荒尾競馬場 その12 〜荒尾競馬場 看板ギャラリー前篇〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 荒尾競馬場 > 荒尾競馬場 その12 〜荒尾競馬場 看板ギャラリー前篇〜

荒尾競馬場 Arao Race Course
荒尾競馬場のパドック。ジョッキーみんなで整列。


*荒尾競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 冒頭の写真はこの日の荒尾競馬場メインレース、たんぽぽ賞のパドックの様子です。やけに人数が多いなあとお思いの方は非常にするどい。荒尾競馬場では12頭立てのレースは非常に珍しい光景なのです...

荒尾競馬場 Arao Race Course

 したがって、パドックの出馬表が若干苦しげなことになっていてとってもラブリー。どうやってつなげてんのかなあれ。しかし、なんで最初から少し大きめに作っておかなかったのかしら・・・。


 メインレースも含め残りレースもわずかになってきたので、ここから先は荷桁も気合いを入れて馬券を買うとともに、より一層場内を徘徊し、荒尾競馬場に関する数多くの記録を残していくこととあいなった。


 さて今回はそのときに撮った写真の中でも特に「看板」にスポットを当ててご紹介していきたいと思う。なんで看板やねんという疑問をお持ちになるかもしれませんが、地方競馬場にある看板というのは古いものが多くなかなか資料的価値がある(たぶん)とともに、デザインがレトリックでなかなか個人的にはそそる観察対象なのです。


 というわけで突如はじまりました、荒尾競馬場看板ギャラリー!(パフパフ)

 最初の写真はこちら。どん!


荒尾競馬場 Arao Race Course

 いきなり、お客に対して二カ条を叩きつける非常に体育教師的な看板。場内のいたるところにある。なかなか達筆で素敵。違反の「反」の字や開催の「開」の字がステキだわ。


荒尾競馬場 Arao Race Course

 こちらはさらにノミ行為に深く踏み込んだ内容に。こちらも同様の書体で達筆。行為の「為」の字がかなりイカしている。


荒尾競馬場 Arao Race Course

 同じ流れで、これなんかも何気ないけど対照的な文言を並列させているという点では結構シュールだよな。すごいこわもてのおじさんが子どもに風船とか配ってあげてるシュールさとでも言おうか。

 しかし、昨今は芸能界では暴追、暴追と言っているが競馬場ではずいぶん前から掲げていたんだな。


荒尾競馬場 Arao Race Course


 続いては降着制度の看板である。競馬法で降着制度が採用されたのは平成3年のことだからもう20年くらい前の看板が残っているということになる。地方競馬に行くと結構多くの競馬場でこうした看板が残っているが、中央ではまず見られない逸品であろう。


 どうですか?看板ひとつ取ってみてもなかなかおもしろくないですか?


 なんか、尺が長くなってきたのでこの次の回でも引き続き看板をご紹介していく所存です。毎度毎度恐縮ですが、もう少しだけ荒尾競馬場レポートにお付き合いください・・・。


 

>>荒尾競馬場レポートその13へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*荒尾競馬場に関する記事は以下にもあります。

 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 荒尾競馬場 その2 ~まずはパドックへ~
 荒尾競馬場 その3 ~炭鉱はなくなれど~
 荒尾競馬場 その4 ~荒尾競馬グルメ~
 荒尾競馬場 その5 ~新幹線もできたことだし~
 荒尾競馬場 その6 ~いざ有終の荒尾へ~
 荒尾競馬場 その7 ~荒尾に来たぞ武豊~
 荒尾競馬場 その8 ~2011年ljs 荒尾ラウンド~
 荒尾競馬場 その9 ~トークショーやら表彰式やら~
 荒尾競馬場 その10 ~忘れグルメを食べにきました~
 荒尾競馬場 その11 ~特観席からの眺望~
 荒尾競馬場 その12 ~荒尾競馬場 看板ギャラリー前篇~
 荒尾競馬場 その13 ~荒尾競馬場 看板ギャラリー後篇~
 荒尾競馬場 その14 ~荒尾競馬 最後の徘徊~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]