中山競馬場 その33 ~中山競馬場 グルメ 下辰と和可奈~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 中山競馬場 > 中山競馬場 その33 ~中山競馬場 グルメ 下辰と和可奈~

★中山競馬場の下辰と和可奈の入口
中山競馬場の地下1階レストランプラザ



*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。






 どうも。荷桁です。今回も中山競馬場のグルメについて語ってまいりましょう。



 今回はタイトルにありますように中山競馬場の地下1階にある下辰と和可奈というお店をご紹介してまいります。



 一応、中山競馬場のグルメ全般についてはこちらにてご説明をしておりますので、あらかじめこちらをお読みいただいた上でこのレポートも読んでいただけるとありがたいのであります。



 それではまいりましょう。中山競馬場グルメ、下辰と和可奈でございます...


中山競馬場の地下1階レストランプラザ



 今回ご紹介する、下辰と和可奈は中山競馬場のメインスタンド地下1階のレストランプラザというところに存在している食堂である。



 レストランプラザと言いながらも、京都競馬場のレストランプラザのように個別のお店が商店街のように並んでいるというイメージではなく、壁際にいくつかのお店が並んでいてその前に飲食用のテーブルがたくさん並んでいるというものなので、ファーストフードプラザとそんなに大きく変わらないっちゃ変わらないのだが、まあこちらの方が比較的落ち着いて食事が摂れそうな雰囲気ではある。




中山競馬場のレストランプラザマップ



 一応、地下1階レストランプラザにあるお店のラインナップはこんな感じだ。下辰と和可奈の他に、ドマーニ、ピザーラエクスプレス、はなまる屋の3軒が存在している。この3軒については次回のレポートにてご紹介するので、ひとまず今回は下辰と和可奈に全力投球することにしよう。




中山競馬場の下辰と和可奈の食券売り場



 下辰と和可奈は中山競馬場の中でも老舗感を漂わせているお店で、ともすると地方競馬場にありそうな雰囲気のお店だ。



 その象徴とも言えるのがこちらの食券売り場である。見よこの何ともレトロなフォルム。日本の最先端を行く中央競馬の競馬場にこのような食券売り場が残っているというのも奇跡的な話だが、そのあたりが中山競馬場っぽいっちゃ中山競馬場っぽいのかもしれない。



 向かって右が下辰、左が和可奈の食券売り場である。下辰と和可奈で飲み食いをしようと思ったら基本的にはここで食券を買うことになる。心理的なハードルはあるかもしれないが、共に気さくなおばちゃんが対応してくれるので一見さんでも安心してご利用いただけるぞ。




中山競馬場の下辰のメニュー



 それではまずは下辰の方から見て行くことにしよう。



 下辰は和食主体の食堂である。うどん、そば、定食、おつまみなどを取り揃えており、食事でも飲酒でも利用できるいわゆる賭博場の食堂といった風情だ。




中山競馬場の下辰のメニュー



 値付けも、下辰そばが470円、かき揚げ丼が520円、天ざるそば680円など、競馬場の食堂としてはけっこう安めなのが素晴らしい。



 古くからのお客さんが多いと値上げもしづらいのかもしれないが、ありがたい限りである。




中山競馬場の下辰のメニュー



 ちなみに、下辰のオススメメニューはこちら。カレー丼、肉豆腐、おでん・茶めしなどなかなか雰囲気のあるオリジナルメニューが揃っている。ギャンブル場というとバカの一つ覚えのように「勝丼」や「勝カレー」をプッシュしている思考停止的なお店もあるものだが、こうした激シブなメニューを主力に据えている下辰の素晴らしさが実感できるぜ。




中山競馬場の下辰の外観



 食券を買ったら奥の店舗部分に進んで食事を受け取ればOKだ。簡単である。丼もの、そば、うどん、アルコールつまみなどで窓口が別れているのでそのあたりはうまく立ち回ってくれたまへ。




★中山競馬場の下辰の店内



 店内は机あり、立食テーブルありなので好きなところで食べればOK。



 テレビもあるので、他場のレースを見ながら、ワイワイ酒を飲むのもグッドだ。中央競馬の場ではなかなかこういう楽しみ方ができるお店はありませんのでね。




中山競馬場の下辰のおでん茶めし



 数ある下辰のメニューの中でも特に気になるであろうメニューはこちらのおでん・茶めしであろう。


 このとおり、おでんと茶めしがセットになったメニューで620円で供されている。味噌汁は本来このセットには含まれないのだが、食券売り場のおばちゃんがサービスとしてつけてくれたのでご厚意に甘えさせていただいた。




