中山競馬場 その31 ~中山競馬場 グルメ~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 中山競馬場 > 中山競馬場 その31 ~中山競馬場 グルメ~

中山競馬場のグルメ案内
中山競馬場のグルメ案内



*中山競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は中山競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて、今回も中山競馬場についてでございます。



 ここまで長きにわたり中山競馬場のアクセスやら場内施設をご紹介してまいりましたが、今回からしばらくはタイトルにもありますとおり、中山競馬場のグルメについてご紹介してまいります。これまでの中山競馬場レポートでも少しだけグルメについては触れていたのですが、レポートを充実させる流れにあたってあらためて網羅的に中山競馬場のグルメを見ていければと思う次第でございます。



 一口に中山競馬場のグルメと言いましてもJRAの主要場ということもあり、非常に種類がありますので、今回のレポートでは中山競馬場のグルメ全般についてのお話をして、その後のレポートで個別のお店の様子を見て行ければと思っております。



 それでは皆さんお待ちかねの中山競馬場グルメ、じっくりと見て行くことにいたしましょう...


中山競馬場の昔のグルメ一覧



 さて、早速だが、少し懐かしい中山競馬場のレストラン案内をご用意した。クリスタルコーナーがあった頃なのでもう6年ほど前の看板なのだが、中山競馬場には当時16軒ものレストランが存在しており、来場客の胃袋を満たしていたのである。うむう懐かしいのう。




中山競馬場のレストラン案内



 さて少し時間が経って、2017年春現在はこんなラインナップになっている。



 仙台よりみち市場とグリーンハウスと角庄がなくなり、クリスタルコーナーにあった神田川が仙台よりみち市場の跡地にスライド。同じくクリスタルコーナーにあったどみそはレストランではなく売店として移転となったため、現在の中山競馬場のレストラン数は12軒となっている。



 これに各種売店やフードコートを中心としたテイクアウト店なんかが50軒前後存在しているため、臨時出店のキッチンカー的な店舗なんかもあわせると中山競馬場には60以上ものレストラン・売店が存在していることになる。G1の日には10万人の来場者があることを考えるとこれでも少ないのかもしれないが、やはりさすがの規模である。



 一軒一軒をご紹介していくと膨大な時間がかかってしまうため、まずはざっくりとどんなレストランがどんなところにあるかというところを見て行くことにしよう。個々のお店については後日詳細なレポートにて報告しますので、そちらをご参照いただけますと幸いです。



★中山競馬場の下辰と和可奈の入口



 まず、地下1階の「レストランプラザに」下辰と和可奈がある。



 下辰は和食、和可奈は寿司・和食をメインとしたお店である。両方とも中山競馬場の中ではかなりの古株で、ともすると地方競馬場にありそうな独特の懐かしさを醸し出しているお店だ。真ん中の小屋のような食券売り場におばちゃんが鎮座しているため、そこで食券を買ってカウンターに出すというシステムである。



 ただし、常連も多く、中に居座りながらワイワイビールを飲みながら中継画面でレースを見ている人もけっこういて、そういう意味でも古き良きレース場の食堂という雰囲気がある場所である。やや玄人向けのお店と言えなくもないが入口のおばちゃんも妙にフレンドリーだし、システムが難しいというわけでもないので、一見さんも安心して行ってみていただきたいところだ。




 さらに地下1階にはスリーエイトという中華レストランもある。少し1コーナーに寄ったところにあるので、地下1階のファーストフードプラザをよく利用するという方にはなじみがあるかもしれない。地下1階には以上の3軒のレストランが存在しているぞ。




中山競馬場のレストランのコックドール



 次に、メインスタンドの2階には、コックドール、京樽ガーデン、寿美家、梅屋の4軒が存在している。



 そのうち、コックドールと京樽ガーデンはメインスタンドの中でも「レストラン棟」とされているところにあり、寿美家はゴール板寄り、梅屋は4コーナー寄りにそれぞれ位置している。レストラン棟はスタンドとほぼ一体なのだが、少し階層がずらしてあって飲食店が固められているスペースである。ベンジャミンプラザの吹き抜けに面していることを覚えておけば、そう迷うこともないのでご安心をば。



 コックドールは洋食系が中心のいわゆるレストラン。寿美家は和食を中心としていてゆっくりできる系の正統的食堂だ。京樽ガーデンは皆さんご存知の「京樽」の系列なのだが実は中山競馬場の場内売店の中では京樽はかなり力を持っており、ここ以外でもちょいちょい顔を出すので覚えておくとよいだろう。梅屋も中山競馬場ではポピュラーなお店でこのレストラン以外にも売店がいくつもある。



