園田競馬場 その12 ~園田競馬場 パドック~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 園田競馬場 > 園田競馬場 その12 ~園田競馬場 パドック~

Sonoda Racecourse 園田競馬
園田競馬場のパドック。花が美しい。



*園田競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。




 さて、園田競馬場レポートの続きです。


 ここまでスタンドばかり紹介してまいりましたが、そろそろ馬券やレースのことも気になってくるところでございましょう。


 そもそも園田競馬場レポートをここまで11回も書いておきながら、まだそういう話をまったくせずに、スタンドばかりうろうろしているということ自体が、もはや問題行為かもしれませんな。


 というわけで、まっとうに馬券の検討をすべく、まずはパドックに向かうことにいたしましょう。


 そんな流れで、本日、このレポートでは園田競馬場のパドックをご紹介してまいります...



Sonoda Racecourse 園田競馬場


 園田競馬場のパドックはスタンドの裏手、入場門のすぐ脇に存在している。比較的敷地の外に近いエリアで、壁の向こうは道路という地方競馬にはままあるポジショニングだと言えよう。



園田競馬場



 パドックは左回りの楕円形というポピュラーな形である。


 地方競馬場にはまだ地面が土のパドックなんかもよく見かけるが、さすがに園田はそんなことはなく、綺麗なラバーの路面になっている。その辺は、さすがに園田ですからね・・・。



園田競馬場


園田競馬場


 この比較的よいパドックを馬たちが闊歩していく。いわゆる通常のパドックの光景だ。



園田競馬場


 パドックと言えば、やはり気になるのが誘導馬。


 園田競馬は誘導馬が芦毛の馬で統一されている。写真はメイショウシャーク(中央2勝)。このほか、アイスバーグという馬が誘導にあたっている。



Sonoda Racecourse 園田競馬場


 しかし、何といっても有名だったのはこちらのマコーリーであろう。


 姫路競馬場レポートでもご紹介したが、ベテランの誘導馬で、2015年10月まで誘導馬を務めていた名馬である。引退時にはなんと30歳になっており、オグリキャップやサッカーボーイと同級生だ。人間でいうと120歳とも言われる高齢馬でありながらも誘導馬を務めていたのだから驚きである。


 マコーリーは中半血という品種で、母は不詳。競走馬として活躍したわけではないが、こうしたスゴイ馬が園田にはいたんだよということで記録に残しておこうと思う。



園田競馬場


 園田競馬場のパドックは比較的大きな楕円形でありながらも、お客さんが眺めることができるスペースは少ない。先述のとおり、道路に近いところにあるため、楕円形のパドックのおよそ半分程度しかお客がかぶりつきで見られる部分がないのだ。交流重賞の時なんかは最前列確保は難しいと思われるので注意が必要だ。



Sonoda Racecourse 園田競馬場



 一応、パドックの周りは段差になっているが、微妙な高低差。見えると言えば見えるが、やや快適性には欠けるのかなあ。まあ、普段は空いているのであまり気にすることもないのだが。


Sonoda Racecourse 園田競馬場


 それでも、馬券オヤジたちの熱い視線は万国共通である。特に園田は老人も多い一方で、客層に中年の比率がやや高く、鉄火場感あるな。パドックの周りの人たちって写真を撮るとこういう色合いになるのよねえ。何故か。



Sonoda Racecourse 園田競馬場


 パドックの裏にあるスクリーンは建屋の大きさのわりに小さいが、まあ建屋との比率を気にしなければなかなか大きく、電光なのでナイター時も比較的快適に出馬表やオッズが参照できる代物だ。



Sonoda Racecourse 園田競馬場


 このスクリーンがついている建屋の下にジョッキーの待機スペースがあり、時間になると整列して騎乗となる。




Sonoda Racecourse 園田競馬場



 個人的な印象だが、園田競馬場は騎手がこの待機所までやってこないケースが他の競馬場に比べて多く感じる。ようするに、整列→騎乗→周回の流れに参加しない騎手が多いのだ。


 もちろん先入れなどの都合はあるのだろうが、だいたいどのレースも2~4頭くらい、ジョッキーが騎乗せずにパドック周回を終えているイメージ。いろいろ地方競馬も回ってきたが園田が一番多い気がする。


 もちろん騎手や馬の都合を優先することに異議はないのだが、ファンサービスという観点で見ると、どうなんだろうと思わないでもない。競馬女子なんかはパドックで好きな騎手も見たいだろう。予想する側としても騎乗の際の仕種や雰囲気は興味深いので見れるものなら見たいもの。せめて観客の多いナイターの時は意識して揃うようにするなど、一考願いたいところだ。



Sonoda Racecourse 園田競馬場


 周回が終わるとパドックの西側から本場馬へ進む通路に出ていくことになる。


 本場馬までは少し距離があるので、本場馬入場も見たい場合は小走りで走路まで行けば比較的余裕を持って見られるだろう。



 さて、いかがでしたか。園田競馬場パドック、正直、姫路競馬場のパドックような強烈な個性はありませんが、馬との距離が近い、地方競馬に来たからにはしっかりパドックも見ておかないとということもありますので、お越しの際は是非立ち寄ってみてください。


 今回はパドックを見ただけで終わってしまいましたが、次回以降も馬券やレースの話を続けてまいります・・・。



 


>>園田競馬場レポートその13へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜


*園田競馬場に関する記事は以下にもあります。

 園田競馬場 その1 ~園田競馬は尼崎~
 園田競馬場 その2 ~園田競馬場アクセス~
 園田競馬場 その3 ~アクセスの続き~
 園田競馬場 その4 ~ちびっこと棋士たち~
 園田競馬場 その5 ~園田競馬場スタンド 高濃度オッサンエリア~
 園田競馬場 その6 ~園田競馬場 スタンド1階~
 園田競馬場 その7 ~園田競馬場 スタンド2階~
 園田競馬場 その8 ~園田競馬場 スタンド3階~
 園田競馬場 その9 ~配管偏愛~
 園田競馬場 その10 ~第四投票所~
 園田競馬場 その11 ~第五・第六投票所~
 園田競馬場 その12 ~園田競馬場 パドック~
 園田競馬場 その13 ~園田競馬場 予想紙と予想屋~
 園田競馬場 その14 ~園田競馬場 コースと予想~
 園田競馬場 その15 ~園田競馬場 馬券攻略を考える~
 園田競馬場 その16 ~レースを眺めつつ~
 園田競馬場 その17 ~園田競馬場グルメ 明石屋のたこ天・西ホルモン・園田屋ほか~
 園田競馬場 その18 ~園田競馬場グルメその2 西宮 つるまるほか~
 園田競馬場 その19 ~園田競馬場グルメその3 あたりや・ポニー~
 園田競馬場 その20 ~園田競馬場グルメその4 三木屋~
 園田競馬場 その21 ~園田競馬場グルメその5 一八、さくら~
 園田競馬場 その22 ~園田競馬場グルメその6 喫茶ファーム、しらゆり~
 園田競馬場 その23 ~園田競馬場グルメその7 ミュンヘン、阪急食堂の思い出~
 園田競馬場 その24 ~園田競馬場看板ギャラリー~
 園田競馬場 その25 ~園田競馬場 その金ナイター~
 園田競馬場 その26 ~園田競馬場を一周してみる 前編~
 園田競馬場 その27 ~園田競馬場を一周してみる 後編~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]