中山競馬場の下辰の茶めし



 茶めしはほうじ茶を加えて炊き上げたご飯で、ほのかに風味がついているいかにも年寄りが喜びそうなメニューである。おでんをおかずにこれをわしわしと食べると言うのがこのセットだ。




中山競馬場の下辰のおでん



 おでんは関東らしく白はんぺんなどもありスタンダードな感じだ。もう少し練り物があってもいいような気がするが、これも年寄り受けしそうな逸品である。優しい味で二日酔いのときでもありがたい。おでんだけではメシが食えんという方は肉豆腐などをセットにしてもよいかもしれないな。市中でもなかなか味わえないタイプの珍しいメニューである。



中山競馬場の下辰のカレー丼


 さらに、こちらはカレー丼。


 520円と丼ものにしては比較的安価に供されているが、見てのとおり、かたくりでとろんとさせたカレーあんがたまらない逸品だ。テイクアウトもできるので、さくっと食べたいときにも重宝するぞ。



中山競馬場の下辰のつまみ類



 さらに、下辰にはおつまみも充実。前述の肉豆腐のほか、イカ焼き、サバ缶入りオニオンスライス、しらすおろし、ナムル、塩辛、牛タンつくねなどの一品メニューが一律370円で供されていた。現金精算ももちろん可能なので、ガッツリめしはいらないが、お酒を頼んで腰かけながらチビチビ酒を飲みたいんだという方は下辰は使い勝手がよい店だと言えよう。



 よい意味で中央の競馬場にあるとは思えない食堂下辰、興味がある方は是非足を運んでくれたまへ。




中山競馬場の和可奈のメニュー



 続いては和可奈を見て行くことにしよう。



 和可奈はどちらかというと寿司をメインとしており、寿司屋と言ってしまってもまあ差し支えないかもしれない。



中山競馬場の和可奈の入口



 和可奈もまた例の食券売り場で食券を買う必要があるのでショーケースを見て、おばちゃんに注文をすればOKだ。



中山競馬場の和可奈の食券売り場


中山競馬場の和可奈の食券売り場



 和可奈の食券売り場のおばちゃんは非常に気さくで、食券入れや5玉のそろばんに興味を示していたらいろいろ教えてくれて撮影にもOKをいただけた。その節はありがとうございました。



 この食券入れは1990年のメインスタンド竣工時に工事のおじさんが廃材でこしらえてくれたものらしい。はるか昭和の時代から使っているものかと思って聞いたら意外と新しかったのだが、まあそれでも古いものを使っていていい感じだ・・・。下辰同様、ちょっとテイストが地方競馬場の食堂のようでスバラシイ(スバラシイという言い回しもこれまた古臭いが)。




中山競馬場の和可奈の外観



 和可奈も食券を買ったらカウンターに出せばOKである。



中山競馬場の和可奈のお茶


 お茶もセルフだ。尚、お茶の横にしっかりとマークカードが設置されているのもポイントだ。


★中山競馬場の和可奈の店内



 店内は下辰同様、競馬ファンが寿司をつまんで一杯やりながらワイワイテレビ観戦をしているという王道的な雰囲気である。




中山競馬場の和可奈の店内


★中山競馬場の和可奈の店内



 ワイワイ酒を飲み、テレビ画面の他場レースに叫んでしまう、これぞまさに賭博場の正しい食堂のあり方である。中央競馬がどこかに置いてきてしまった古き良きカルチャーが意外にも中山の地下1階で非常に正しい形で生き残っているというのは感慨深いものだ。




中山競馬場の和可奈の寿司



 遅くなってしまったが、和可奈で供されているメニューも紹介していこう。



 やはり和可奈に来たら寿司を頼まなくてはなるまい。



中山競馬場の和可奈の上寿司



 こちらは和可奈の上寿司。1050円で味噌汁もついてくる。


 見てのとおりスタンダードな桶寿司で好感が持てる。さほどボリュームはないが、競馬場の寿司としてはバカ高いわけではないし、ビールや日本酒でもやりながらちょこちょこつまむにはよいのではなかろうか。



