名古屋競馬場 その18 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第4弾~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 名古屋競馬場 > 名古屋競馬場 その18 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第4弾~

Nagoya Racecourse 名古屋競馬場
名古屋競馬場レース風景。1600m以上では前半はおさえつつ位置取りをキープ。



*名古屋競馬場レポートのつづきです。
初めからお読みになる方は名古屋競馬場レポートその1
からどうぞ。





 さて、勝手に名古屋競馬場騎手名鑑ですが、早くも第4弾になってしまいました。
 紹介していない名古屋所属騎手はあと5人なので、さくさく進めていきたいと思います。

 繰り返しになりますが、このコーナーでは名古屋競馬場の所属騎手を、2012年の名古屋競馬場リーディングの順でご紹介しておりますのであしからず。

 過去の勝手に名古屋競馬場騎手名鑑がご覧になりたい方は、下記リンクからどうぞ。

名古屋競馬場 その15 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第1弾~
名古屋競馬場 その16 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第2弾~
名古屋競馬場 その17 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第3弾~


 では、前回は2012年、リーディング18位の尾崎騎手までをご紹介しましたので、お次は19位の騎手からご紹介したいと思います...

Nagoya Racecourse 名古屋競馬場


 2012年のリーディング19位は安部幸夫騎手だ。名古屋市出身の44歳。自身の父である安部弘一厩舎に所属している。


 ちょっと名古屋競馬を知っている方は「え?あの安部幸夫がリーディング19位!?」と驚くことと思うが、これは昨年3月以降は韓国に遠征して騎乗をしているからこの順位なのでご安心ください。

 安部騎手は父が騎手と言う名古屋競馬のサラブレッドで、中央での騎乗でも活躍する名古屋の正統派名手である。中央でマイネソーサリスで愛知杯を制し、さらにソリッドプラチナムでマーメイドSを制するなど重賞2勝をあげている。荷桁もマーメイドSは馬連を取らせていただいてありがたやありがたやな存在である(とか言いながら軸はサンレイジャスパーだったが・・・)。


 ここ何年かは名古屋で常に上位にはいるもののトップ2にはなかなか食い込めない状態だが、個人的には上手さでは名古屋でも指折りだと思っている。人気を下から数えた方が早い馬を連対させる光景はちょいちょい見るし、作戦も一辺倒ではない。騎乗数の問題もあるが、まだまだ活躍できると思うぞ。


 リーディングでは岡部騎手だが、中央での実績という点では、吉田稔騎手との二枚看板だったし、交流重賞、ダートグレードもキングスゾーンとのコンビで荒らしまわっているので全国舞台の経験も多い。


 ちなみに安部騎手というと、個人的には2009年のみちのく大賞典を水沢まで見に行ったときに、キングスゾーンに乗っていた安部幸夫騎手と帰りに水沢江刺駅の売店ではちあわせたことが思い出だ。もちろん、お疲れのところ話しかけたりはしなかったが、お土産なのか牛タンスモークのパックを大量に買おうとして床に落としてしまっていたのが印象的である(どうでもよすぎる)。


 騎手として発信力もあり、ツイッターもかなり頻繁につぶやいているのでもしファンの方がいたらぜひフォローを。


 キングスゾーンの引退のときには韓国から帰ってきてほしいなあ・・・なんて。



Nagoya Racecourse 名古屋競馬場


 続いて、リーディング20位は友森翔太郎騎手。山口県出身の24歳で安部弘一厩舎所属。

 若手だがまだイマイチ伸びきれていない存在で、あまり人気馬に騎乗することもない。騎乗数は多いので数年後に化けることを期待、といった感じか。


 現状では単勝20倍台くらいまでであれば3連単の3着につけておくのもありかなあ、というくらい。名古屋競馬公式サイトでも、レースで心がけていることは?と聞かれ「頭が真っ白にならないようにする」と答えていて何ともたよりないが、頑張ってほしい。


 ちなみにもうひとつ公式サイトから、今、夢中になっていることを聞かれて「北斗の拳」って、完全にスロットのことだよね・・・?



