大井競馬場 その28 ~大井こそ競馬最先端~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 大井競馬場 > 大井競馬場 その28 ~大井こそ競馬最先端~

大井競馬場
大井競馬場


*大井競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は大井競馬場レポートその1からどうぞ。

また、大井競馬場は2014年以降大規模な改修が行われたため、レポートが現在の様子と大きく異なる点があることをご承知おきください。







 さて、久々の大井競馬場訪問であったが、食い物の話もしたことだし、そろそろ、書くこともなくなってきたので、このレポートもシメに入ることにしよう。



 さて、この日の大井競馬場だが、東京大賞典デーだったにもかかわらず売り上げはあまり芳しいものではなかった。


 東京大賞典の売り上げは22億8703万2700円で前年比87・7%。当日の大井競馬総売り上げも39億6544万2100円(トリプル馬単を除く)で同84・2%。ネット投票で地方競馬の売り上げが底上げされている中で、この数字はやや残念な結果だ...






大井競馬場


大井競馬場



 やはり見ての通りの天候があってか、本場入場者が2万4125人の同58・3%で大幅減。おそらく各場外売場の足も遠のいたのであろう。思った以上に、大井の馬券はネットを持たない高齢者層の現場主義に支えられているということなんだろうか。



 日程的に、前年は有馬記念の1週間後、当年はすぐ翌日の開催であったこともやや影響があるだろう。東京大賞典自体は毎年カレンダー的には年末休みに入っている時期のため、今年は有馬記念がその領域に入ってきてしまった感はある。だいたい、通常の有馬記念のときはまだ仕事おさめではない時が多いので、競馬ファンにとっては一回心のリセットがあるけれど、今年はそれがなかったとも言える。


 荷桁みたいな遠征組にとっては有馬・東京大賞典を連日でやってくれるとありがたいことはありがたいんだけどね。




大井競馬場



大井競馬場



 まあ、それでも大井競馬場は何だかんだ頑張っている場である。こうした余興もあるわけだし。



 さきほど、競馬がネットで収入を伸ばしているという話をしたが、個人的には大井競馬場には本場への動員数でこれからも頑張ってほしい競馬場だ。現在は中央も含めて、競馬界全体がネットが増えていることを理由に、本場をスリム化していくという方向に走っている気がしてならない。ネットが増えているのはうれしいことだし、経費削減も大事なんだが、本場の動員・来た時の特別感の演出にはこだわって欲しい。競馬はあくまでエンタメ・レジャー産業なんだからね。(お役人の多くはそこんとこ、履き違えてる気がするけど・・・)



 プロ野球だって、テレビ放映権は時代の流れでいまいちだけど、球場に動員することがムーブメントになっていい循環を生んでいるとも言える。




大井競馬場



 その点で大井競馬場は背後に抱える人口は多いし、都心に近い立地面でのアドバンテージもあるので、本場を活性化するような施策の効果が表れやすいことは間違いない。いち早くナイターを取り入れるなど、先進的な風土はあるのだから、いろんなことにチャレンジしていただき、他の模範となってほしいところである。



大井競馬場



 どうでもいいが、この日は火が出る演出があった。まあ、特にこれが来場時の満足感や動員につながるかは別として、とりあえず火を焚いてみようというその心意気や良しである。




大井競馬場 Ohi Racecourse



 話は変わるが、過去、大井競馬場と言えばこのようにスタンドから平和島競艇場がよく見えて、博徒たちの心をくすぐったものだ。



大井競馬場



 しかし、この間行ったら、こんな建物ができていて、平和島競艇のお姿がほとんど見えなくなってしまっていた。京急開発とNTTロジスコによる物流センターとのこと。上層部には広大なオフィスフロアもあるそうで、NTTロジスコの本社機能もここに入っているとのこと。


 うーむ、荷桁がNTTロジスコの社員だったら、毎日気が散って仕方がないオフィス環境だな。荷桁なんて真っ先に窓際族になりそうなのに、これでは窓の外なんか見れたもんじゃない。昼休み平和島、会社終わりで大井。金がいくらあっても足りん。