中山競馬場の和可奈の鮪寿司



 こちらは鮪寿司で同じく1050円で味噌汁つきだ。


 こちらはまぐろばかりで7個というメニューである。巻物とかいらんから鮪をガッツリ食いたいのだ!という方はこちらのほうがよいかもしれないな。




 さて、下辰と和可奈をご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。述べてきた通り、中央競馬の場としては珍しい、古き良き公営レース場の食堂の雰囲気を体現している食堂ですので、こういう雰囲気を味わってみたいという方は是非とも足を運んでみてくだされ。



 中山競馬場グルメ、まだまだ続けてまいります。




 



>>中山競馬場レポートその34へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~


*中山競馬場に関する記事は以下にもあります。

 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 中山競馬場 その2 ~思えば徹夜もしたもんだ~
 中山競馬場 その3 ~これぞナカヤマパラダイス~
 中山競馬場 その4 ~それでも人は中山へ~
 中山競馬場 その5 ~中山競馬場をあらためて~
 中山競馬場 その6 ~中山競馬場 アクセス 西船橋からバスで行く~
 中山競馬場 その7 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅を利用する~
 中山競馬場 その8 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く~
 中山競馬場 その9 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く(上級者編)~
 中山競馬場 その10 ~中山競馬場 駐車場~
 中山競馬場 その11 ~中山競馬場の正門・南門・中央門~
 中山競馬場 その12 ~けやき公苑~
 中山競馬場 その13 ~中山競馬場の正門付近にあるモノたち~
 中山競馬場 その14 ~中山競馬場 パドック~
 中山競馬場 その15 ~中山競馬場のグランプリロード(はなみち)~
 中山競馬場 その16 ~ウイナーズサークルとスタンド外観~
 中山競馬場 その17 ~芝スタンドと南門周辺~
 中山競馬場 その18 ~ベンジャミンプラザとターフィーショップ~
 中山競馬場 その19 ~スタンド地下1階の様子とシニアサロン~
 中山競馬場 その20 ~スタンド1階の鉄火場感~
 中山競馬場 その21 ~スタンド1階 ATM・手荷物預かり・メディアホールほか~
 中山競馬場 その22 ~スタンド2階とUMAJO SPOT~
 中山競馬場 その23 ~スタンド屋外 一般席~
 中山競馬場 その24 ~中山競馬場の指定席~
 中山競馬場 その25 ~中山競馬場 3階A指定席、B指定席、キングシート~
 中山競馬場 その26 ~中山競馬場 4階A指定席、ナッキーボックス~
 中山競馬場 その27 ~中山競馬場 ゴンドラ指定席~
 中山競馬場 その28 ~中山競馬場 内馬場投票所~
 中山競馬場 その29 ~中山競馬場の公園 緑の広場~
 中山競馬場 その30 ~中山競馬場 もうひとつの内馬場 旧・こどもの広場~
 中山競馬場 その31 ~中山競馬場 グルメ~
 中山競馬場 その32 ~中山競馬場 グルメ 梅屋とメトロ~
 中山競馬場 その33 ~中山競馬場 グルメ 下辰と和可奈~
 中山競馬場 その34 ~中山競馬場 グルメ ピザーラ・ドマーニ・はなまる屋~
 中山競馬場 その35 ~中山競馬場 グルメ 三幸・スリーエイト~
 中山競馬場 その36 ~中山競馬場 グルメ 鳥千のチキン・吉野家・モスバーガーほか~
 中山競馬場 その37 ~中山競馬場 グルメ どみそ・ちりめん亭・パドックV~
 中山競馬場 その38 ~中山競馬場 グルメ 寿美家・コックドール・京樽ガーデン~
 中山競馬場 その39 ~中山競馬場 グルメ ぎんざ神田川・いなば和幸・スターアイル~
 中山競馬場 その40 ~中山競馬場 グルメ 銀座ライオン・マツヤサロン・アターブルマツヤ~
 中山競馬場 その41 ~中山競馬場 グルメ ゴンドラ指定席の京樽たち~
 中山競馬場 その42 ~中山競馬場 グルメ 耕一路のモカソフト・その他売店たち~
 中山競馬場 その43 ~中山競馬場 グルメ 内馬場のG1焼き・銀だこ・丼やらぐぅ他~
 中山競馬場 その44 ~それでも俺は中山へ~
 中山競馬場 その45 ~オケラ街道をゆく 西船橋まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その46 ~オケラ街道をゆく 下総中山駅まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その47 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅から正門まで徒歩で行く~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]