中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 中山競馬場 > 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~

中山競馬場のスタンド前
中山競馬場スタンド前でのスタート



 さて、しばらくオーストラリアの競馬場のレポートが続いておりましたが、ようやく日本の競馬場に戻ってまいりました。



 久々の日本の競馬場レポートは、中央競馬の主要競馬場のひとつである、中山競馬場を取り上げていきたいと思います...


 中山競馬場は日本の競馬ファンであれば、ほとんどの方が知っている競馬場だとは思うのだが、ざっくりと概要を説明しておこう。



 中山競馬場は千葉県の船橋市にある競馬場だ。



 その歴史は古く1907年に千葉で発足した松戸競馬倶楽部という競馬団体が起源になっている。当時の東葛飾郡中山村に競馬場が作られたところから中山競馬場の名前は来ていて、その後移転して現在地になってからも名前は「中山競馬場」で通っている。



 話が逸れるが、中山という地名は市の名前でもないので、関東近郊の方以外には馴染みの無い地名かもしれないが、1934年までは「中山町」として実際にあった町で、現在もこのあたりにはJRの下総中山駅や京成中山駅など「中山」のつく駅などが残っている。



 現在は、中央競馬の場として、東京競馬場と共に東の主要競馬場として機能しており春・秋・冬と数多くのレースが開催されている。みなさんご存知のとおり、3冠競走の皐月賞、年末グランプリの有馬記念などが行われている由緒正しき競馬場である。



 ひとまず説明は以上ですがよろしいでしょうか・・・?



中山競馬場へ徒歩でアクセスしている様子
東中山駅から20分歩いて、中山競馬場へ・・・



 さて、それでは中山競馬場に乗り込んでいきましょう。



 中山競馬場は千葉県とは言え、東京近郊にあるので便利な立地にあるように思われがちなのだが、実はアクセスは結構難儀だ。



 そもそもまず「この駅から行くのがいい!」という確固たる駅が存在しない。



 例えば府中競馬場であれば「府中競馬正門前」という駅があるし、デッキでつながっているJRの府中本町駅など、雨でも濡れずに競馬場にたどり着けるような便利な駅がある。ほかにも、京都競馬場の淀、阪神競馬場の仁川など、とりあえずこの駅使っておけば間違いないよ!みたいな駅が各競馬場には必ずあるのである。



 しかし、中山競馬場はそういう駅が無いのである。厳密にはいろいろあるけど、どれも決め手に欠くと言ったほうが適切か・・・。 ヤフーマップから中山競馬場周辺の地図を拝借してきた。



 一応地図にもあるように、JR武蔵野線の船橋法典駅というのが直で中山競馬場に通じていて、そのまま競馬場の入口につながる改札などもある「最寄り駅」ということになっている。



 しかし、東京周辺の方はお分かりだと思うが、武蔵野線は東京都心方面から行こうと思うとちょっと乗換えなどが面倒な路線なのである。そもそも、もともとは貨物線だったものを旅客用に転用した武蔵野線は鉄道路線として主要な路線ではなく、電車の本数もそこまであるわけでもない。



 また駅や電車のキャパシティも小さくて大変混雑するのだ。従って船橋法典駅をもって「中山競馬場アクセス駅」みたいなことがあまり声高に叫ばれないのが実際のところなのである。



 実際にJRAのホームページの中山競馬場のアクセスを見てみると


 ・JR西船橋駅からバスで約15分、徒歩で約30分。
 ・JR船橋法典駅から専用地下道(ナッキーモール・動く歩道設置)で徒歩約10分。
 ・京成、東中山駅からはバスで約10分、徒歩で約20分。


 と、船橋法典駅よりも先に徒歩で30分もかかる西船橋駅のほうが紹介されている有様だ。



 さて、では荷桁はどうやって中山競馬場に行っていたか、なのだが、武蔵境に住んでいた頃はJR中央総武線各駅もしくは地下鉄東西線で西船橋駅まで行き、そこから有料のシャトルバスに乗って中山まで行っていた。


 
 電車賃+バス代とお金はそれなりにかかるものの、それが一番時間も読めてエネルギーを使わない行き方というのが荷桁の実感である。



 ただ、注意していただきたいのは、荷桁が行っていた時間帯は第1レースの前、つまり周辺の道路がまだそんなに混まないときであったため、バスでも時間が読めたが、時間が昼近くなど遅くなると渋滞が激しくなってアクセスがさらに困難になる傾向にある。



東中山駅から中山競馬場までの徒歩の様子



 そういうときは京成の東中山駅から歩くというのが無難だ。足の速い電車を使えば京成上野や日暮里から30分~45分で東中山駅につける。そこから歩いて20分ほどだ。



 まあ、今挙げた以外にも、もちろんいろいろと他にもオリジナリティのある行き方はあるのかもしれないが、ここではそれらを比較して優劣をつけるというよりも「中山競馬場はアクセスに難あり」ということをざっくり覚えていただければ問題ないわけです。


