名古屋競馬場 その8 ~名古屋競馬場 第2スタンド・特観席~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 名古屋競馬場 > 名古屋競馬場 その8 ~名古屋競馬場 第2スタンド・特観席~

Nagoya Racecourse 名古屋競馬場
名古屋競馬場 第2スタンド。


*名古屋競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さてさて、あらためて、ということでやっております名古屋競馬場レポートです。
 前回より、もういちど名古屋競馬場のスタンドをゆっくりご案内しましょうということで、スタンドをひとつづつ見てまわっているところでございます。

 前回は第1スタンドを見ましたので、今回は特観席なども備えた、名古屋競馬の心臓部、第2スタンドをじっくり見てまいりましょう...

Nagoya Racecourse 名古屋競馬場


 さて、その第2スタンドだが、名古屋競馬場のスタンドの中ではおそらく一番いい設備を持ったスタンドであることは間違いないだろう。

 ご覧のとおり、スタンド内は全席冷暖房完備・ガラス張りの有料席ときている。夏は蒸し暑く、冬は風が強く冷え込む名古屋にあっては、指定席を使う価値は十分にあるぞ。

 ぱっと見、3層になっているうちの下部が1~2階を占める有料席「グリーンホール」、真ん中が3階~4階を占める特観席となっている。一番上は何だかわからない。貴賓席か何かだろうか・・・?


Nagoya Racecourse 名古屋競馬場

Nagoya Racecourse 名古屋競馬場


 先ほど、ほとんどが有料席だというお話をしたが、一応第2スタンドのコースじゃない側の1階部分は馬券売り場がそなえられている。特に下のうすぐらいほうの写真の馬券売り場は、一応空調設備の恩恵を感じられるゾーンなので、冬場を中心に一般客の集うゾーンの中では一番混み合うスポットである。ほかの馬券売り場は雨こそしのげるものの暑さ寒さはまったくしのげないところにしかない。

 中央はもちろん、地方競馬場の多くに有料じゃない席であってもある程度寒さ暑さがしのげるゾーンがあるのだが、名古屋競馬場は一般客にはなかなか過酷な環境を課しているのである。


Nagoya Racecourse 名古屋競馬場

 
 だからというわけではないだろうが、名古屋競馬場の特観席・グリーンホールとも値段はそんなに高くない。特観席が700円、グリーンホールが500円だ。

 特観席とグリーンホールの違いはざっと下記の通り。

  特観席   :全席指定・机あり・フロアに食堂あり
グリーンホール:全席自由・机なし・フロアに売店あり

 正直、冷暖房があればあとはどうでもいい、という方にとっては特観席でもグリーンホールでもどちらでも大差はないだろうが、200円しか変わらないので、荷桁は特観席をおすすめする。
 特観席のほうが高いところから見られるし、席数もグリーンホールに比べて少ないので馬券売り場もそう混雑しない。あと、グリーンホールは自由席なので、マナーの悪い席取りなども見られる。特観席であれば、そのストレスからも解放される。食べ物も特観席の店の方が格段に充実している。

 あと、これは期間限定だが、特観席に入ると、特観席内にある食堂「酒津屋」の300円割引券がついてくるというキャンペーンもある。そうするとこの店でビールの一杯でもテイクアウトすれば

 700円-300円=400円

 となって、結局グリーンホールよりお得になるのである。ほかにも、名古屋競馬場では特観席にお得に入れるキャンペーンをけっこう頻繁にやっているので、行く前になんかやってないか、ホームページをチェックしてみることをお勧めする。あおなみ線の切符見せただけで特観席に入れるキャンペーンなんかもけっこうやってたりするのだ。使わないと損である。


Nagoya Racecourse 名古屋競馬場


 と、いうわけで、ここからは特観席の様子をご紹介していこう。

 特観席の券を買うと、第2スタンド3階の特観席入口において、座席を選ぶことができる。ガラス窓の模擬席に紙を挟んでお客がどこに座るか選ぶという超アナログなシステムだが、思いっきりオープンだから、ある意味健全だ。不服はあまりないだろう。


