。



 メニューもよくよく見ると「勝つ!」「がっつりとごはん」「軽いお食事」などテーマごとに分かれていて面白いな。「勝つ!」のところにカキフライが入っているのを見ると、もうそれ、揚げ物メニューでええやんって感じもせんこたないが、それを言うのは野暮というものだろうな。




中山競馬場のコックドールのあらためてのメニュー



 裏にはビールからはじまり、「ビールがすすむ」「野菜たっぷり」などをテーマにメニューが並ぶ。おや。さっきは「勝つ!」のところに入っていたカキフライがちゃっかり「ビールがすすむ」にもラインナップしとるやないか。「軽いお食事」に入っていたピザトーストも「ビールがすすむ」に入っておる。かけもちOKなんかい。



 しかし、あれだな「スピードおつまみ」がどう考えてもひと手間加えなければなさそうなソーセージ盛り合わせしかなかったり(ふつうはチーズクラッカーとか枝豆とかだろ)、味噌汁のことをみそスープと称していて「おめえはルー大柴か?はたまた村上龍か!?」と心の中でツッコみを入れたくなったりと、なかなか楽しいメニューなので皆様も目を通してくれたまへ。




中山競馬場のコックドールのテーブルの上



 メニューを一通り見終わったらヒマになったので、今度は机の上を見渡してみる。コーヒー用の砂糖のほか、調味料の類は塩とブルドッグのとんかつソースが置かれている。荷桁は愛知県の出身でソースと言えばカゴメかコーミしか知らなかったので、上京してブルドッグの「中濃」というソースを大学の学食で見たときには「中濃ソース」という名前のメーカーが作っているソースかと勘違いしたレベルだ。そんなこともあり何だかブルドッグソースがおいてあるとアウェーな感じがしてしまうぞ。



 そしてソース以上に気になるのが、ソースの右手にある青い紙だ。




中山競馬場のコックドールのビール割引券



 読んでみると、これは「生ビール100円お得当り券」という券らしい。ネーミングが酷すぎる点は敢えて置いておくが、この券を持ってまたコックドールに行くとビールが通常価格より100円引きで飲めるということだ。



 当り券と書いてあるが、特に何をしたわけでもないのに、フツーにテーブルに置いてあるので、実質取り放題である。




中山競馬場のコックドールはビールが安い



 確かにコックドールの外には「コックドール ビヤホール」と題されたチラシが吊るされていた。「生ビールお得当り券で ¥630→¥530」とある。このチラシではどうしたらその「生ビールお得当り券」が手に入るかどうかなどが全く言及されていないのではっきり言って謎だったが、そういうことだったのか。という訳で、今後中山競馬場に行った際にはコックドールでこの券をゲットすれば場内で一番安い価格で生ビールの中ジョッキが飲めるはずですぜ。




中山競馬場のコックドールのメニューにあったうまうま唐揚げ



 さて。そんなコックドールで何を食べたのかという話なのだが、荷桁はこちらの「うまうまからあげ」のごはん付をいただいた。



 またもネーミングセンスがビミョーな一品だが、既存メニューの「チキンのから揚げ」というルー語みたいなメニューともわざわざ別に存在しているし、ごはん付なら少し割安になるし、写真ではやたら推されているしということでとりあえず頼んでみたのである。




中山競馬場のコックドールのうまうま唐揚げ



 結構な提供時間ののち、うまうまからあげごはん付がやってきた。ボリューム感だけでいったら写真を上回るため一安心する。




中山競馬場のコックドールのうまうま唐揚げのサラダ



 メニュー写真では付け合わせはコールスローとなっていたはずだが、フツーのキャベツの千切りにマヨネーズが添えられている。洋風料理店を名乗るお店に俺が知っているコールスローの概念が覆され、早くもクラクラしてくるぜ。いや、別にキャベツの千切りなら千切りで問題ないから最初からそう書いてくれていればいいのに、なんでコールスローと書くかなあ・・・と思って先ほどのメニューの写真をじ~っと見て見ると、写真でコールスローとなっている部分もどうやらキャベツの千切りのようだ。つまり、コックドールの定義だとコールスロー=キャベツの千切りということらしい。ウィキペディアのコールスローのページを見て見ると”英語の「コールスロー (coleslaw)」という名前は18世紀ごろにオランダ語の "koolsalade"(キャベツサラダ)を短縮した「コールスラ (koolsla)」から生まれた”ということのようで、もともとのオランダ語の意味でいけばキャベツの千切りも広義のキャベツサラダということになりコールスローと呼んでもいいのかもしれない。まあ、兎に角、付け合わせは荷桁が想像していたコールスローではなくキャベツの千切りだったということを覚えておいてくだされ。




