中山競馬場 その4 ~それでも人は中山へ~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 中山競馬場 > 中山競馬場 その4 ~それでも人は中山へ~

中山競馬場
中山競馬場直線での先行争い


*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。






 冒頭の写真は中山競馬場の先行争いだ。
 かつて藤代三郎の著書、戒厳令下のチンチロリンの中で、知り合いに中山競馬場に行くと先行馬ばかり買ってスタートした直後に「そのまま!」という変なやつがいる、というような記述があって笑ったが、ふとわが身を思うと、それと同じことをやっているな・・・と思う今日この頃だ...




 さて、前回は個人的に中山競馬場に対して普段思っていることをいろいろとぶつけてしまい、ついつい熱くなってしまった。



 前回のレポートを見た友人から「床に座る文化は千葉のヤンキー文化の派生では?」という分かったような分からないような指摘を受けたが、それはちと安直ですね。



 混雑やスペースの占有などをご覧いただいた写真などに誇張はなく(実際はもっとひどい状態なのだが)同じようなことを思っている方も少なからずいらっしゃるのではないかと、個人的には思っているのだがいかがなもんでしょうか・・・。



 とは言え、荷桁は大阪へ転居した後も、毎年毎年欠かすことなく、皐月賞、そして有馬記念と中山競馬場に駆けつけているのもまた事実だ。東京に住んでいたときには朝日杯やスプリンターズステークスなどにもきちんと行っていた。



 以前述べたように、ディープインパクトの有馬記念をいい席で見ようと県道沿いで野宿までしたこともある。



 何だかんだ申し上げましたが、やっぱり日本の競馬ファンにとっては、中山競馬場は欠かせないし、特別な競馬場であるというのもまた事実なのだ。



有馬記念
有馬記念の超満員の中山競馬場。スターターが来ると今年の色々なことが走馬灯のように頭を駆け巡るのだ・・・。



 特に有馬記念はまだ競馬暦の浅い荷桁にとっても、毎年が思い出だ。



 ディープインパクトの敗戦。翌年の引退レース時には、一緒に見に行った友人がレース前から号泣し、新聞記者に取材を受けたこと。




 マツリダゴッホ相手に後続の有力馬がまったく歯が立たなかったことにみんなで呆然としたこと。何故か有馬当日の中山競馬場に巨人の二岡のユニフォームを着ているやつがいるなあ、と思ったらダイワスカーレットの2着にアドマイヤモナークが来たこと。そしてブエナを信用しきっていないから2年連続で友人や荷桁の馬券が的中してしまうという、いいんだか悪いんだかなここ最近、とこんな具合だ。




 有馬記念の持つ空気感というのはその場で味わうと本当にたまらない。だから多少場内がひどくても毎年ちゃんと行くのだ!



モカソフト



 いきなり話は変わるが中山競馬場で一番荷桁がおいしいと思う食べ物はこのお店のモカソフトだ。コーヒー味のソフトクリームで甘さ控えめでおいしいぞ。



 レストランの類が長蛇の列になる一方で、ここは特別混雑もしないし、おススメだ。荷桁としては行きにコンビニあたりで食べ物を調達して、デザートや飲み物を場内で購入するのがいいと思うぞ。




