園田競馬場 その14 ~園田競馬場 コースと予想~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 園田競馬場 > 園田競馬場 その14 ~園田競馬場 コースと予想~

園田競馬場
園田競馬場



*園田競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は園田競馬場レポートその1からどうぞ。







 さて、園田競馬場レポートも14回目を数えることとなりました。


 前回のレポートでは予想紙や予想屋について、つらつらと書いてまいりましたが、今回も園田競馬場の予想に関することを語っていくことにいたしましょう。

 
 園田競馬場での馬券予想にあたって、園田にあまりなじみのない方はまずコースの特徴を知っておく必要があると思います。ってなわけで今回は園田競馬場のコースに関してあれやこれや述べてまいります...




Sonoda Racecourse 園田競馬



 園田競馬場は一周1051mの競馬場だ。園田と言うとあまり、小さいというイメージを持たれていないかもしれないが、実は現在日本で一番一周あたりの距離が短いのはこの園田競馬場である。少し前までは福山競馬場という一周1000mの競馬場が存在していたのだが、福山競馬場の廃止以降は、名古屋よりも笠松よりも、園田の方が一周あたりは短い競馬場なのである。

 
 一周1051mとは何とも中途半端だが、もともとアラブだけで競馬をしていた頃はもっと狭かったようで、ウィキペディアを見ると、もとは一周1000m。1991年にサラブレッドを導入するにあたって、スパイラルカーブの導入と拡張工事が行われたようだ。以下、ウィキをそのまま引用すると、


 当初の予定ではサラブレッドのスピードでも十分回れるよう1100mになるはずだったが、3コーナーにある森林(猪名川自然林)に手を入れられないことがわかったため1051mという中途半端な距離になった。限られた部分を使い無理矢理拡張したため、向正面が直線ではなく、緩く右にカーブしているのも特徴である。


 とのことだ。


 いろいろ苦労しているんだねえ、園田も。

 
 向正面がカーブしているというのは、写真で見たほうが分かりやすいかもしれない。 2コーナーを曲がると、微妙に左に方向に進み、途中から何となくまた微妙に右に戻り始めて3コーナーに向かう、という謎な構造をしているのである。


Sonoda Racecourse 園田競馬


 一方で、直線の長さは213mとなっている。


 名古屋や笠松、高知、佐賀なんかよりは少し長いが、いわゆる小回りであることには変わりはないと言えよう。




Sonoda Racecourse 園田競馬



 距離の設定としては、820m、1230m、1400m、1700m、1870m、2400mがあるが、レースの多くは1400mで行われており、一日に1つか2つ、1230mか1700mのレースが組まれている程度である。


 上の写真は1400mレースの発走地点である、4コーナーのポケット。猪名川自然林の鬱蒼とした緑が背後にあるのが不思議な雰囲気。


 この1400m以外のレースは条件が少ないので、必然的にその距離が得意なんだ、という馬にとっては勝負レースとなることが多いので注意が必要である。まあ、一日に数レースしかないので、よく分からなかったら「見」してしまうという手もあると言えばあるのだが・・・。



Sonoda Racecourse 園田競馬場


園田競馬場


 ちなみに、1700mは向正面、1230mはスタンド前が発走地点となる。


 どの距離でもそうだが、基本的にコースの形状から追い込みは決まりづらい傾向にあるため、基本的には先行できる馬を狙う必要がある。


Sonoda Racecourse 園田競馬


 先行するとなると一般的には内枠が有利のイメージがあるが、園田競馬場は馬場の内側が比較的深いことから、比較的外、それも7~8枠の馬が先行するイメージが強い。姫路競馬場レポートでも触れたが、これまでイマイチ先行できていなかった馬が急に先行するというと、大外枠に入ったときと相場が決まっている。このへん覚えておいた方がよいだろう。


園田競馬場


 レースは向正面までは淡々と進むが、向正面の後半から一気にドタバタとした展開になることが多い。実は向正面から3コーナーにかけては高低差1.23mの坂があるため、このあたりが仕掛け所となるのだ。



