水沢競馬場 その10 ~勝手に水沢競馬騎手名鑑第2弾~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 水沢競馬場 > 水沢競馬場 その10 ~勝手に水沢競馬騎手名鑑第2弾~

Mizusawa Racecourse 水沢競馬場
水沢競馬場 ジョッキー整列!こうして見ると壮観。


*水沢競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて前回より、水沢競馬場で見た騎手の皆さんを紹介するコーナーをやっております。

 なんのこっちゃ分からんという方は水沢競馬場 その9 ~勝手に水沢競馬 騎手名鑑第1弾~をご参照ください。


 さて、リーディングの1位から順に紹介してまいりまして、前回、菅原俊吏騎手までを紹介しました。お次はリーディング7位の阿部英俊騎手からまいりましょう...

Mizusawa Racecourse 水沢競馬場


 というわけで阿部英俊騎手。水沢の佐々木由則厩舎所属。


 2011年はリーディング4位だったが、昨年は若手の台頭もあり、この位置についているが、1999年の東京盃でサカモトデュラブに騎乗し、9番人気ながら見事な逃げ切りで制覇するなどダートグレード、中央の重賞でも活躍の実績がある。


Mizusawa Racecourse 水沢競馬場


 続いて、関本淳騎手。盛岡の熊谷昇厩舎所属。


 上山競馬でデビューし、今年騎手生活30周年というベテランである。弟も上山と浦和で騎手をしていたとのこと。かなり明るい性格らしく、モンハンなどにも詳しいらしい。へえー。



Mizusawa Racecourse 水沢競馬場


 お次は高松亮騎手。水沢の佐藤雅彦厩舎所属。

 
 楽天ブログをしているようで、見てみたら、1歳になったお子さんがいるとのこと。写真が載っていたのだが、むっちゃくちゃ可愛いw

 2013年1月現在怪我で休養中だが復活が待たれる。



 と、ここまでリーディングどおりに来たのだが、続くリーディング10位坂口裕一騎手と11位南郷家全騎手は写真が撮れず・・・。次回訪問時に何とかしたいと思うので、どうぞご勘弁を・・・。



Mizusawa Racecourse 水沢競馬場


 お詫びが入ったところで、菊地康朗騎手。水沢の三野宮通厩舎所属。


 中学校時代にサニーブライアンの皐月賞をテレビで見たことが競馬を志すようになったきっかけとのこと。2012年のみちのく大賞典をトーホクキングで制するなどノッてきている一人だ。今後も注目。



Mizusawa Racecourse 水沢競馬場


 次は高橋悠里(たかはしゆうり)騎手。水沢の鈴木七郎厩舎所属。

 まだ若手ながら、トーホウライデンとのコンビで南部杯やJBCスプリントにも出た経験を持つ。怪我もあり、同世代の若手からはやや遅れている感があるが、今後の挽回に期待。


Mizusawa Racecourse 水沢競馬場


 続いて、木村暁(きむらさとし)騎手。水沢の千葉博次厩舎所属。

 いまいち成績はさえないが、年齢的には中堅の域に差し掛かってきた。穴騎手のポジションで逃げて穴を開けることがちらほら見られるので注意。デビュー以来たびたびケガに泣かされたが、飛躍を狙う。




Mizusawa Racecourse 水沢競馬場


 お次は大坪慎騎手。盛岡の小笠原義巳厩舎所属。写真部れててごめんなさい。

 川崎出身で高校卒業後に騎手になったという珍しい経歴。御神本騎手の勝負服に似ているが「益田は遠いからいいと思った」らしい。大井に来てちょっと近くなってしまったね。



Mizusawa Racecourse 水沢競馬場


 ちなみにぶれてない写真もあるが、そういう時に限って顔が写っていないという体たらく。写真ってなかなかうまくなりませんね。



Mizusawa Racecourse 水沢競馬場


 最後に、陶文峰(とう ぶんほう)騎手をご紹介。水沢の菅原右吉厩舎に所属。

 中国出身で、幼少期に日本に家族で移住。水沢農業高校を経て、地方競馬の騎手になったとのこと。マカオ競馬に遠征経験もある。うまく勝ち星は上がっていないが、ちょくちょく穴馬で馬券には絡んでくれるので、ヒモで狙いたい一人だ。



 さて、これで一応写真がある騎手は全てご紹介させていただいた。


 今回紹介できなかった騎手の方は、また盛岡か水沢に行った際にご紹介させていただきたいと思います。
 ここも若手がかなり元気なようです。名手だった菅原勲騎手が調教師に転身し、徐々に若返りが進む岩手の騎手たちのせめぎあいにも注目だ。


 

>>水沢競馬場レポートその11へ



*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~


*水沢競馬場に関する記事は以下にもあります。

 水沢競馬場 その1 ~水沢競馬場旅打ち~
 水沢競馬場 その2 ~水沢競馬場 アクセス~
 水沢競馬場 その3 ~水沢競馬場史~
 水沢競馬場 その4 ~水沢競馬場 パドック~
 水沢競馬場 その5 ~パドックを上から見下ろす~
 水沢競馬場 その6 ~水沢競馬場スタンド~
 水沢競馬場 その7 ~水沢競馬場 コースと予想~
 水沢競馬場 その8 ~水沢競馬場 グルメ~
 水沢競馬場 その9 ~勝手に水沢競馬 騎手名鑑第1弾~
 水沢競馬場 その10 ~勝手に水沢競馬騎手名鑑第2弾~
 水沢競馬場 その11 ~勝手に水沢競馬騎手名鑑番外編~
 水沢競馬場 その12 ~みちのく大賞典~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]