函館競馬場 その20 ~芝生席・一般席とグループシート~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 函館競馬場 > 函館競馬場 その20 ~芝生席・一般席とグループシート~

函館競馬場の芝生席とスタンド
函館競馬場の芝生席とスタンド




*函館競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は函館競馬場レポートその1からどうぞ。







 どうも荷桁です。さてさて、引き続き函館競馬場レポートをしていくことにいたしましょう。



 前回のレポートでは函館競馬場の指定席の様子をご紹介してまいりました。順番が逆じゃないか、というご意見もあるかもしれませんが、今回のレポートでは入場料のみで入れる芝生席、一般席を中心にご紹介をしていければと思います。



 繰り返し申し上げておりますが、函館競馬場は指定席の数が少ないため、どうしても競争率が高くなりがちです。したがって多くの方が、一般席や芝生席にて観戦することになると思います(ほかの競馬場でもそうっちゃそうだが)。まあ一般席や芝生席なんてのはそんなに構えていくようなところでもないのですが、一応こんな感じですよという雰囲気を知っていただけますと幸いです...


函館競馬場の芝生席ターフシート




 さて、まずは芝生席の様子から見て行こう。芝生席とは言ってみたものの、見てのとおりただの芝生である。若干の傾斜がついていて観戦がしやすいようにはなっているが、そんなに特筆すべきものかと言われるとビミョーな感じだ。



 函館競馬場では一応この芝生部分を「ターフシート」というそれっぽい名前をつけてアピールしているが、実際のところは見てのとおりである。


 

函館競馬場の芝生席ターフシート



 とは言ってみたものの、やはり夏競馬、そして北海道の大空の下でおこなわれる函館開催においてはこのターフシートでのんびり観戦すると言う選択肢は大いにアリだ。というより、函館競馬場の観戦スタイルとしては王道と言ってもよいだろう。




函館競馬場の芝生席からの風景



 行ってみると分かるが、北海道の人は競馬はギャンブルであると同時に、家族で楽しめる娯楽としてとらえている傾向が強い。もちろん府中や淀も若者やファミリーが多いのだが、函館ではもっと客層がマイルドでおおらかに競馬を楽しんでいる方が多い気がする。そんな地元客に混じって、芝生でボサーッと競馬を眺めてみるというのも、またこれオツなもんである。




函館競馬場の芝生席からの風景


函館競馬場の芝生席からの風景



 そしてこのターフシートは思った以上にレースがよく見える。コースと芝生の高さがいいのだろうが、割と馬もよく見えるし、近く感じることができる。芝生だからと言って、レースが見づらいとか、そういうことにはならないのが函館競馬場のいいところである。




函館競馬場の芝生席の団体



 職場なのか、何かのサークルなのかよく分からないが、荷桁の訪問時にはかなり大勢でワイワイやっている人々もいた。こうしてイベント的に観戦に行くというのもまた楽しいかもしれないな。




函館競馬場の芝生でのテレビロケ



 ちなみに、どうでもいいと言えばいいのだが、荷桁の訪問時にはテレビ番組のロケもしておりました。どうやら関西の番組だったようで、関西在住の荷桁はこの2名のタレントはすぐ分かったのだが、北海道の方はどうもピンと来なかったようで周囲のほとんどの方が「誰だろうこの人たち・・・?」みたいな感じでスルーしていたのが切なかったぜ。




函館競馬場の一般席ライブシート



 さて、やや話がそれたが、お次は一般席の様子を見て行くことにしよう。



 先ほどの芝生席がターフシートと呼ばれていたように、この一般席も函館競馬場ではライブシートという名前がつけられている。よく分からないが、ライブシートと呼ばれると、なんだか馬にすごく近いようなイメージを持ってしまうが、まあ、普通の一般席である(別に貶める意図はありません)。




函館競馬場の一般席最前部


函館競馬場の一般席最前部



 ライブシートの下にはこのように椅子にはなっていない、立っても座っても見られる段差がある。ターフシートよりはやや高い位置にあるため、ここでもかなり見やすい。ライブシートの座席ほど場所取りも激しくないので、ぶらりと見るにはおススメである。




函館競馬場の一般席の中段部分



 そこから上がっていくと少し踊り場のような空間があるが、そこにはこのようなベンチが備え付けられている。ここは割と人気のようでこのように占有されがちなので狭き門だと言えよう。まあもし空いていたらラッキー程度に考えればよいだろう。