 したがってほかの競馬場ではいろいろ食べている荷桁だが中山競馬場のグルメに関してはあまり述べるところがない・・・。




Nakayama Racecourse



 まあ、一応こういったレストランがあるので把握しておくのはありだろう。
 どうもチェーンっぽい店が多い気もいたしますが。JRAと京樽って仲いいですよね。



中山競馬場 グルメ



 一応まともな中山競馬場グルメとしては「初花」のしょうが焼き丼を食べたことがある。まあまあ美味い。しかも当時450円とわりと安かったのも印象的である。




 また何か食べたら都度レポートすることにしよう。




 さて、そんなこんなで中山競馬場を楽しんだら、帰宅をせねばならない。



 以前のレポートで述べたように、中山競馬場へは最寄り駅からの徒歩かバスでやってこなければならないのだが。帰りはどうなのだろうか。




中山競馬場



 これがまた言いたくはないが最悪なのである。



 中山競馬場は実は来る時以上に帰りのアクセスがひどいのである。
 競馬場からの帰り客に加えて、夕方の通行量の増大もあって周辺が大渋滞を起こすのである。



 従って写真のような事態が発生する。



 間違っても帰りには絶対にバスに乗ってはならない。荷桁が初めて来たときに乗ったところ、歩いて30分の西船橋までなんと1時間近くもかかってしまったのだ。バス車内で1時間立ちっぱなしというのはまさに地獄である。歩行困難な方以外にとっては、まったくバスとしての機能が果たせていない状態なのだ。東中山駅へも同様である。



 では直結している船橋法典駅はどうなのか?



 こちらはもっと最悪である。一度だけ、雨が降っているときに帰りは濡れずに駅まで行ける船橋法典を使ってみようかという話になりぞろぞろと地下通路を歩いたのだが、それ以来二度と使わなくなった。



Nakayama Racecourse 中山競馬場



 何せ全然、駅に入れないのである。



 人の数に比べて駅の施設が貧弱なため、改札に入るまでに膨大な時間を要するのだ。おそらく入場制限もあるのだろう。荷桁のときは電車に乗るまでにこれまた1時間近くを要した。最寄駅としての機能がまったく果たせないキャパシティで、こちらもほとんど使えないのである。




中山競馬場



 というわけで、我々は嫌が応でもオケラ街道を徒歩で駅へと向かわなければならないのだ。道なんか知っている必要はない。大量の人間が駅へ向かって歩いている流れにのればいいだけだ。西船橋か東中山かどちらかにはたどりつけるに違いない。



 結局この帰り方が一番早く、そしてストレスがないぞ。



 いかがでしたか?中山競馬場、アクセスは最悪、場内は無法地帯、帰りも最悪とあっては魅力的に見えないかもしれませんね。しかし、ある意味それを体験してみるのも悪くないと言いますか、なんちゅうか、一度は行ってみてもいいんじゃないでしょうか・・・。




中山競馬場

中山競馬場 アクセス:

・◎本命
 本文中でこれでもかというくらいお話しましたが、荷桁が好きなのは西船橋駅からバス。歩かなくていいのと、電車が便利。ただし混雑する時間帯はバスが進まないので、早い時間がおすすめです。


・○対抗
 京成東中山駅から歩くというのもかなり有効。京成線自体が不便な方でなければおすすめです。一応バスもありますが、みんなあまり乗ってません。


・▲穴
 武蔵野線船橋法典駅も使えますが、この駅を使わざるを得ない方以外にはあまりおすすめしません。空いている日ならバス代の節約に使ってみるのもいいかも。

中山競馬場 宿泊:

・◎本命
基本的に東京から日帰りするのがいいと思います。東京都内は宿が多いので具体的なホテルを紹介するのは割愛しますが、中央線で行くなら、秋葉原、錦糸町くらい、遠くても四ツ谷くらいまでがいいと思います。あんまり遠いと泊まりのメリットがないですし。京成上野駅近くに取れば東中山まで座って行けます。


・○対抗
船橋オートとか船橋競馬とか、千葉競輪なんかとハシゴしたいのであれば船橋市内に泊まるのもアリはアリ。ただ、観光地でも遠隔地でもないので駅前で安く便利なビジネスホテルというのはそんなにないです。


船橋シティホテル
セミナーハウス クロス・ウェーブ船橋
レックスイン船橋

・▲穴
家族を帯同して、家族はディズニーランド遊ばせておいて、自分は中山へというとんでもないお父さんには、舞浜あたりのいい宿をご紹介します。宿はいいとこ取ってご機嫌取りましょう。


ディズニーアンバサダーホテル
東京ディズニーランドホテル
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

主なレース:


やはり有馬記念は見ておかないと、一年終わった気がしない。競馬ファンなら是非とも。皐月賞、スプリンターズ、朝日杯とG1も数々。弥生賞、中山記念、オールカマー、ステイヤーズステークスと楽しいG2も多い。個人的に好きなのはダービー卿チャレンジトロフィー。


