笠松競馬場 その12 ~リーディングにご用心~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 笠松競馬場 > 笠松競馬場 その12 ~リーディングにご用心~

Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場
笠松競馬場の人気者、ハマちゃんこと濱口楠彦騎手。


*笠松競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 さて、前回は笠松競馬場のメシについていろいろと述べたが、メシを食っている以外の時間は日当たりのいいスタンドに腰かけてレースを楽しんでいた。
 笠松は1番人気が2着か3着に沈んで、3連単がそこそこつけるというパターンが多いイメージがあるが、この日のレース結果はことごとく大荒れかガチガチかがあまりにはっきりしたレースばかりで、荷桁も周りのおっちゃんもトリガミしか入らずかなりテンションが低くなってしまう馬券が多かった...

Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 馬券が当たらなければテンションは下がるが、レース自体を眺めているのはやはり面白いものだ。レース結果がどうであれ(ここ強調)。

 ゲートから出るあたりの光景は大きく変化のないおなじみの風景だ。

 現在の笠松競馬の騎手リーディングは東川公則騎手、向山牧騎手、尾島徹騎手の3人が僅差で争う状態が続いており、馬券的には実に妙味がある。ポイントとしては濱口楠彦騎手などのベテランや、名古屋からの遠征騎手、具体的には岡部誠騎手や丸野勝虎騎手などのほうが騎乗回数が少なくとも馬券に絡む可能性は非常に高いので、そのあたりに注意を払ったほうがいい。

 大原騎手、島崎騎手など地元の中堅は騎乗回数は多いが、あまり馬券に絡んできてくれないので騎乗回数に惑わされないこと注意が必要だ。これは調教師にも言えるので、出走頭数が多い=リーディング調教師という考えは捨てたほうがいいだろう。具体的には山中輝久厩舎、藤田正治厩舎、青木達彦厩舎は頭数のわりに馬券としてはイマイチなので気をつけたほうがいい。出走頭数が少なくとも馬券に絡む率が高い厩舎は本命なら厚めに狙うべきだ。まあ、一頭強い馬がいてそいつが勝ち続けた結果、その厩舎の連対率が上がってしまったということもあるので、ある程度見極めは必要になるが。


 ちょっとテクニカルな話になってしまったが、これからはレースを見ていて気がついたものを淡々と紹介していこう。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 まず、前回行った時よりも広告が増えていてびっくり。

 Numberは何か地方競馬特集でもやったんだろうか。楽天競馬はまだわかるけどちょっと珍しい出稿であるといえよう。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


お次は走路でこの一振りにかけるおじさん。ほかの競馬場よりもきっちりやるぞ感があって生真面目さを感じる。じっくり見ていると、いろいろと目についてくるものだ。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 そして、前回紹介し忘れていたゴール板。なんで前回紹介しておかなかったのだろう。
 ここも佐賀競馬と同じく「KASAMATSU HORSE RACE」という表記になっている。「KASAMATSU RACE COURSE」ではないのかなあ、まあいいか。


 そうこうしているうちにレースが進んでいったわけだが、この日は最後にちょっとしたセレモニーがあった。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 笠松所属の佐藤友則騎手が通算700勝を達成したのである。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 楽しげな感じでインタビューは進むが、最後に佐藤騎手は「笠松競馬を盛り上げていきたいので応援よろしくおねがいします」という文言でインタビューを締めた。


 最近、地方競馬の騎手インタビューを見ていると、こういうことをおっしゃる騎手がものすごく多い。やはり厳しい時代を反映しているということなのだろう。騎手の立場から売上に貢献するというのは難しいことなのかもしれないが、当事者意識を持っている若い騎手のこうした心意気を見ているとファンとしても頑張らないとなあと思う。

 笠松競馬もトラクター乱入させてレース不成立させてる場合じゃないっす。もっといいことで話題になれるよう頑張りましょう。


 というわけでぜひ笠松競馬場に足を運んでみてください。まずは夏のくろゆり賞あたり、いかがでしょうか!




 荷桁もまたそのうち足を運んでレポートしたいと思います。というわけで久々の笠松競馬レポートはこのあたりでおしまいといたします・・・。




>>次の記事へ



*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*笠松競馬場に関する記事は以下にもあります。

 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 笠松競馬場 その2 ~ラブミーチャンを見に~
 笠松競馬場 その3 ~土地訴訟問題~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その5 ~ラブミーチャンに注がれる愛~
 笠松競馬場 その6 ~久々に笠松行った~
 笠松競馬場 その7 ~馬専用道①~
 笠松競馬場 その8 ~馬専用道②~
 笠松競馬場 その9 ~久々に場内へ~
 笠松競馬場 その10 ~出遅れカンパイ~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 笠松競馬場 その12 ~リーディングにご用心~
 笠松競馬場 その13 ~アンカツが引退するぞ~
 笠松競馬場 その14 ~サブイチ共闘~
 笠松競馬場 その15 ~頭は前から~
 笠松競馬場 その16 ~笠松の現在~
 笠松競馬場 その17 ~日本一”出そう”な競馬場~
 笠松競馬場 その18 ~アンカツキターーー!!~
 笠松競馬場 その19 ~サブイチの断言~
 笠松競馬場 その20 ~アンカツ引退セレモニー~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]