名古屋競馬場 その4 〜JBC09' in "どんこ"〜 そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 名古屋競馬場 > 名古屋競馬場 その4 〜JBC09' in "どんこ"〜

名古屋競馬場



*名古屋競馬場レポートのつづきです。
初めからお読みになる方は名古屋競馬場レポートその1からどうぞ。





どうも。荷桁です。

ここまで東京競馬、名古屋競馬、金沢競馬と、ぽつりぽつりと記事を書いてまいりましたが、11月初頭に我らが故郷である名古屋の土古で行われたJBC競走にふらっと行ってきたので、レポートしたいとおもいます。


とりあえず、JBCというのは毎年いろいろな競馬場で持ち回りで行われている競走だということはまあ、みなさんご存知かと思います。
個人的には2007年の大井に次いで2回目の観戦になります。


 さて、11月3日、天気に恵まれた名古屋競馬場に行ってみると・・・すさまじい人の数(笑)

名古屋競馬


 荷桁も基本的には盆暮れ正月はじめ、長期休暇で里帰りをしているときくらいにしか名古屋競馬に行かない立場なので、行くときというのはそこそこ混みあっているのだが、この混み方は明らかにこの競馬場のキャパシティをオーバーしているのではないだろうか・・・というくらいの人だ。まあ、昔は毎日このくらい人を集めていた時代もあったのかもしれないが。

 もちろん馬券も並ばないと買えないので、一番4角寄りの小さなスタンドの売り場(ここだけガラガラ)を本拠地にすることに。
 ゴール板前はカメラを構えたにわか名古屋けいばユーザーがほとんどで、名古屋弁コテコテの常連おじさんたちは隅に追いやられ微妙な表情だ。

 ちなみに今回のJBCは何故か引田天功がイメージキャラクターに起用されている。
 このセンスがよく分からないが、まあなんだ、華やかっちゃ華やかなのかなあ。


 人だらけのパドックで馬を見て、1レースから購入。

名古屋競馬

 ここに来るのは正月開催以来しばらくぶりなので、馬券のほうは自信がなかったのだが、あっさり2レース目で三連単が入る。

 しかもこれが意外と配当をつけたため早々と楽なムードに。

 勝利の祝杯を地元の味であるどて串とビールで上げる。




 故郷の味と故郷の馬券のやさしさにふれて涙がこぼれるぜ。


 そして昼飯はもちろん「あらぶセット」でキメる。

あらぶセット

 あらぶもこの日はそこそこは賑わっていたが、遠方より来るにわかファンの食べ物に対する需要は当然ながらあらぶよりも売店の味噌串カツやどて煮に集まり、結局あらぶにはいつもと変わらぬ常連が集う。おそらくそのあたりを読み違えたのか、増員したアルバイトたちもそこまで稼動しておらず、ちょっぴり切なくなった。


 さて、レースに戻ろう。

 この日は当然ながら、全国の地方競馬場やJRAからも騎手が参戦してくる日なので、そういう面々を名古屋で見られるおもしろみというのももちろんある。

 金沢の吉原Jは相変わらず楽しげ。

吉原寛人


 JRAの岩田Jも枠番色の勝負複で一般レースに騎乗。お祭りムードが漂っているせいか笑顔もこぼれどこか楽しげ。

岩田康誠


 大井でお世話になった戸崎Jも久々に見ることができました。妙に精悍。

戸崎圭太

 あとユタカJ。
武豊

 東京にいたころも大阪に住んでいる現在もG1はほとんど欠かさず見ていたので、個人的には武豊Jを見てももういいかげん何とも思わないのだが、名古屋の競馬ファンには生ユタカは刺激が強いらしく、周りはユタカユタカとおおはしゃぎ。名古屋でさえもこれなのだから況や岩手や佐賀をや、である。こういうことも交流重賞の貴重な役割なのかもしれないな。
 
 一方やりづらそうなのは地元名古屋のジョッキーたち。
いつもやつれ気味の倉知ジョッキーも、視線のやり場に困っている。
倉知学


 メインの2つのレースは、やっぱり交流重賞らしくガチガチに決まる結果に。馬券も当たらず。配当もおいしくないいつものパターンにがっくり。

 スプリントのほうはかつてのレイナワルツのような紛れ込みに期待してたんだけどなあ・・・。

 クラシックのほうは、ヴァーミリアンが強かったです。

名古屋競馬場
:JRA三頭の叩き合いは見応え十分でした。


 しかし最終レースは、かつて名古屋にいてJRAに行って帰ってきた人気落ちの馬から三連複を買ったところ、見事バテまくりながらも3着に粘ってくれて高配当をゲット。

 昔名古屋で逃げてた馬でJRA帰りならテンのスピードが違うから1枠ひいたら100%行ききるわなあ、そしたら3着粘りこみはありうるだろうな、という名古屋のクセをある程度把握していたからこそ取れた馬券でした。うーむ、やっぱり、長く通ってみるもんですね。


 結局終わってみれば、大阪からの交通費を差し引いても結構儲かって名古屋競馬場をあとにすることができた。

 多くのファンが名古屋駅へあおなみ線で向かう中、混雑を避けて名鉄神宮前行きの無料バスに乗り込む。そして、名駅まで電車で移動して居酒屋で深々と味が染み込んだ味噌おでんを食べて大阪に帰る。


名古屋競馬

 久々の故郷は、故郷を捨てて放浪しているこんな僕にもやさしく接してくれました。

 


>>次の記事へ
>>名古屋競馬場レポートその5へ


*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~


*名古屋競馬場に関する記事は以下にもあります。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 名古屋競馬場 その2 ~名古屋競馬場 パドック~
 名古屋競馬場 その3 ~名古屋競馬場グルメ~
 名古屋競馬場 その4 ~JBC09' in "どんこ"~
 名古屋競馬場 その5 ~あらためて名古屋競馬~
 名古屋競馬場 その6 ~名古屋競馬場 アクセス~
 名古屋競馬場 その7 ~名古屋競馬場 第1スタンド~
 名古屋競馬場 その8 ~名古屋競馬場 第2スタンド・特観席~
 名古屋競馬場 その9 ~名古屋競馬場 第3スタンド~
 名古屋競馬場 その10 ~名古屋競馬場 東スタンド~
 名古屋競馬場 その11 ~名古屋競馬場グルメ 第2弾 えびすや~
 名古屋競馬場 その12 ~名古屋競馬場グルメ 第3弾 大矢屋ほか~
 名古屋競馬場 その13 ~名古屋競馬場グルメ 第4弾 大島屋~
 名古屋競馬場 その14 ~名古屋競馬場グルメ 第5弾 勝や・当たり屋・酒津屋~
 名古屋競馬場 その15 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第1弾~
 名古屋競馬場 その16 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第2弾~
 名古屋競馬場 その17 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第3弾~
 名古屋競馬場 その18 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第4弾~
 名古屋競馬場 その19 ~勝手に名古屋騎手名鑑 第5弾~
 名古屋競馬場 その20 ~名古屋競馬 馬券術~
 名古屋競馬場 その21 ~あらためて名古屋競馬徘徊~
 名古屋競馬場 その22 ~名古屋競馬看板ギャラリー~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]