大井競馬場 その35 ~有終の3号スタンド指定席~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 大井競馬場 > 大井競馬場 その35 ~有終の3号スタンド指定席~

大井競馬場,TCKスクエア
大井競馬場 TCKスクエアと3号スタンドをつなぐ渡り通路。



*大井競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は大井競馬場レポートその1からどうぞ。

また、大井競馬場は2014年以降大規模な改修が行われたため、レポートが現在の様子と大きく異なる点があることをご承知おきください。





 大井競馬場レポート、35回目になってしまいました。


 冒頭の写真は、3号スタンドとTCKスクエア(旧903投票所)をつなぐ渡り通路。先のレポートでも述べたが、今回の改修で3号スタンドと共にこのTCKスクエアも解体されてしまうことになっている。ナイターのときのバー・カレラは楽しい雰囲気に一役買っていたが、残念だ。


 さて、3号スタンドをの1階~3階をうろうろしたあとは、指定席に行くことにしよう。実は長いこと大井には行っているのだが、指定席に入ったことはないので、3号スタンドに関しては、今回が最初で最後ということになる...



大井競馬場


 
 一応、こんなエレベーターがあるのでこれで行ってみることにしよう。


 これもひょっとしたら初めて乗るかもしれない。



大井競馬場


 エレベーターに乗り込むと、各階ごとの飲食店の表示が。こうして見ると、戦艦の名前みたいな屋号が多いのう。



大井競馬場


 エレベーターを降りる。3号スタンドの指定席入口は5階となる。


 エレベーターを降りると警備員さんがいるので、券を見せればご入場だ。



大井競馬場


 全然知らなかったが、3号スタンドの指定席は馬主席も兼ねているようだ。調べてみると、馬主会に所属をしているとL-WINGの中にある席なようだが、違う馬主会所属で、大井に出走したり、南関東の他場に預けたりしていると、こちらになるようである(もちろん、3号スタンドがなくなった今や確実に不正確な情報ですので、鵜呑みにせぬよう!)。


 受付のおばちゃんもさすがに寒そうだ。仕事は楽そうだが、パートさんの中でもあまり人気のある職場ではないだろうな。



大井競馬場



 ちなみに、馬主席受付の脇には「部外者の入室禁ず」なる、手厳しいドアもある。この扉の向こうが何であったかは今では知る由もない。



大井競馬場


 指定席のある5階コンコースも3階と似たような雰囲気だが、微妙に床のタイルの文様が異なっているのがポイントだ。


 細かい部分だが、非常にいい仕事である。どちらのほうが高級感があるかと言われると、よく分からないが、あまり気にする人間もいないであろう部分にこだわるという心意気が何ともグッドではないか。


大井競馬場


 そんな話をしていても仕方がないので、さっそく自分の指定した席に行ってみることに。もうすぐ3号スタンドがなくなるというのに周囲はガラガラ、しかも常連っぽい人たちが多い。



 まばらな観客はほどんどが50代以上のオッサンとじいさんたちであった。彼らは買っている馬券が当たってるのか当たっていないのか分かるようで分からない微妙なリアクションでレースを眺めている。常連だからと言って、勝てるようになるわけでもないのが競馬の残酷なところだ。


大井競馬場


 いかにも大井競馬場の3号スタンドらしい光景だが、けっこうでかい柱が視界に入る席があるw


 この感じもまた思い出になってしまうのだ。


大井競馬場


 ちなみに、すぐ左に目をやると、そこが馬主席であった。


 荷桁が500円でおさえた指定席から、仕切りもなく、特に大きな違いもない。ただ、カシオのネームランドか何かで作ったであろう「馬主席」と書かれたシールが貼ってあるのみである。


 もともとは2号スタンドにあったものをとりあえずここに持ってきたのだろうか。もともとここでこんな感じだったのだろうか。



大井競馬場


大井競馬場



 基本的には2人掛けのスタンダードな指定席だが、古いスタンドらしく快適性はさほど追求されておらず、500円という値付けが妥当な可もなく不可もない指定席である。どちらかというと、古い競輪場の指定席に近いイメージかなあ。



