函館競馬場 その15 ~パドックシートとスタンド1階~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 函館競馬場 > 函館競馬場 その15 ~パドックシートとスタンド1階~

函館競馬場の1階エントランス
函館競馬場の1階エントランス




*函館競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は函館競馬場レポートその1からどうぞ。






 どうも。荷桁です。



 前回のレポートでは函館競馬場の周りをうろうろしているだけでしたが、いよいよ今回のレポートからは函館競馬場の場内に入ることにいたします。



 函館競馬場は、ゲートを入ると、このようにいきなりスタンドの一階に入るような構造になっているのだが(スタンドの1階に入場ゲートがあるという言い方の方が正しいのかもしれないが)、以前のレポートで申し上げたとおり、函館競馬場はスタンドの1階は上の写真のエントランス以外にはほとんど空間がなく、いきなり2階に上がらされるという少し不思議な作りになっている。



 今回のレポートではそんな猫の額ほどの函館競馬場スタンド1階部分と、エスカレーターを上がったところに広がるパドックシートの様子を見ていきたいと思います。



 以前のレポートと被る部分もあるのですが、そのへんはひらにご容赦くだされ。



 また、既にお気づきの方も多いと思いますが、荷桁が訪問した2016年は函館競馬場開設120周年ということで色んな展示などがされておりましたので、そんな様子も注目頂けますと幸いです...


函館競馬場のノーザンホースパークのショップ



 スタンド1階に入ると、まず目につくのがこちらのグッズ売り場だ。



 見てのとおり常設ではなく、いつでもあるものではないが、ノーザンホースパークの上りが立っており、他の競馬場とは一味違ったグッズが置かれているようである。
 
 

 ノーザンホースパークはネット通販もやっているので、そのサイトを見ればどんなものが売っているかはだいたいイメージができると思う。



 もし興味のある品があれば、函館競馬場訪問時にノーザンホースパークのショップが出ているかどうかあらかじめ調べておくのもよいだろう。




函館競馬場の臨時ターフィーショップ



 その向かいにはターフィーショップもお店を出している。



 函館競馬場はいわゆる常設型のターフィーショップがなく、このような臨時出店で対応しているようだ。開催中に行って、ショップがないということはまずないだろうが、場外発売日だと出店していない可能性もあるので注意されたし。





函館競馬場の手荷物預かり所



 ターフィーショップのすぐ脇には手荷物預かりもある。



 手狭なせいか、写真のように手荷物預かりとは関係のないブースがでていたりもするが、気にせずに荷物を預けてくれたまへ。




函館競馬場のシャトルバス時刻表



 エントランスにはこんな感じでシャトルバスや路線バスの時刻表も掲示してある。シャトルバスとは言いながら有料なので特に驚くものでもないが、函館空港や函館駅前まで競馬場の前から直行するバスは便利ではあるので、もし興味がある方は行ってみた際にチェックしてみてもよいだろう。




函館競馬場のエントランス


 さて、そんなこんなで、エントランスを見渡したら、2階に上がることにしよう。



 先述のとおり、函館競馬場のスタンドは1階はほとんどスペースがなく、すぐに2階に上がらなくてはならないのだ。




函館競馬場のパドックシート


 さて、エスカレーターを上がるとご存知、パドックシートが広がっている。


 以前の函館競馬場レポートでもご紹介したが、函館競馬場は、この、パドックを見渡せるパドックシートが異様に充実しているという特徴がある。



 場外発売日が多く、冬は厳しい気候なので、室内で快適に過ごせる座席には需要があるのだろう。座席番号がふってあるため、場合によっては有料席にすることもできるようになっている。




函館競馬場のパドックシート最前



 パドックシートの前の方は、背もたれも大きく、かなり豪華な作りになっている。これなら有料になっても仕方がない、というレベルの座席だ。




函館競馬場のパドックシート畳



 さらに中段には、畳でゴロゴロできるゾーンも存在している。この畳席は両サイドにあるので、興味がある方は是非ゴロゴロしてくれい。



函館競馬場のパドックシート



 上の段はやや簡素な椅子になる。


 もし場所取りダッシュなどをするのであれば、座席タイプの違いがあるのは知っておいてもよいだろう。




函館競馬場のパドックシートからの眺め



 まあ、何だかんだ申し上げましたが、このパドックシートは函館競馬場の醍醐味のひとつでもあるので、満席なことが多いものの、もしチャンスがあれば狙ってみるのもよいだろう。




 さて、1階エントランスから2階のパドックシートを見てまいりまして次回以降も函館競馬場のスタンドをうろついてまいりますので、引き続き宜しくお願いいたします。




 



>>函館競馬場レポートその16へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 門別競馬場 その1 ~競走馬のふるさとへ~
 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 旭川競馬場 その1 ~北に競馬があるから~
 帯広競馬場 その1 ~富良野をぬけて帯広へ~



*函館競馬場に関する記事は以下にもあります。

 函館競馬場 その1 ~苫小牧をぶらつく~ 
 函館競馬場 その2 ~函館のアホ~ 
 函館競馬場 その3 ~日本全国競馬場制覇~ 
 函館競馬場 その4 ~美しく小ぢんまりした競馬場~ 
 函館競馬場 その5 ~函館競馬場パドック~ 
 函館競馬場 その6 ~はなみちで馬の流れを見逃すな~ 
 函館競馬場 その7 ~函館競馬場 スタンド~ 
 函館競馬場 その8 ~函館競馬場 馬券道~ 
 函館競馬場 その9 ~函館競馬場 グルメ~ 
 函館競馬場 その10 ~函館競馬場 グルメ 後編 ラッキーピエロ・ハセガワストアほか~
 函館競馬場 その11 ~函館競馬場 アクセスと駐車場~
 函館競馬場 その12 ~函館競馬場 指定席の整理券配布~
 函館競馬場 その13 ~函館競馬場を一周してみる~
 函館競馬場 その14 ~場内に入るその前に~
 函館競馬場 その15 ~パドックシートとスタンド1階~
 函館競馬場 その16 ~ダッグアウトパドックに行ってみた~
 函館競馬場 その17 ~スタンド2階 雲の広場とホースヴィスタ~
 函館競馬場 その18 ~スタンド3階 光の広場~
 函館競馬場 その19 ~函館競馬場 指定席~
 函館競馬場 その20 ~芝生席・一般席とグループシート~
 函館競馬場 その21 ~風の広場周辺 馬頭観音、ふれあいパドック~
 函館競馬場 その22 ~函館競馬場 内馬場の公園 緑の広場~
 函館競馬場 その23 ~函館競馬場 グルメ いちいのイカ刺しがあった頃~
 函館競馬場 その24 ~函館競馬場 グルメ あじさい はつね 福三 美鈴~
 函館競馬場 その25 ~函館競馬場 グルメ Two daysほかイベント出店系~
 函館競馬場 その26 ~いつかまた函館で~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]