小倉競馬場 その1 ~どうにかこうにか小倉~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 小倉競馬場 > 小倉競馬場 その1 ~どうにかこうにか小倉~

小倉競馬場
小倉駅コンコース


 どうも。荷桁です。


 さあ、2015年は3月も2週目に突入しようかという今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、今回からはタイトルにございますとおり、小倉競馬場のレポートでございます。


 わたくし、荷桁自身は日本に現存するすべての競馬場に訪問したことがあるのですが、このブログではまだ取り上げていない競馬場もいくつかございます。取り上げきれていない理由は、サボり癖とか諸々あるのですが、まだ情報を収集しきれていないなあと感じたり、写真が不足していたり(例:船橋)、さらには近所にあって、何となくまたそのうち行くし・・・と思っているうちに何となく延ばし延ばしになっていたり(例:京都・阪神・中京・園田 これが一番性質が悪い)など、が主だったところです。



 この小倉競馬場も2009年の夏に最初の訪問をした後、実は2012年の2月に再訪していたのです。しかし最初の訪問はカメラを忘れた上、指定席に缶詰になっており、情報収集もくそもなく、二度目の訪問でも何となくうろうろしきれなかったなあと思うところがあり、その後もレポートには着手しておりませんでした。


 しかし2015年の2月に三度目の訪問をしたため、さすがにそろそろ書いておこうかという気になり、こうしてシコシコとレポートにとりかかり始めたわけなのです。



 ってなわけで、ここからのレポートは2012年2月訪問時と2015年2月訪問時の写真を用いながら、ゆるゆると小倉競馬場の紹介をさせていただきます。毎度のおことわりではありますが、情報は常に古くなりますゆえ、訪問の際の下調べは自己責任でよろしくお願い申し上げます...





 ってなわけで前置きが長くなりましたが、小倉競馬場レポートを始めていきたいと思います。皆様にとっては釈迦に説法ではございますが、小倉競馬場は福岡県北九州市にある競馬場であります。



小倉競馬場
小倉駅前の景色



 北九州エリアは産業の工業化がわりと早く進んだエリアで公営ギャンブルが盛んな土地柄でもある。市内には競馬以外にも、小倉競輪・門司競輪(廃止)、若松競艇などが存在しており、さらに郊外にも芦屋競艇があるという荷桁にとっては何とも魅力的な街であると言える。




飯塚オート


 さらに小倉から距離はあるが飯塚まで行けばオートレースもあり、首都圏以外では唯一3競オートがきわめて身近な環境にあるのが小倉なのだ。画像は飯塚オートレース場。ここはここでなかなかヘビーな賭博場でよかったですよ。



 そんな環境下、夏と冬、北九州市民の射幸心を満たしてやまないのが小倉競馬場だ。



 北九州市内ではじめて競馬が行われたのは1907年。東洋競馬会が遠賀郡戸畑町(現在の北九州市戸畑区)に建設した競馬場においてであるとされている。さらにその後は小倉競馬倶楽部が1919年に小倉市(現在の北九州市小倉北区)三萩野に建設した競馬場で行われていた時期もあるようだが馬券売り上げが増えるにつれ手狭になり移転。現在地で競馬が行われるようになったのは1931年のこと。なかなか歴史ある競馬場なのだ。



 さて、早速小倉競馬場に行ってみよう。


 遠隔地から小倉競馬場に行くには、鉄道なりバスなりで小倉駅を目指すか、北九州空港を目指すかのどちらかになろう。たっぷり堪能するのであれば前日入りをするのが無難だが、関西からであれば、新大阪朝7時くらいまでの新幹線に乗れば、ほぼ1レースか2レース目には間に合う計算。東京からも羽田発で早い便があるため、急に思い立って勢いで小倉に行くことも可能なことは可能だ。北九州空港からは路線バスで競馬場に行くことができるぞ。


 荷桁は小倉駅経由のルートでしか行ったことがないので、今回はそちらのルートをご紹介しよう。



 荷桁は初回の訪問時は前日入りしたが、あとの2回の訪問はいずれも新幹線だ。荷桁は大阪市内なので、新大阪6時発の新幹線もへっちゃらなのである。こういうときにはバチッと目が覚める自分をほめてやりたいです。




小倉競馬場



 ひとまず、新幹線なり在来線なり、高速バスなりで小倉駅に着いたならば、まずはこちらのモノレールのりばを探していただきたい。


 小倉競馬場は大井競馬場よろしく、モノレールで行くことができるという競馬場なのだ。
 小倉駅から競馬場前というドストレートな駅まで、10分240円也である。これに勝るアクセスはなかなかないので、ほかの選択肢は考えなくてよいだろう。



小倉競馬場



 ちなみに、モノレール小倉駅の下には小倉競輪のダイジェスト映像を延々と流し続けているモニターもあり、それなりの視聴者を集めている。これこれ、こういうのよ。俺が求めているインフラっていうのは。非常に居心地がいい街だぜ小倉は。発砲事件多いらしいけど。



小倉競馬場



 モノレールはやや懐かしい趣のフォルム。こういうモノレールって最近首都圏では見ないですよねえ。


 これに乗って10分。競馬場前まで、ゆらゆらと揺られる。なかなか高い位置を進むこともあり
景色はなかなかよろしい。写真撮っておけばよかったなあ。


 ちなみに、道中の香春口三萩野駅は小倉競輪場の最寄り駅でもある。



小倉競馬場


 さて。というわけで、競馬場前にご到着。一応北九州市立大学前という名称もあるようだ。うーむ。こんな環境下の北九州市立大学に進学していたら荷桁は廃人になっていただろうね。よかったよかった。



小倉競馬場



小倉競馬場



 ちなみに、モノレールのホームからは馬房がのぞき込めたりもする。興味がある方は是非。



 さて、わりと快適に着くことができた小倉競馬場。ここまではわりと順調でございますな。



 次回以降もじっくりご紹介してまいりやす。




 


>>小倉競馬場レポートその2へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 函館競馬場 その1 ~苫小牧をぶらつく~ 
 中京競馬場 その1 ~やっとこさ中京競馬場~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜


*小倉競馬場に関する記事は以下にもあります。

 小倉競馬場 その1 ~どうにかこうにか小倉~
 小倉競馬場 その2 ~小倉 北方 競馬場~
 小倉競馬場 その3 ~小倉競馬場をうろつく~
 小倉競馬場 その4 ~小倉競馬場スタンドとか乗馬とか~
 小倉競馬場 その5 ~小倉競馬場スタンド内部へ~
 小倉競馬場 その6 ~小倉競馬場 パドックからの馬券攻め~
 小倉競馬場 その7 ~小倉競馬場 グルメ~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]