中山競馬場のコックドールのうまうま唐揚げ



 ただ、からあげの方はメニューでプッシュしていただけあってけっこう美味。単品490円のチキンのから揚げと大して違わなかったらどうしよう・・・というぼんやりとした不安はあるが、下味がしっかりついているのでメシにも合い、モリモリと完食してしまいました。



 さて。やや散漫な文章になってしまいましたが、コックドール、いかがでしたでしょうか。いろいろとツッコみを入れたくなるお店ではありますが、先ほどのビールも含め、いろいろ頑張っている雰囲気はあるので、気になった方は是非とも訪問してみてくだされ。



 次回も中山競馬場のグルメの話をしてまいります・・・。



 
  


>>中山競馬場レポートその54へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~


*中山競馬場に関する記事は以下にもあります。

 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 中山競馬場 その2 ~思えば徹夜もしたもんだ~
 中山競馬場 その3 ~これぞナカヤマパラダイス~
 中山競馬場 その4 ~それでも人は中山へ~
 中山競馬場 その5 ~中山競馬場をあらためて~
 中山競馬場 その6 ~中山競馬場 アクセス 西船橋からバスで行く~
 中山競馬場 その7 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅を利用する~
 中山競馬場 その8 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く~
 中山競馬場 その9 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く(上級者編)~
 中山競馬場 その10 ~中山競馬場 駐車場~
 中山競馬場 その11 ~中山競馬場の正門・南門・中央門~
 中山競馬場 その12 ~けやき公苑~
 中山競馬場 その13 ~中山競馬場の正門付近にあるモノたち~
 中山競馬場 その14 ~中山競馬場 パドック~
 中山競馬場 その15 ~中山競馬場のグランプリロード(はなみち)~
 中山競馬場 その16 ~ウイナーズサークルとスタンド外観~
 中山競馬場 その17 ~芝スタンドと南門周辺~
 中山競馬場 その18 ~ベンジャミンプラザとターフィーショップ~
 中山競馬場 その19 ~スタンド地下1階の様子とシニアサロン~
 中山競馬場 その20 ~スタンド1階の鉄火場感~
 中山競馬場 その21 ~スタンド1階 ATM・手荷物預かり・メディアホールほか~
 中山競馬場 その22 ~スタンド2階とUMAJO SPOT~
 中山競馬場 その23 ~スタンド屋外 一般席~
 中山競馬場 その24 ~中山競馬場の指定席~
 中山競馬場 その25 ~中山競馬場 3階A指定席、B指定席、キングシート~
 中山競馬場 その26 ~中山競馬場 4階A指定席、ナッキーボックス~
 中山競馬場 その27 ~中山競馬場 ゴンドラ指定席~
 中山競馬場 その28 ~中山競馬場 内馬場投票所~
 中山競馬場 その29 ~中山競馬場の公園 緑の広場~
 中山競馬場 その30 ~中山競馬場 もうひとつの内馬場 旧・こどもの広場~
 中山競馬場 その31 ~中山競馬場 グルメ~
 中山競馬場 その32 ~中山競馬場 グルメ 梅屋とメトロ~
 中山競馬場 その33 ~中山競馬場 グルメ 下辰と和可奈~
 中山競馬場 その34 ~中山競馬場 グルメ ピザーラ・ドマーニ・はなまる屋~
 中山競馬場 その35 ~中山競馬場 グルメ 三幸・スリーエイト~
 中山競馬場 その36 ~中山競馬場 グルメ 鳥千のチキン・吉野家・モスバーガーほか~
 中山競馬場 その37 ~中山競馬場 グルメ どみそ・ちりめん亭・パドックV~
 中山競馬場 その38 ~中山競馬場 グルメ 寿美家・コックドール・京樽ガーデン~
 中山競馬場 その39 ~中山競馬場 グルメ ぎんざ神田川・いなば和幸・スターアイル~
 中山競馬場 その40 ~中山競馬場 グルメ 銀座ライオン・マツヤサロン・アターブルマツヤ~
 中山競馬場 その41 ~中山競馬場 グルメ ゴンドラ指定席の京樽たち~
 中山競馬場 その42 ~中山競馬場 グルメ 耕一路のモカソフト・その他売店たち~
 中山競馬場 その43 ~中山競馬場 グルメ 内馬場のG1焼き・銀だこ・丼やらぐぅ他~
 中山競馬場 その44 ~それでも俺は中山へ~
 中山競馬場 その45 ~オケラ街道をゆく 西船橋まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その46 ~オケラ街道をゆく 下総中山駅まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その47 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅から正門まで徒歩で行く~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]