園田競馬場 その8 ~園田競馬場 スタンド3階 ~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 園田競馬場 > 園田競馬場 その8 ~園田競馬場 スタンド3階 ~

Sonoda Racecourse 園田競馬場
園田競馬場スタンド3階



*園田競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は園田競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて、園田競馬場のメインスタンドをジワジワとご紹介しておりますが、1階、2階と続いて、今回は3階の様子をご紹介いたしましょう。


 前回ざっとお話をしましたように、園田競馬場は1階が一般投票所中心のフロア、2階が特に何があるわけでもないフロア、そして3階が屋内席中心のフロアという構造になっております。


 まあこうして字面に起こすとよく分からないとは思いますが、そんなに複雑怪奇な競馬場でもありませんので、ひとまず今回は3階の様子を見て行くことにしましょう...


園田競馬場



 園田競馬場の3階は屋内席のコンコース的な役割を担っている。いわゆる冷暖房の行き届いた空間ということになっており、季節を問わず、老人などを中心に人気のフロアだと言えよう。



園田競馬場


 座席は、少し複雑で、写真のように、コンコースと座席の間に壁をこさえて分けられている席と、一般の席とでいろいろある。適当に入ろうとすると怒られるのがオチなので、注意が必要だ。




園田競馬場




 写真はゴール板寄りの「馬主席」の入口。読んで字のごとく、馬主さんのための席で、毎開催、ここだけは馬主さんたちのために確保されている席である。



Sonoda Racecourse 園田競馬場



 そのほか、このフロアにはホワイトルーム、グループ席、ペアシート、シニアシートなどの各種席が存在している。



園田競馬場



 ホワイトルームは園田競馬場に独特のシステムで、事前に官製はがきで応募をし、当選すると入れると言う席である。関西のスポーツ新聞や園田競馬のウェブサイトに要綱が載っているので、これを見て応募すればOKというもの。入場料に別途料金は必要ないので、事実上、当たればタダで座席が確保されるお得な席だと言える。


 ただ第一希望日、第二希望日を記入する欄があり普通の勤め人には予定を合わせるのが難しそうだし、今時、官製はがきで8日前必着で座席を応募するなんてシステム自体がどうなんだろうという気がしないでもない。競馬場としても事務費がかかるだけで、特に儲かるものでもないし、スポーツ新聞に掲載している募集要項に、掲載料としていくばくかの支出があるとすれば、非常に無駄なシステムとも思える。当然、荷桁は応募もしたことないし、これからも応募するかと言われると、大人数で行くなどの事情が無い限りはしないと思う。




 さらにペアシート、シニアシートに至っては、公式サイトでもその存在が明らかになっていない謎席である。いつも本場に行くと、ここはペアシートだとかシニアシートだとか書いてあるのだが、2015年現在、公式サイトではそこが指定席なのか自由席なのかの記述もない(というより、ペアシートや、シニアシートの存在自体が触れられていない)。


 荷桁の観察では、ペアシートは無料の自由席で、シニアシートは指定席のようであるが、シニアシートが有料なのか、無料なのか会員制または抽選制なのかはよく分からない。もしかしたらホワイトルームの埋まり具合で都度席数を変えたりしているので曖昧なのかもしれないが、これまたさっぱり制度が分からない不親切な席である。もしかしたら荷桁の知らない間に全廃されているのかしら?このへんはもう少し調べて、またレポートできればと思います。



Sonoda Racecourse 園田競馬場


 一応、園田競馬場の3階には完全に自由な席もあるのだが、ここは人気があるので、確保することは非常に難しい席である。




Sonoda Racecourse 園田競馬場


 一応馬券を買う券売機は席が確保されている人もいない人も共通なので、席はなくとも冷暖房だけを享受しながら馬券を買うことは可能である。気候のよくない日や雨の日などは重宝する空間であることは間違いない。



Sonoda Racecourse 園田競馬場


 ちなみに、スタンド3階にはかつて阪急食堂という味のある食堂があったのだが、長くなりそうなので、詳細のご紹介はまたの機会にしよう。



Sonoda Racecourse 園田競馬場


 気分を変えてスタンド裏手の方に出てみよう。さすがに3階ということもあって、眺めはかなりよい。



Sonoda Racecourse 園田競馬場


 園田競馬場のスタンドと言えば、ナイター開催にあわせて、太陽光発電を始めたというトピックがある。確かに広くて、高い建物がほかにないこの環境下では効率よく発電ができそうだ。ナイターの照明代を少しでも自前で賄えればということなんだろうが、うまくいっているんだろうか?