 *各駅からの詳しいアクセスの仕方は以下のレポートにてご紹介しておりますので併せてご覧ください。


 ・西船橋駅からのアクセス
  →中山競馬場レポートその6

 ・船橋法典駅からのアクセス
  →中山競馬場レポートその7

 ・東中山駅からのアクセス
  →中山競馬場レポートその8またはその9

 ・車でのアクセスと駐車場
  →中山競馬場レポートその10



 んで、ここからがミソなんだけども、アクセスに難があるゆえに、千葉方面の方以外の人間にとっては、中山競馬場は「ここぞ!」というときにしか行かない競馬場となるのである。



中山競馬場の様子




 つまり皐月賞であったり有馬記念であったり、わざわざ中山まで行ってでも生で見たい!と思えるようなレースがある日じゃないと中山までは行かないのである。




 そしてその当然の帰結として皐月賞や有馬記念の日には中山競馬場とその周辺はとんでもない混雑になるのである。




 荷桁も中山に行くのは大体がG1の開催日であるため、これからいろいろと中山競馬場のレポートを続けていくわけだが、それは「すごく混んでいる日の中山」のレポートだという前提でお読みいただけると幸いである。





 次回以降、今述べた前提ではございますが、中山競馬場について引き続き述べてまいります。




 



>>中山競馬場レポートその2へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜
 ペナン競馬場 その1 ~再びマレーシア競馬へ~


*中山競馬場に関する記事は以下にもあります。

 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 中山競馬場 その2 ~思えば徹夜もしたもんだ~
 中山競馬場 その3 ~これぞナカヤマパラダイス~
 中山競馬場 その4 ~それでも人は中山へ~
 中山競馬場 その5 ~中山競馬場をあらためて~
 中山競馬場 その6 ~中山競馬場 アクセス 西船橋からバスで行く~
 中山競馬場 その7 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅を利用する~
 中山競馬場 その8 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く~
 中山競馬場 その9 ~中山競馬場 アクセス 東中山駅から歩く(上級者編)~
 中山競馬場 その10 ~中山競馬場 駐車場~
 中山競馬場 その11 ~中山競馬場の正門・南門・中央門~
 中山競馬場 その12 ~けやき公苑~
 中山競馬場 その13 ~中山競馬場の正門付近にあるモノたち~
 中山競馬場 その14 ~中山競馬場 パドック~
 中山競馬場 その15 ~中山競馬場のグランプリロード(はなみち)~
 中山競馬場 その16 ~ウイナーズサークルとスタンド外観~
 中山競馬場 その17 ~芝スタンドと南門周辺~
 中山競馬場 その18 ~ベンジャミンプラザとターフィーショップ~
 中山競馬場 その19 ~スタンド地下1階の様子とシニアサロン~
 中山競馬場 その20 ~スタンド1階の鉄火場感~
 中山競馬場 その21 ~スタンド1階 ATM・手荷物預かり・メディアホールほか~
 中山競馬場 その22 ~スタンド2階とUMAJO SPOT~
 中山競馬場 その23 ~スタンド屋外 一般席~
 中山競馬場 その24 ~中山競馬場の指定席~
 中山競馬場 その25 ~中山競馬場 3階A指定席、B指定席、キングシート~
 中山競馬場 その26 ~中山競馬場 4階A指定席、ナッキーボックス~
 中山競馬場 その27 ~中山競馬場 ゴンドラ指定席~
 中山競馬場 その28 ~中山競馬場 内馬場投票所~
 中山競馬場 その29 ~中山競馬場の公園 緑の広場~
 中山競馬場 その30 ~中山競馬場 もうひとつの内馬場 旧・こどもの広場~
 中山競馬場 その31 ~中山競馬場 グルメ~
 中山競馬場 その32 ~中山競馬場 グルメ 梅屋とメトロ~
 中山競馬場 その33 ~中山競馬場 グルメ 下辰と和可奈~
 中山競馬場 その34 ~中山競馬場 グルメ ピザーラ・ドマーニ・はなまる屋~
 中山競馬場 その35 ~中山競馬場 グルメ 三幸・スリーエイト~
 中山競馬場 その36 ~中山競馬場 グルメ 鳥千のチキン・吉野家・モスバーガーほか~
 中山競馬場 その37 ~中山競馬場 グルメ どみそ・ちりめん亭・パドックV~
 中山競馬場 その38 ~中山競馬場 グルメ 寿美家・コックドール・京樽ガーデン~
 中山競馬場 その39 ~中山競馬場 グルメ ぎんざ神田川・いなば和幸・スターアイル~
 中山競馬場 その40 ~中山競馬場 グルメ 銀座ライオン・マツヤサロン・アターブルマツヤ~
 中山競馬場 その41 ~中山競馬場 グルメ ゴンドラ指定席の京樽たち~
 中山競馬場 その42 ~中山競馬場 グルメ 耕一路のモカソフト・その他売店たち~
 中山競馬場 その43 ~中山競馬場 グルメ 内馬場のG1焼き・銀だこ・丼やらぐぅ他~
 中山競馬場 その44 ~それでも俺は中山へ~
 中山競馬場 その45 ~オケラ街道をゆく 西船橋まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その46 ~オケラ街道をゆく 下総中山駅まで徒歩で帰る~
 中山競馬場 その47 ~中山競馬場 アクセス 船橋法典駅から正門まで徒歩で行く~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]