笠松競馬場 その20 ~アンカツ引退セレモニー~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 笠松競馬場 > 笠松競馬場 その20 ~アンカツ引退セレモニー~

Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場
レースの合間にサイン会をこなすアンカツ


*笠松競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は笠松競馬場レポートその1からどうぞ。







 サブイチの相馬眼のおかげで、9レースも的中でさらに黒字額を積み上げた荷桁。

 最終レースは外れてもプラスだからいいや、と思いながらテキトーに買ったらあっさり外れてしまう。
 まあ、世の中そんなものだw


 さて、全レースが終了した笠松競馬場。いつもであれば、南関東のレースを1つか2つ、悪あがきでやってから帰るのだが、今日ばかりは勝手が違う。

 そもそも今日はこの人を見に来たんだった。安藤勝己騎手の、引退記念セレモニーである...



 よもやアンカツのことを知らない方はいないだろうということで、ここまであまり詳しくは触れてこなかったが、さすがに少しはアンカツと笠松の関係について触れておかねばなるまいな。


 アンカツこと安藤勝己騎手は、ここ笠松競馬場でデビューした騎手である。笠松をホームとし、お隣の名古屋競馬を含む東海公営で天才騎手として鳴らしていた男だ。
 その騎乗ぶりがあまりにすごいものだから中央競馬にも騎乗に行って、結果を残したりして、ついには地方の騎手で初めてJRAの騎手に移籍を果たすことになったのである。


 その後、天才肌の騎乗で中央でもG1を勝ちまくり、日本を代表する騎手になったのは言うまでもない。


 彼が地方所属の騎手の立場ながら中央で実績を残し、さらには移籍の道筋を残したことはかなり大きなことだ。


 現在中央でリーディング上位で活躍する、岩田騎手、内田騎手、戸崎騎手などももともと地方の騎手だ。もはや日本の競馬は彼ら無しでは語ることはできない。日本は中央競馬と地方競馬という二重構造を抱えその格差が問題になっているが、そこに一石を投じたという点でアンカツの存在は偉大なのである。



 以上、ざっくりとアンカツの説明でした。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 そんなアンカツがこのたび現役引退を表明したものだから、デビューの地である笠松も彼の功績を称えるためにセレモニーを開くということになったのである。

 
 にしても、もう少し何とかならんかったかね。この張り紙とか。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 最終レース終了後にもかかわらず、けっこうな人がアンカツのセレモニーを見ようとつめかける。報道陣もけっこういた。





Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場




 ターフビジョンのない笠松だが、なんとこの日ばかりはビジョントラックをリースしている気合いの入れよう。っていうか、コレ一日単位でリースしてるんだったら昼間の競馬にも使ったらよかったのに!ちゃんと元が取れているのか心配になるよ。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 しばらくするとアンカツ登場。


 アンカツと誕生日が同じで、小中の同級生で、騎手になっても一緒だったという、アンカツと縁があり過ぎて笑える濱口騎手と、現在の笠松騎手会長尾島騎手もセレモニーに参加するようで、一緒に待機している。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場



 しばらくすると、安藤勝己の軌跡なるVTRが流される。


 笠松時代からライデンリーダー、ビリーヴ、ダイワスカーレットなどに騎乗している様子が映し出された。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 その後、自治体や競馬関係の偉い方から感謝状などの贈呈。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 そして、笠松競馬の騎手代表である尾島騎手から花束贈呈。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 そして友人代表の濱ちゃん。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 この日一番の笑顔でした。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 そして、インタビューのコーナー。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 ありがちな質問ではあるが、一番乗りやすかった馬は?という問いにはキングカメハメハと答え、乗りづらかった馬は、大変だったという意味ではダイワスカーレットだったと答えていた。


 そして、一番思い出に残った馬は?と聞かれたときには「フェートノーザン」と答えていたのが印象的だった。


 理由としては笠松以外で乗る楽しみを教えてくれた、というようなことを言っていた。確かにダートグレード巡りで各地を転戦としていくのは楽しかったんだろうな。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 そして突如アンミツ登場。


 例によってたどたどしいかけあいであったが、思い出話に花が咲いた。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 そして笠松の他の騎手たちも登場。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 ベテラン東川騎手とも固い握手。


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 そして記念撮影。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場


 最後は胴上げ。みんな「重い!」と口々に言っていたが、なんとか成功。



 セレモニーはこれで終了。特にこれといった演出があったわけでもないが、心温まるセレモニーであった。



Kasamatsu Racecourse 笠松競馬場



 というわけで、笠松競馬場レポート、一旦終了します。


 まあ、近いですしそのうち行くと思いますので、またおつきあいいただければ幸いです。


 


>>次のレポートへ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*笠松競馬場に関する記事は以下にもあります。

 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 笠松競馬場 その2 ~ラブミーチャンを見に~
 笠松競馬場 その3 ~土地訴訟問題~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その5 ~ラブミーチャンに注がれる愛~
 笠松競馬場 その6 ~久々に笠松行った~
 笠松競馬場 その7 ~馬専用道①~
 笠松競馬場 その8 ~馬専用道②~
 笠松競馬場 その9 ~久々に場内へ~
 笠松競馬場 その10 ~出遅れカンパイ~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 笠松競馬場 その12 ~リーディングにご用心~
 笠松競馬場 その13 ~アンカツが引退するぞ~
 笠松競馬場 その14 ~サブイチ共闘~
 笠松競馬場 その15 ~頭は前から~
 笠松競馬場 その16 ~笠松の現在~
 笠松競馬場 その17 ~日本一”出そう”な競馬場~
 笠松競馬場 その18 ~アンカツキターーー!!~
 笠松競馬場 その19 ~サブイチの断言~
 笠松競馬場 その20 ~アンカツ引退セレモニー~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]