Nagoya Racecourse 名古屋競馬場


 席を選ぶとこんな半券をくれるので、中に入って自分の席まで行けばOK。再入場は手にスタンプ(レーザーを当てると光るやつ)を押すシステムなので半券はなくしても問題ない。席の番号は覚えてなけれなならないけれども。


Nagoya Racecourse 名古屋競馬場


 こちらが指定席の様子。

 全席禁煙なので、カップルで行っても問題ない。喫煙コーナーはきちんとあるのでご安心を。ちょっと狭いが机つきの二人掛けの席がずらりと並ぶ。老人が多いせいか前よりも券売機に近い後ろの席から売れる傾向にある。


Nagoya Racecourse 名古屋競馬場


 特観席からの眺めはこちら。天気が悪く、あまりいい絵でなくて申し訳ない。

 残念ながら荒尾のように海が見えるとかそういうことはない。あまり美しくない名古屋のディープタウンの景色が見えるだけだ。そもそも平坦コースで、どこからも馬が良く見えるのが名古屋の長所なので、景色とかよりも快適性を評価すべきである。


Nagoya Racecourse 名古屋競馬場

 特観席は特にルールは厳しくないので、極端な話、ビールやつまみなどは持ち込み放題だ。外の食堂で買ったものを持ってきている人も結構いる。みなさんも快適な特観席ライフを楽しんでくだされ。


Nagoya Racecourse 名古屋競馬場

Nagoya Racecourse 名古屋競馬場


 特観席の馬券売り場はこんな感じ。基本は券売機だ。満席になっているときなどはわりと混み合うので早めに買うことをおすすめします。


Nagoya Racecourse 名古屋競馬場


 最後に、特観席の入り口の脇で、こんなものを見つけた。
 高層階から地上にダイレクトに降りれる、救助袋である。


Nagoya Racecourse 名古屋競馬場


 見よ。この昭和テイストな説明書き。正しい姿勢笑える。
 しっかし昭和46年の救助袋ってまだ大丈夫なのかねこれ。みなさんも火事とかに巻き込まれないように注意してくださいね。


 
 
>>名古屋競馬場レポートその9へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~


*名古屋競馬場に関する記事は以下にもあります。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 名古屋競馬場 その2 ~名古屋競馬場 パドック~
 名古屋競馬場 その3 ~名古屋競馬場グルメ~
 名古屋競馬場 その4 ~JBC09' in "どんこ"~
 名古屋競馬場 その5 ~あらためて名古屋競馬~
 名古屋競馬場 その6 ~名古屋競馬場 アクセス~
 名古屋競馬場 その7 ~名古屋競馬場 第1スタンド~
 名古屋競馬場 その8 ~名古屋競馬場 第2スタンド・特観席~
 名古屋競馬場 その9 ~名古屋競馬場 第3スタンド~
 名古屋競馬場 その10 ~名古屋競馬場 東スタンド~
 名古屋競馬場 その11 ~名古屋競馬場グルメ 第2弾 えびすや~
 名古屋競馬場 その12 ~名古屋競馬場グルメ 第3弾 大矢屋ほか~
 名古屋競馬場 その13 ~名古屋競馬場グルメ 第4弾 大島屋~
 名古屋競馬場 その14 ~名古屋競馬場グルメ 第5弾 勝や・当たり屋・酒津屋~
 名古屋競馬場 その15 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第1弾~
 名古屋競馬場 その16 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第2弾~
 名古屋競馬場 その17 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第3弾~
 名古屋競馬場 その18 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第4弾~
 名古屋競馬場 その19 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第5弾~
 名古屋競馬場 その20 ~名古屋競馬 馬券術~
 名古屋競馬場 その21 ~あらためて名古屋競馬徘徊~
 名古屋競馬場 その22 ~名古屋競馬看板ギャラリー~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]