Sonoda Racecourse 園田競馬場



Sonoda Racecourse 園田競馬場



Sonoda Racecourse 園田競馬場


 この太陽光パネルがちょうどスタンド3階の少し上に設置されているので、歩いているとよく見える。まあ、よく見えるからなんだと言うものではないが、一応記述しておくことにしよう。


 ちなみに、太陽光パネルの脇の廊下はベンチと灰皿が点在しているので、オッサンたちの喫煙ゾーンとして密かに活用されている空間である。夏場は日光がキツイので、パネルができてちょうどよかったかもしれないね。



 ・・・さて、そんなわけで、まずはざっくりとスタンド1階から3階までを観察してまいりましたがいかがでしたでしょうか。



園田競馬場



 実は園田競馬場にはもう1フロア、特観席専用フロアである4階というのがあるのだが、荷桁は4階には入ったことがありません。


 と、言うのも、園田競馬場の特観席は何と開催日で2000円というJRAも真っ青な値付けがなされているのであります。姫路競馬場の開催日でも1000円というから、その強気な料金設定たるやエリカ様もたじたじでございましょう。フリードリンクなどのサービスはあるらしいのだが、そもそも一般席でもお茶は無料で振る舞われていることを思えば、大したサービスと言えるのか微妙である。


Sonoda Racecourse 園田競馬場


 それでも、園田競馬場の特観席はけっこう売れている印象だ。重賞の日などは行列もできる。確かに他に冷暖房完備でくつろげる席もないので他に選択肢がないと言えばないのかもしれないが・・・とここまで書いてふと思った。3階のホワイトルーム、ペアシート、シニアシートなどの謎の席。あれが、ワンランク下の、例えば500円~1000円の指定席として販売がなされていないから、希少価値として、特観席の2000円が受け入れられているのかもしれない、と。


 ホワイトルームが1席500円の指定席として売られていたら、たぶん荷桁は500円払って入ることもあると思う。1000円でも考える。そうなればおそらく特観席の価格は維持できなくなる。だから、同じ冷暖房が効いた席でも、ハガキ応募でゼロ円で入れる席と2000円もする特観席なんつーすこぶる極端な価格設定になってしまうのではないだろうか。


 まあ、みなさんが2000円を納得して払っているのであれば、荷桁がとやかく言う話ではないが、多くの方に快適に競馬を楽しんでいただくという観点に立つのであれば、ホワイトルームのハガキ応募制を廃止し、一人500円ないし、1000円で一般販売し、特観席をその分値下げするのがいいのではないだろうか。せめて1500円とか。本当は1000円程度でいいと思うが。総額として、これまでより売り上げが上がる形で調整すればよい話だ。


 ホワイトルームはその快適さからも、お金を出す価値が十分にあるスペースなのに、ハガキ応募者にタダで提供するというのは明らかに過剰かついびつなサービスである。


 夏のナイター開催時なんかはリアルに暑いので、ぜひとも検討いただきたいところである。


 最後は何だか小うるさいことを書きましたが、園田競馬場のスタンド3階はだいたい、こんな感じでございます。先ほど申し上げましたとおり、4階には行ったことがないので、また行くことがあればレポートしていきたいと思います。でも2000円は高いよなあ、実際問題よぉ・・・。



 


>>園田競馬場レポートその9へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜


*園田競馬場に関する記事は以下にもあります。

 園田競馬場 その1 ~園田競馬は尼崎~
 園田競馬場 その2 ~園田競馬場アクセス~
 園田競馬場 その3 ~アクセスの続き~
 園田競馬場 その4 ~ちびっこと棋士たち~
 園田競馬場 その5 ~園田競馬場スタンド 高濃度オッサンエリア~
 園田競馬場 その6 ~園田競馬場 スタンド1階~
 園田競馬場 その7 ~園田競馬場 スタンド2階~
 園田競馬場 その8 ~園田競馬場 スタンド3階~
 園田競馬場 その9 ~配管偏愛~
 園田競馬場 その10 ~第四投票所~
 園田競馬場 その11 ~第五・第六投票所~
 園田競馬場 その12 ~園田競馬場 パドック~
 園田競馬場 その13 ~園田競馬場 予想紙と予想屋~
 園田競馬場 その14 ~園田競馬場 コースと予想~
 園田競馬場 その15 ~園田競馬場 馬券攻略を考える~
 園田競馬場 その16 ~レースを眺めつつ~
 園田競馬場 その17 ~園田競馬場グルメ 明石屋のたこ天・西ホルモン・園田屋ほか~
 園田競馬場 その18 ~園田競馬場グルメその2 西宮 つるまるほか~
 園田競馬場 その19 ~園田競馬場グルメその3 あたりや・ポニー~
 園田競馬場 その20 ~園田競馬場グルメその4 三木屋~
 園田競馬場 その21 ~園田競馬場グルメその5 一八、さくら~
 園田競馬場 その22 ~園田競馬場グルメその6 喫茶ファーム、しらゆり~
 園田競馬場 その23 ~園田競馬場グルメその7 ミュンヘン、阪急食堂の思い出~
 園田競馬場 その24 ~園田競馬場看板ギャラリー~
 園田競馬場 その25 ~園田競馬場 その金ナイター~
 園田競馬場 その26 ~園田競馬場を一周してみる 前編~
 園田競馬場 その27 ~園田競馬場を一周してみる 後編~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]