Sonoda Racecourse 園田競馬場


 3コーナーを過ぎると、基本的に余裕がある馬以外は追い通しである。スパイラルカーブということもあり、まくりまくりでどんどん後ろから馬が来て、逆にダメな馬はここで振り落とされておしまい、という一番の勝負所である。



Sonoda Racecourse 園田競馬


Sonoda Racecourse 園田競馬


 この3角から4角の攻防が園田で一番の見どころでもあり、自分の予想通りに行くかどうかの分かれ目でもある。


 最後の直線までもつれるレースもあるが、基本的に上位にくる馬はこのあたりで決してしまうことが多いので、園田で馬券を買ったら、自分の馬が3~4コーナーでどんな動きをしているかをしっかり見たほうがよい。最後の直線だけ見ていても面白くないこともありますので・・・(それは荷桁の馬券が当たっていないからか・・・)。



Sonoda Racecourse 園田競馬


 直線は地方競馬らしく、けっこう差がつくこともあるが、3着争いなどは追い込み馬が届いてもつれたりもする。このあたりは園田の馬のレベルが南関東を除く他の地方競馬場よりももう少しだけ高いことにも起因するかもしれない。



 さて、いかがでしたでしょうか。園田競馬場のコース。


 あれやこれや書いておりますとおり、日本でも一番小さい競馬場でありますので、普段中央競馬しかやらないという方は、園田競馬場に行ってみた際は、まずこの小回りを楽しんでみるのがおススメです。


 今の中央のレースでもたまに岩田騎手や小牧騎手がヘンなところでまくったりしますが、あれはこの競馬場出身者だから分かる動物的勘がそうさせているのかもしれませんな。


 


>>園田競馬場レポートその15へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜


*園田競馬場に関する記事は以下にもあります。

 園田競馬場 その1 ~園田競馬は尼崎~
 園田競馬場 その2 ~園田競馬場アクセス~
 園田競馬場 その3 ~アクセスの続き~
 園田競馬場 その4 ~ちびっこと棋士たち~
 園田競馬場 その5 ~園田競馬場スタンド 高濃度オッサンエリア~
 園田競馬場 その6 ~園田競馬場 スタンド1階~
 園田競馬場 その7 ~園田競馬場 スタンド2階~
 園田競馬場 その8 ~園田競馬場 スタンド3階~
 園田競馬場 その9 ~配管偏愛~
 園田競馬場 その10 ~第四投票所~
 園田競馬場 その11 ~第五・第六投票所~
 園田競馬場 その12 ~園田競馬場 パドック~
 園田競馬場 その13 ~園田競馬場 予想紙と予想屋~
 園田競馬場 その14 ~園田競馬場 コースと予想~
 園田競馬場 その15 ~園田競馬場 馬券攻略を考える~
 園田競馬場 その16 ~レースを眺めつつ~
 園田競馬場 その17 ~園田競馬場グルメ 明石屋のたこ天・西ホルモン・園田屋ほか~
 園田競馬場 その18 ~園田競馬場グルメその2 西宮 つるまるほか~
 園田競馬場 その19 ~園田競馬場グルメその3 あたりや・ポニー~
 園田競馬場 その20 ~園田競馬場グルメその4 三木屋~
 園田競馬場 その21 ~園田競馬場グルメその5 一八、さくら~
 園田競馬場 その22 ~園田競馬場グルメその6 喫茶ファーム、しらゆり~
 園田競馬場 その23 ~園田競馬場グルメその7 ミュンヘン、阪急食堂の思い出~
 園田競馬場 その24 ~園田競馬場看板ギャラリー~
 園田競馬場 その25 ~園田競馬場 その金ナイター~
 園田競馬場 その26 ~園田競馬場を一周してみる 前編~
 園田競馬場 その27 ~園田競馬場を一周してみる 後編~





PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]