 と、そんな話はどうでもいいのだが、この競馬場と競艇場が近い立地というのも今後は何かと意識していく必要があるだろう。


 いま、ギャンブル界で一番の話題はカジノ解禁であろう。仮に解禁になったとき、既にギャンブル場が2つもあって、空港から近くて、都心からも近くて、港湾地区で土地的な余裕もある、という大井競馬場の立地はまさに複合型のリゾート施設を作るには持って来いの立地である。


 カジノ・大井競馬場・平和島競艇場が有機的につながり、さらにホテル・温浴施設、ついでに品川水族館もごっちゃにしてしまえ!なんてことができればおもしろそうではないか。



 荷桁はよく、牧歌的な古い趣の競馬場を賛美する傾向にあるが、それだけが競馬の魅力だとも思っていない。仮に、大井のスタンドが高層ホテルみたいになっちゃったとしても、それはそれで全然OKだ。おもしろそうだし、そんなのたぶん、日本では大井じゃなきゃできないことだ。



 まあ、そんな点も含めて、大井競馬場には今後も頑張っていってほしいところでございます。



大井競馬場



 と、いうわけで、大井競馬場をあとに。この後は品川で新幹線の終電まで反省会である。



大井競馬場



 2015年も無事競馬ができますように。



 


>>次のレポートへ
>>大井競馬場レポートその29へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜


*大井競馬場に関する記事は以下にもあります。

 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 大井競馬場 その2 ~ホームから厩舎を見下ろす~
 大井競馬場 その3 ~京急立会川から歩く~
 大井競馬場 その4 ~大井競馬場 正門~
 大井競馬場 その5 ~4号スタンド~
 大井競馬場 その6 ~2・3号スタンド~
 大井競馬場 その7 ~ディープ大井へようこそ~
 大井競馬場 その8 ~1号スタンド l−wIng~
 大井競馬場 その9 ~昼の大井競馬場 パドック~
 大井競馬場 その10 ~勝手に大井騎手名鑑~
 大井競馬場 その11 ~勝手に大井騎手名鑑その2~
 大井競馬場 その12 ~勝手に大井騎手名鑑その3~
 大井競馬場 その13 ~勝手に大井騎手名鑑その4~
 大井競馬場 その14 ~大井競馬 予想と攻略~
 大井競馬場 その15 ~大井競馬 予想屋&予想紙~
 大井競馬場 その16 ~大井競馬場 グルメ その1 第一仲商店~
 大井競馬場 その17 ~大井競馬場 グルメ その2 フードストリート ふか河~
 大井競馬場 その18 ~大井競馬場 グルメ その3 2・3号スタンドをまわる~
 大井競馬場 その19 ~大井競馬場 グルメ その4  幸福堂ほか~
 大井競馬場 その20 ~大井競馬場 グルメ その5  チェーン店を巡る~
 大井競馬場 その21 ~ふるさとコーナー~
 大井競馬場 その22 ~大井のはたらくくるま~
 大井競馬場 その23 ~大井競馬場ナイター~
 大井競馬場 その24 ~久々の大井~
 大井競馬場 その25 ~3号スタンドの現在~
 大井競馬場 その26 ~馬券の流れと騎手模様~
 大井競馬場 その27 ~大井競馬場グルメ その6 アサヒの雑煮ほか~
 大井競馬場 その28 ~大井こそ競馬最先端~
 大井競馬場 その29 ~大井競馬場アクセス 大森海岸から歩いてみる~
 大井競馬場 その30 ~大井競馬場第一駐車場やら勝平橋やら~
 大井競馬場 その31 ~食堂・あづまでしんみり食べる~
 大井競馬場 その32 ~大井競馬場 G-FRONTに行ってみた~
 大井競馬場 その33 ~G-FRONTに潜入してみた~
 大井競馬場 その34 ~有終の3号スタンドをひたすら愛でる~
 大井競馬場 その35 ~有終の3号スタンド指定席~
 大井競馬場 その36 ~大井競馬場の内馬場に行ってみた~
 大井競馬場 その37 ~大井競馬場の内馬場に行ってみた 後編~
 大井競馬場 その38 ~大井競馬場グルメ 2015年末~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]