函館競馬場の一般席


函館競馬場の一般席の最上部



 そこから上がいわゆる一般席、ライブシートだ。



 特に何の変哲もない椅子が並んでいるが、不規則にカラフルになっているのが特徴と言えば特徴だろうか。





函館競馬場の一般席からの風景



 当然のことながら、ライブシートからはレースが非常によく見える。ほかの競馬場同様、レースを見ると言う意味では何が何でも指定席である必要はない。一般席からでも充分だ。





函館競馬場の中段部分のグループシート


函館競馬場のグループシート



 シニアシート以外ではこのようなグループシートという席が一応指定席として位置付けられている。6人掛け、4人掛け、2人掛けの3パターンがあり、メールでの事前申し込み(※応募者多数の場合は抽選)にて予約することができる。費用も入場料にプラスでは取られないので、興味がある方はひとまずダメ元で応募してみるとよいだろう。場所としては先ほどの踊り場と、ライブシートの最上部に存在しているぜ。




函館競馬場の車いすシートとシニアシート



 ほか、車いすシートとシニアシートはこんな感じだ。手前のオッサンたちは車いすシートに勝手に座っているだけかもしれないが・・・。



 シニアシートは全部で92席あり、65歳以上の方は直接このシートの入口に行けばOKだ。そこで年齢確認をして、満席でなければ入ることができる。65歳以上の方は是非ご活用くだされ。




函館競馬場のスタンドにあるテラス



 最後に、競争率は高いが、一応スタンドのテラスにもテーブルが置いてあるので、こういうところを使ってみるのもよいだろう。




 さて、いかがでしたでしょうか。函館競馬場の一般席。まあそんなに大混雑をする競馬場ではありませんので、特に席にはこだわらんよ、という方は構えず適当に行っていただき、ターフシートの空いているところでのんびり見ていただくのがよいかと思います。




 さて、これでグルメを除いて、おおよそ函館競馬場のスタンドは見て回りましたので、次回はスタンド周辺の施設なんかをブラブラと見てまいりたいと思います・・・。




 



>>函館競馬場レポートその21へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 門別競馬場 その1 ~競走馬のふるさとへ~
 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 旭川競馬場 その1 ~北に競馬があるから~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~



*函館競馬場に関する記事は以下にもあります。

 函館競馬場 その1 ~苫小牧をぶらつく~ 
 函館競馬場 その2 ~函館のアホ~ 
 函館競馬場 その3 ~日本全国競馬場制覇~ 
 函館競馬場 その4 ~美しく小ぢんまりした競馬場~ 
 函館競馬場 その5 ~函館競馬場パドック~ 
 函館競馬場 その6 ~はなみちで馬の流れを見逃すな~ 
 函館競馬場 その7 ~函館競馬場 スタンド~ 
 函館競馬場 その8 ~函館競馬場 馬券道~ 
 函館競馬場 その9 ~函館競馬場 グルメ~ 
 函館競馬場 その10 ~函館競馬場 グルメ 後編 ラッキーピエロ・ハセガワストアほか~
 函館競馬場 その11 ~函館競馬場 アクセスと駐車場~
 函館競馬場 その12 ~函館競馬場 指定席の整理券配布~
 函館競馬場 その13 ~函館競馬場を一周してみる~
 函館競馬場 その14 ~場内に入るその前に~
 函館競馬場 その15 ~パドックシートとスタンド1階~
 函館競馬場 その16 ~ダッグアウトパドックに行ってみた~
 函館競馬場 その17 ~スタンド2階 雲の広場とホースヴィスタ~
 函館競馬場 その18 ~スタンド3階 光の広場~
 函館競馬場 その19 ~函館競馬場 指定席~
 函館競馬場 その20 ~芝生席・一般席とグループシート~
 函館競馬場 その21 ~風の広場周辺 馬頭観音、ふれあいパドック~
 函館競馬場 その22 ~函館競馬場 内馬場の公園 緑の広場~
 函館競馬場 その23 ~函館競馬場 グルメ いちいのイカ刺しがあった頃~
 函館競馬場 その24 ~函館競馬場 グルメ あじさい はつね 福三 美鈴~
 函館競馬場 その25 ~函館競馬場 グルメ Two daysほかイベント出店系~
 函館競馬場 その26 ~いつかまた函館で~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]