 続いてはリーディング21位の柴田直樹騎手だが、柴田騎手は残念ながら2012年途中で引退してしまったのでここではひとまずノーカウントとさせていただく。



Nagoya Racecourse 名古屋競馬場



 というわけで、お次はリーディング22位の加藤利征騎手。
 刈谷市出身、伊藤定幸厩舎所属の40歳だ。


 強い若手と強烈なおっさんに挟まれ、やや苦しげなポジションで近年はあまり人気馬にも乗れず、数字としては冴えない状況が続いている。本人曰く名古屋競馬ファンへのメッセージとして「若手が伸びてきているのでぜひ応援して下さい。」とか言っちゃってて、どうも他人事だ。


 後ろからの競馬が多く、人気馬に乗った時以外は見せ場もあまりない。


 髪型がわりとファンキーなことに加え、2009年に韓国遠征した際に、韓流にはまったらしく、好きな食べ物はスンデ、ケランチム(韓国料理)。夢中なことはゴルフ、韓国語ということで、キャラクターも謎な騎手の一人である。


Nagoya Racecourse 名古屋競馬場



 さて、お次はリーディング29位(名古屋所属の中では23位)の山本茜騎手。神奈川出身の29歳、今津博之厩舎所属。


 宮下瞳騎手が引退してしまい、名古屋唯一の女性騎手になってしまった山本騎手。もともとリーディングはもっと上位につけていたが、海外遠征と怪我による長期離脱で昨年は3勝止まりであった。


 もともと横浜市にある県立横浜翠嵐高校という首都圏でも有名なガチ進学校の出身ながら女性騎手になってしまったという異色の経歴。おそらく騎手の高校時代の偏差値ランキングやったらダントツの1位であろう。


 そんな地頭のよさを活かしてか、ニュージーランド、マレーシア、韓国など海外での騎乗経験も豊富。LJSでも優勝するなど、騎手としての腕はかなりのものだ。

 いろいろ地元でもめ事などあったからか(あまり詳しくは書きませんが)、最近は定期的に海外に行っている。もともと賢い方だから、名古屋でどうこうというよりも世界中を転戦しながら楽しく騎手生活していたいな、とか思っているのかもしれない。わりと地元の人が多い名古屋騎手の世界ではやや息苦しいのかな。生き方としてはすごく共感する。


 一応馬券の足しになるようなこと書いておくと、人気馬に騎乗の時は基本買い。追い込みも効くので、荷桁は3着付けもけっこうやったりする。


 キングスゾーンでの浦和記念2着以来、大レースでの活躍があまりないので、そろそろ大舞台での活躍が見たいところだ。目下怪我で入院中なので、早めの復帰を祈ります。




 さて、これで、写真がなかった丹羽騎手も含め、名古屋所属21人全員の紹介が終わりました。


 
 通してみてみると、ほんと、多士済々。若手からベテランまでわりと役者がそろっていて面白い場だと思います。もっとジョッキーレースを増やしたりして、騎手で売ってみてもいいんじゃなかろうか。地元出身の人も多いし。


 

>>名古屋競馬場レポートその19へ



*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~


*名古屋競馬場に関する記事は以下にもあります。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 名古屋競馬場 その2 ~名古屋競馬場 パドック~
 名古屋競馬場 その3 ~名古屋競馬場グルメ~
 名古屋競馬場 その4 ~JBC09' in "どんこ"~
 名古屋競馬場 その5 ~あらためて名古屋競馬~
 名古屋競馬場 その6 ~名古屋競馬場 アクセス~
 名古屋競馬場 その7 ~名古屋競馬場 第1スタンド~
 名古屋競馬場 その8 ~名古屋競馬場 第2スタンド・特観席~
 名古屋競馬場 その9 ~名古屋競馬場 第3スタンド~
 名古屋競馬場 その10 ~名古屋競馬場 東スタンド~
 名古屋競馬場 その11 ~名古屋競馬場グルメ 第2弾 えびすや~
 名古屋競馬場 その12 ~名古屋競馬場グルメ 第3弾 大矢屋ほか~
 名古屋競馬場 その13 ~名古屋競馬場グルメ 第4弾 大島屋~
 名古屋競馬場 その14 ~名古屋競馬場グルメ 第5弾 勝や・当たり屋・酒津屋~
 名古屋競馬場 その15 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第1弾~
 名古屋競馬場 その16 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第2弾~
 名古屋競馬場 その17 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第3弾~
 名古屋競馬場 その18 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第4弾~
 名古屋競馬場 その19 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第5弾~
 名古屋競馬場 その20 ~名古屋競馬 馬券術~
 名古屋競馬場 その21 ~あらためて名古屋競馬徘徊~
 名古屋競馬場 その22 ~名古屋競馬看板ギャラリー~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]