 いずれも店舗型でゆったりできるお店なので、食事は落ち着いて摂りたいという方はこのあたりが候補に挙がってくるだろう。




★中山競馬場のレストランいなば和幸



 どんどんまいりましょう。次のメインスタンドの3階にはいなば和幸、神田川、銀座ライオンの3軒が存在している。トンカツとラーメンのいなば和幸と、和食の神田川は3階のレストラン棟に位置している。一応、3階は指定席フロアなのだが、いなば和幸と神田川は指定席券がなくても普通に利用できるので、心配はご無用だ。



 銀座ライオンは指定席エリア内にあるので、指定席券がある人しか利用できないレストランだ。幸いにして、中もけっこう広いので、だいたい並ばずに入ることができるレストランである。混雑日のレストランはどうしても混雑するので、指定席券を持っているのであればエリア内のレストランを利用するのは無難な選択だと言えよう。




中山競馬場のマツヤサロン外観



 4階はスターアイルと、マツヤサロンの2軒のレストランが存在している。



 3階と同じく、レストラン棟にある洋食のスターアイルは指定席券なしで入れて、マツヤサロンについては指定席券を持っているお客さんのみが利用できる、ちょっと高級めのレストランだ。マツヤサロンには馬主席からもお客さんが来るので、ちょっと独特の雰囲気があって楽しい感じだ。




 ざっと中山競馬場にあるレストランはこんな感じである。繰り返しになるが、それぞれの詳しいレポートは後日随時アップしていくので、そちらをご参照くだされ。





中山競馬場の場内売店一覧



 さてレストランの次は売店を見て行くことにしよう。



 こまかなドリンク売店も入れると売店の数は40店以上となる。多くの人が集まる中山競馬場だけあって、どうしてもレストランは行列になりやすい。レストラン以外の売店のラインナップもしっかり覚えておくと、臨機応変に食事がとれることだろう。




★中山競馬場の地下1階レストランプラザ



 それでは主な売店・テイクアウト型店舗について、例によって地下1階から見ていくことにしよう。



 まず先ほど下辰と和可奈があると申し上げたレストランプラザに併設されているテイクアウト型の店舗を見ていこう。ここにはかつて、角庄、そしてグリーンハウスといういかにも中山っぽいレストランが2店舗があったのだが、これがなくなり、現在はピザーラエクスプレス(ピザ)、ドマーニ(パスタ)、はなまる屋(うどん)の3店舗が入っている。いずれもチェーン系のお店で万人受けしそうなタイプである。




中山競馬場のレストランプラザのファーストフードラインナップ



 この3店舗にのほかにターフィーカフェなるドリンク店がベンジャミンプラザにある。ターフィーカフェはいわゆる喫茶店のような趣のお店のため、コーヒーをゆっくりのみたいという方にはよいだろう。いわゆるカフェって競馬場に親和性がありそうだけどあんまりないのよねえ。単価安くて長居されるからかしら。




★中山競馬場の地下1階ファーストフードプラザ



 そして中山競馬場の地下1階と言えば忘れちゃならないのが、ファーストフードプラザだ。



 ファーストフードプラザは中山競馬場の地下1階で最大のグルメスポットである。13軒のファーストフード店・売店が存在しており立食テーブル、通常のテーブルがけっこう数備わっていて利用者も多い。ゴール板への近さや回転のよさなども考えれば中山競馬場でもっとも手軽にメシが食える場所と言っても過言ではないだろう。





中山競馬場地下1階ファーストフードプラザのラインナップ



 地下1階のファーストフードプラザのラインナップはこんな感じだ。


 翠松楼(ラーメン)、福三(焼きそば)、鳥千(フライドチキン)、梅屋(そば・煮込み)、トプカピ(カレー)、オリエント(パスタ、ホットドッグ)、三幸(おにぎりなど)、吉野家、モスバーガーのメシもの軍団を中心に、ドリンク中心のサッポロ、サントリー、アサヒ、キリンが脇を固めている。



 上の写真だとアサヒとキリンがなく、かわりにTwo daysがあるのだが、これはアサヒとキリンの看板が大きく出ているものの実際の店舗部分はTwo daysになっているというなんともあいまいなお店をTwo daysとしてカウントしているからと考えられる。そうしているわりに別の場内のマップなどではアサヒやキリンと書いてあるので少しややこしい。まあ、ここの細かいところを気にしているのは荷桁くらいだろうから皆さんはビールが売っている売店だとゆるくとらえていただければけっこうである。



 メシはラーメン、そば、カレーなどいろいろあっていい感じだ。翠松楼、福三、鳥千などここにしかないお店もけっこうある。特に鳥千のフライドチキンは熱烈なファンも多く名物的な存在になっているので、競馬場の独自メニューに目がない方はお忘れなく。