大井競馬場


大井競馬場


 レースの合間にうろついてみるが、なかなか渋い看板や注意書きの類がまだ残っており、いい感じだ。


大井競馬場


 コンコースで立ち売りしていたウーロンハイをいただく。
 この色合いとウーロンハイの持つ退廃的な雰囲気がこのスタンドに妙にマッチすると思いませんか?思いませんか。ハイ、すみません。



大井競馬場


大井競馬場


 しばらくウーロンハイを傾けながら、レースを観戦する。


 さすがに5階からの眺望ということもあって、すごくレースは見やすい。この跡地にはスタンドは建てないということだし、仮に今後建てることがあったとしてもG-FRONTみたいな感じだろうから、500円でのこの眺めは期待できそうにない。


 競馬人気がもっとすごくて、大井がナイターでバブル時代のようにすさまじく儲かっていたとしたら、おそらくとっくに2・3号スタンドはなくなっていたんだろうな。


 そう考えると、古いスタンドだったとは言え、雨風しのげて、眺めもよい2・3号スタンドがあった大井競馬場を体験できたというのはすごく贅沢なことだったのかもしれないな。


 そんなことを考えつつ、アルコールが鼻につくウーロンハイをぐびりとやると、一層気怠い気分になってきて、どんどんとまわりのオッサンたちに同化していく荷桁なのであった・・・。



 


>>大井競馬場レポートその36へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜


*大井競馬場に関する記事は以下にもあります。

 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 大井競馬場 その2 ~ホームから厩舎を見下ろす~
 大井競馬場 その3 ~京急立会川から歩く~
 大井競馬場 その4 ~大井競馬場 正門~
 大井競馬場 その5 ~4号スタンド~
 大井競馬場 その6 ~2・3号スタンド~
 大井競馬場 その7 ~ディープ大井へようこそ~
 大井競馬場 その8 ~1号スタンド l−wIng~
 大井競馬場 その9 ~昼の大井競馬場 パドック~
 大井競馬場 その10 ~勝手に大井騎手名鑑~
 大井競馬場 その11 ~勝手に大井騎手名鑑その2~
 大井競馬場 その12 ~勝手に大井騎手名鑑その3~
 大井競馬場 その13 ~勝手に大井騎手名鑑その4~
 大井競馬場 その14 ~大井競馬 予想と攻略~
 大井競馬場 その15 ~大井競馬 予想屋&予想紙~
 大井競馬場 その16 ~大井競馬場 グルメ その1 第一仲商店~
 大井競馬場 その17 ~大井競馬場 グルメ その2 フードストリート ふか河~
 大井競馬場 その18 ~大井競馬場 グルメ その3 2・3号スタンドをまわる~
 大井競馬場 その19 ~大井競馬場 グルメ その4  幸福堂ほか~
 大井競馬場 その20 ~大井競馬場 グルメ その5  チェーン店を巡る~
 大井競馬場 その21 ~ふるさとコーナー~
 大井競馬場 その22 ~大井のはたらくくるま~
 大井競馬場 その23 ~大井競馬場ナイター~
 大井競馬場 その24 ~久々の大井~
 大井競馬場 その25 ~3号スタンドの現在~
 大井競馬場 その26 ~馬券の流れと騎手模様~
 大井競馬場 その27 ~大井競馬場グルメ その6 アサヒの雑煮ほか~
 大井競馬場 その28 ~大井こそ競馬最先端~
 大井競馬場 その29 ~大井競馬場アクセス 大森海岸から歩いてみる~
 大井競馬場 その30 ~大井競馬場第一駐車場やら勝平橋やら~
 大井競馬場 その31 ~食堂・あづまでしんみり食べる~
 大井競馬場 その32 ~大井競馬場 G-FRONTに行ってみた~
 大井競馬場 その33 ~G-FRONTに潜入してみた~
 大井競馬場 その34 ~有終の3号スタンドをひたすら愛でる~
 大井競馬場 その35 ~有終の3号スタンド指定席~
 大井競馬場 その36 ~大井競馬場の内馬場に行ってみた~
 大井競馬場 その37 ~大井競馬場の内馬場に行ってみた 後編~
 大井競馬場 その38 ~大井競馬場グルメ 2015年末~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]