大井競馬場 その26 ~馬券の流れと騎手模様~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 大井競馬場 > 大井競馬場 その26 ~馬券の流れと騎手模様~

大井競馬場
大井競馬場直線。


*大井競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は大井競馬場レポートその1からどうぞ。

また、大井競馬場は2014年以降大規模な改修が行われたため、レポートが現在の様子と大きく異なる点があることをご承知おきください。







 さて、年末の大井競馬場を書いていたはずが、もう1月の末になってしまったなあ。過去に書いたレポートも、だいぶ情報が古くなっていたりしますので、皆さんもこのブログを参考に旅打ちに行く際は、併せてきちんと最新の情報も調べていただくよう、ご注意くださいね。



 さて、せっかく大井に行ったのに、設備の話ばかりしていても仕方がないので、馬券などの話も始めてまいりましょう...





大井競馬場


 通常、荷桁は大井に来た場合、パドックでダラダラと馬を見て、3号スタンドか、L-WINGで馬券を買い(混雑してきたらふるさとコーナーに移動)、レース時は基本的にゴール板前で観戦するというのがいつもの行動パターンだ。


 しかし、今日は雨が降っていることに加え、東京大賞典当日ということもあり、場内が非常に混雑している。パドックを見終わって残り10分ほどの間に馬券が買えない可能性もあるし、移動のたびに傘をさすのもかったるい。


 というわけで、この日は比較的すいている4号スタンドを本拠地とすることにした。



大井競馬場



 券売機の脇に、一か所にオッズ画面も集約されており、いちいちうろうろする必要もないのがナイス。



大井競馬場



 さらに、すぐ脇にアルコール販売所があるのもなおのことよしだ。このセットが揃えば何も言うことがない。


 ただ、4号スタンドの座席は基本指定席なので、観戦の際は走路のほうまで降りて行かないと、いい角度で見ることができない。贅沢を言っていても仕方がないので、さっそく馬券に勤しもう。



大井競馬場


 これまで、何度か述べてきたが、大井の馬券は難しい。


 出走回数が多い地方競馬では、突如逃げたりでもしない限り、そう簡単に一変する馬と言うのはいないのだが、大井では馬柱を見ていても、コメントを見ていても、こりゃ来ないだろうなという感じの馬が、突如爆走したりすることが多い。ここが一番難しいところだ。


 なるべく、軸馬が決まりやすい前半レースで手堅く拾っておかないと、後半は点数が増えて自滅というのが荷桁の大井での負けパターン。兎角流れをつかみながら乗り切るのが吉なのだ。



大井競馬場


大井競馬場


大井競馬場



 するとこの日は首尾よく前半戦で万券を複数いただくことができた。やや点数は広げ気味で格好悪い馬券だが、結果的にヒモに助けられた。これ以外のレースも3連複でだましだまし切り抜けて、何とかトータルでは勝つことができた。



 ちなみに、大賞典は恥ずかしながらクリソライトから買って撃沈・・・。これは非常にダメな予想だったので言いたくなかったが、きちんとご報告しておこう。



大井競馬場



 ちなみに、3連複でちまちまやっていたストレスで、最終レースでは実にアホな買い方をしてしまったということを付け加えておこう。勝っている日でも最後の方にこういうことするのはよくない癖だ。


 もしお暇な人がいたら、この馬券を買ったつもりになって、地方競馬情報サイトのレース映像、2014年12月29日の第12レースを見ていただきたい。意外と楽しめるはずである。


 特に15番の馬が単勝203.9倍の馬だということを知っていただいた上でご覧いただけたら、なおのこと面白いことだろう。



大井競馬場



 さて、そんなこんなで、わりと詳細な馬券を晒してしまったが、今回の大井はややプラスで終えることができた。



 しかし、相変わらず大井では想像もつかない馬が突っ込んでくる、ということだけは再認識できた日でもあった・・・。



大井競馬場


 ちなみに、2014年の大井は船橋所属の森泰斗騎手がリーディングだった。過去、内田博幸騎手や戸崎圭太騎手など、絶対的なリーディングがいたが現在は戦国時代に突入した感がある。