  



>>次の競馬場へ
>>中山競馬場レポートその5へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~


*中山競馬場に関する記事は以下にもあります。

 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 中山競馬場 その2 ~思えば徹夜もしたもんだ~
 中山競馬場 その3 ~これぞナカヤマパラダイス~
 中山競馬場 その4 ~それでも人は中山へ~
 中山競馬場 その5 ~中山競馬場をあらためて~
 中山競馬場 その6 ~中山競馬場 アクセス 西船橋からバスで行く~
 中山競馬場 その7 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅を利用する~
 中山競馬場 その8 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く~
 中山競馬場 その9 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く(上級者編)~
 中山競馬場 その10 ~中山競馬場 駐車場~
 中山競馬場 その11 ~中山競馬場の正門・南門・中央門~
 中山競馬場 その12 ~けやき公苑~
 中山競馬場 その13 ~中山競馬場の正門付近にあるモノたち~
 中山競馬場 その14 ~中山競馬場 パドック~
 中山競馬場 その15 ~中山競馬場のグランプリロード(はなみち)~
 中山競馬場 その16 ~ウイナーズサークルとスタンド外観~
 中山競馬場 その17 ~芝スタンドと南門周辺~
 中山競馬場 その18 ~ベンジャミンプラザとターフィーショップ~
 中山競馬場 その19 ~スタンド地下1階の様子とシニアサロン~
 中山競馬場 その20 ~スタンド1階の鉄火場感~
 中山競馬場 その21 ~スタンド1階 ATM・手荷物預かり・メディアホールほか~
 中山競馬場 その22 ~スタンド2階とUMAJO SPOT~
 中山競馬場 その23 ~スタンド屋外 一般席~
 中山競馬場 その24 ~中山競馬場の指定席~
 中山競馬場 その25 ~中山競馬場 3階A指定席、B指定席、キングシート~
 中山競馬場 その26 ~中山競馬場 4階A指定席、ナッキーボックス~
 中山競馬場 その27 ~中山競馬場 ゴンドラ指定席~
 中山競馬場 その28 ~中山競馬場 内馬場投票所~
 中山競馬場 その29 ~中山競馬場の公園 緑の広場~
 中山競馬場 その30 ~中山競馬場 もうひとつの内馬場 旧・こどもの広場~
 中山競馬場 その31 ~中山競馬場 グルメ~
 中山競馬場 その32 ~中山競馬場 グルメ 梅屋とメトロ~
 中山競馬場 その33 ~中山競馬場 グルメ 下辰と和可奈~
 中山競馬場 その34 ~中山競馬場 グルメ ピザーラ・ドマーニ・はなまる屋~
 中山競馬場 その35 ~中山競馬場 グルメ 三幸・スリーエイト~
 中山競馬場 その36 ~中山競馬場 グルメ 鳥千のチキン・吉野家・モスバーガーほか~
 中山競馬場 その37 ~中山競馬場 グルメ どみそ・ちりめん亭・パドックV~
 中山競馬場 その38 ~中山競馬場 グルメ 寿美家・コックドール・京樽ガーデン~
 中山競馬場 その39 ~中山競馬場 グルメ ぎんざ神田川・いなば和幸・スターアイル~
 中山競馬場 その40 ~中山競馬場 グルメ 銀座ライオン・マツヤサロン・アターブルマツヤ~
 中山競馬場 その41 ~中山競馬場 グルメ ゴンドラ指定席の京樽たち~
 中山競馬場 その42 ~中山競馬場 グルメ 耕一路のモカソフト・その他売店たち~
 中山競馬場 その43 ~中山競馬場 グルメ 内馬場のG1焼き・銀だこ・丼やらぐぅ他~
 中山競馬場 その44 ~それでも俺は中山へ~
 中山競馬場 その45 ~オケラ街道をゆく 西船橋まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その46 ~オケラ街道をゆく 下総中山駅まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その47 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅から正門まで徒歩で行く~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]