中山競馬場の1階レストラン棟



 さて、お次はひとつフロアを上がって、1階のレストラン棟を見ていこう。



 2~4階のレストラン棟が普通のレストランだったのに対して、1階のレストラン棟は立ち食いのファーストフード店という趣だ。少し狭いスペースに5軒のお店が並んでいる。


 

中山競馬場のスタンド1階レストラン棟のラインナップ




 ラインナップはこんな感じだ。おなじみの梅屋(そば、煮込み)、メトロ(カレー)、どみそ(ラーメン)、ちりめん亭(ラーメン)、パドックV(ドリンク、つまみ)の5軒が本場開催、場外発売を問わず営業している。ファーストフードとはいえ、比較的しっかりしたメニューを出すお店が多いため、男性の一人客を中心に人気のエリアだ。



 特にどみそやちりめん亭のラーメンは市中でもなじみがあるお店かつ、中山競馬場ではここでしか味わえないのでラーメン好きはここを目指すとよいだろう。





★中山競馬場の耕一路



 さらに、当然のことながら場内には多くの売店が存在している。ドリンク中心のお店もあれば、気の利いたフードやスイーツを置いているお店もある。写真の耕一路はモカソフトなるスイーツで人気のコーヒー売店である。




中山競馬場の各種売店一覧



 売店はこんな感じである。だいぶ省略されているが、たとえばTwo daysは中山競馬場内に5軒あったりするので実際の数はこの表より少し多いと思っていただきたい。SATSUKIはおしゃれなバーのようなお店でかなり先進的なのでお酒好きなUMAJOの方は是非。ちなみに、竹森というお店があるが、これは招待・関係者エリアのお店なので、もしそうしたエリアに入る機会があれば是非ご利用ください。




 けっこう長くなってまいりましたが、ここまでが主にメインスタンド内のレストラン・売店である。




中山競馬場の内馬場ファーストフードプラザ


中山競馬場の内馬場ファーストフードプラザ




 続いて、内馬場のグルメ事情を見て行くことにしよう。



 内馬場においては、当然ながら、そこで一番大きい建物である投票所の周辺にグルメ関係のお店がまっている。


 上の2つ写真は、Cの字のようになっている内馬場投票所のそれぞれ隅にあるファーストフードプラザだ。ここにはしっかりした食事を出すお店があり、立食のテーブルがけっこうな数存在している。基本的にはこの2か所のファーストフードプラザをベースに、ちょこちょこと売店が存在しているというのが内馬場のざっくりしたグルメ事情だ。




中山競馬場の内馬場売店ラインナップ



 内馬場の売店ラインナップはこちら。スタンドにもあった梅屋、メトロ、モスバーガーのほか丼やらぐぅ、北斗(ラーメン)などの内馬場にしかないお店もある。要するに何が言いたいかと言うと、内馬場にもきちんとしたメシを出すお店があるので、スタンドが混んでいたり、お子さんが内馬場の公園で遊びたいなどと言い出したときは気楽に内馬場に行ってみていただきたいということだ。お昼を挟む場合でもメシの心配はいらねえぜ(なぜ私がこんなことを言うのかよく分からないかもしれませんが、たとえば中京競馬場なんかは内馬場にはメシも馬券売り場もまったくなかったりするのです)。



 ここまでが、スタンド・内馬場も含めたほぼ常設の飲食関係のお店だ。かなり駆け足で来たが、それぞれの詳細については後日のレポートできちんとご紹介するので、そちらも併せてお願いいたします。




中山競馬場のキッチンカー


中山競馬場の南門付近のキッチンカー



 このほか、中山競馬場では開催によっては内馬場スペースや南門付近にキッチンカーが出ることもある。中山に通いまくって、常設の飲食店はもう飽きたんやという方は、こうしたお店を利用してみるのも手だろう。だいたいJRAの公式サイトでラインナップが紹介されているので、事前にチェックしておいてもいいし、当日見てまわるのも一興だろう。まあお好きにしていただければけっこうだ。




 さていかがでしたでしょうか。中山競馬場のグルメラインナップざっくり編。


 次回以降は個別のお店についてご紹介をしてまいりますので、是非ともよろしくお願いいたします・・・。



 



>>中山競馬場レポートその32へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~


*中山競馬場に関する記事は以下にもあります。

 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 中山競馬場 その2 ~思えば徹夜もしたもんだ~
 中山競馬場 その3 ~これぞナカヤマパラダイス~
 中山競馬場 その4 ~それでも人は中山へ~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]