 大井所属では御神本騎手、真島騎手、的場騎手などが迎え撃つ構図になっている。


 もっとも、2014年の南関東は船橋リーディングが大井の御神本騎手、川崎リーディングが大井の真島騎手、浦和リーディングが船橋の左海騎手と、全体的に混沌としていた。絶対的存在がいない南関東は、ファンからすれば馬券の組み立てはちと難儀だが、配当の妙がある騎手模様と言えよう。



大井競馬場


 大井ではここに来て、元福山リーディングで、2013年に大井に移籍してきた楢崎騎手も乗り鞍に恵まれ実力を発揮しはじめており、今年以降はさらに上昇の気配も出てきている。



矢野貴之



 しかし、何と言っても2014年に大躍進したのは矢野貴之騎手。もとは高崎競馬デビューのお方。30歳になった今年、2013年大井9位(大井の勝ち星40勝)から一気に勝ち星を増やし、2014年は大井2位(大井の勝ち星93勝)となったのだ。


 先ほど申し上げたとおり、大井のリーディング1位は船橋所属の森騎手なので、なんと、矢野騎手が大井所属では勝ち星1位となったのである。


 イケメン騎手としての名声が高かった矢野騎手だが、今後は馬券でも要注目である。



 混沌とした大井の馬券と騎手をこれからも存分に楽しんでいきたいもんである。そして、たまにはでかいところ当てたいのう・・・。



 大井の研究はまだまだ奥が深い。




 


>>大井競馬場レポートその26へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜


*大井競馬場に関する記事は以下にもあります。

 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 大井競馬場 その2 ~ホームから厩舎を見下ろす~
 大井競馬場 その3 ~京急立会川から歩く~
 大井競馬場 その4 ~大井競馬場 正門~
 大井競馬場 その5 ~4号スタンド~
 大井競馬場 その6 ~2・3号スタンド~
 大井競馬場 その7 ~ディープ大井へようこそ~
 大井競馬場 その8 ~1号スタンド l−wIng~
 大井競馬場 その9 ~昼の大井競馬場 パドック~
 大井競馬場 その10 ~勝手に大井騎手名鑑~
 大井競馬場 その11 ~勝手に大井騎手名鑑その2~
 大井競馬場 その12 ~勝手に大井騎手名鑑その3~
 大井競馬場 その13 ~勝手に大井騎手名鑑その4~
 大井競馬場 その14 ~大井競馬 予想と攻略~
 大井競馬場 その15 ~大井競馬 予想屋&予想紙~
 大井競馬場 その16 ~大井競馬場 グルメ その1 第一仲商店~
 大井競馬場 その17 ~大井競馬場 グルメ その2 フードストリート ふか河~
 大井競馬場 その18 ~大井競馬場 グルメ その3 2・3号スタンドをまわる~
 大井競馬場 その19 ~大井競馬場 グルメ その4  幸福堂ほか~
 大井競馬場 その20 ~大井競馬場 グルメ その5  チェーン店を巡る~
 大井競馬場 その21 ~ふるさとコーナー~
 大井競馬場 その22 ~大井のはたらくくるま~
 大井競馬場 その23 ~大井競馬場ナイター~
 大井競馬場 その24 ~久々の大井~
 大井競馬場 その25 ~3号スタンドの現在~
 大井競馬場 その26 ~馬券の流れと騎手模様~
 大井競馬場 その27 ~大井競馬場グルメ その6 アサヒの雑煮ほか~
 大井競馬場 その28 ~大井こそ競馬最先端~
 大井競馬場 その29 ~大井競馬場アクセス 大森海岸から歩いてみる~
 大井競馬場 その30 ~大井競馬場第一駐車場やら勝平橋やら~
 大井競馬場 その31 ~食堂・あづまでしんみり食べる~
 大井競馬場 その32 ~大井競馬場 G-FRONTに行ってみた~
 大井競馬場 その33 ~G-FRONTに潜入してみた~
 大井競馬場 その34 ~有終の3号スタンドをひたすら愛でる~
 大井競馬場 その35 ~有終の3号スタンド指定席~
 大井競馬場 その36 ~大井競馬場の内馬場に行ってみた~
 大井競馬場 その37 ~大井競馬場の内馬場に行ってみた 後編~
 大井競馬場 その38 ~大井競馬場グルメ 2015年末~







PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]