大井競馬場 その13 ~勝手に大井騎手名鑑その4~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 大井競馬場 > 大井競馬場 その13 ~勝手に大井騎手名鑑その4~

大井競馬場 Ohi Racecourse
大井競馬場入口のパネル。戸崎&文男。的場騎手のとこから子どもや若い人が顔出しても違和感ありありだろうに。


*大井競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は大井競馬場レポートその1からどうぞ。

また、大井競馬場は2014年以降大規模な改修が行われたため、レポートが現在の様子と大きく異なる点があることをご承知おきください。





 なんだか長くなってきてしまったこのシリーズですが、書き始めてしまったので、最後まで書き続けましょう。


 大井所属の騎手を紹介し、ついでに大井で押さえておくべき他場の騎手を紹介している本コーナーですが、前回は船橋の騎手を紹介しているうちについつい長くなってしまいまして、申し訳ございませんでした・・・。


 今回も大井競馬場にやってくる他場の騎手について、触れていくことにいたしましょう。もう今回で終わらせます...



大井競馬場 Ohi Racecourse


大井競馬場 Ohi Racecourse


 大井で馬券の悩みのタネと言えば、やはり写真上の吉田稔騎手や吉原寛人騎手、北海道から五十嵐冬樹騎手あたりが出稼ぎにきているときであろう。

 前回も述べたが、南関東は賞金水準がほかの競馬場に比べて高いので、交流レース参加のため、武者修行のため、冬の休止中の食い扶持のため、地元で干されたためなど様々な理由で各地のトップジョッキーが大井で短期的に騎乗することが多いのである。


 当然のことながら彼らは騎手としての腕前は一流なので、来ているときには地元の騎手以上に騎乗数が多いこともあり、印を背負うことも多々ある。ただ、決して大井で乗り慣れているわけでもないので、全幅の信頼を置きづらく、予想としても悩みどころであることが多い。


 馬券としては吉原騎手はある程度人気していれば買いだが、吉田騎手と五十嵐騎手は時と場合によるというのが個人的な見解だ。まあ吉田騎手は引退してしまったし、このあたりの判断は本当に馬で判断すべきである(逃げた)。



 さて、とはいえ、こうした出稼ぎ騎手は少数派であるので、あまり気にせず、南関東の他場騎手に関しての話を進めていこう。



大井競馬場 Ohi Racecourse


 前回は船橋の騎手を多く紹介したが、浦和からも少ないながら大井に騎乗しに来ている騎手がちょいちょいいる。

 浦和といえば繁田騎手がリーディングとして知られているが、今回ご紹介するのは、加藤和博騎手だ。
 浦和での騎乗よりも大井での騎乗のほうが連対率がいいという、おかしな人なのだが、こういうキャラクターをきちんと把握してこその大井攻略だということを忘れてはならないだろう。


大井競馬場 Ohi Racecourse


 さてさて、浦和のお次は川崎からの騎手をご紹介していくことにしよう。

 川崎から大井に来ていて結果を出している騎手というと、筆頭格は山崎騎手なのだが、写真がたまたま手元にないので、今回は無難に今野忠成騎手から紹介しておこう。

 今野騎手は川崎競馬場レポートでも紹介した、川崎のトップ騎手である。近年は戸崎騎手に存在感を奪われている感はあるが、やはり川崎の名人と言えばこのお方のほかにはない。
 ただ、ひとつ注意したいのは、今野騎手は南関東4場の中で大井を一番苦手にしているということである。ほかの場では連対率20%を超えてくるのだが、大井だけはなぜか奮わない傾向にある。このあたり注意しつつ馬券を買うべきかもしれない。



大井競馬場 Ohi Racecourse


 そんな中、ついつい大井で馬券を買わされそうになるのが(っていうか買っているのが)町田直希騎手である。

 ビービートルネードでいきなり東京ダービーを勝って一躍大井での有名人になったせいか、けっこう大井で見かける川崎の騎手の一人である。

 またこれ、△が2つとか▲1つくらいの印で単勝15~30倍くらいの馬に乗っているのでついつい買ってしまいたくなるポジションなのだが、意外なことにことさら大井で成績がいいわけでもないらしい。ただ、大井では珍しい淡々と乗るタイプの若手なので荷桁個人的には好きな騎手の一人である。



大井競馬場 Ohi Racecourse


 そしてお次に川崎からご紹介するのは、元荒尾のトップジョッキー杉村一樹騎手である。

 荒尾競馬廃止後、川崎に移籍しその後ご活躍されているのはこんなサイトをご覧のみなさんであれば周知のとおりかと思うのですが、この杉村騎手も大井に乗りに来ている川崎騎手の一人である。

 ただ、杉村騎手も今野騎手同様、内弁慶の傾向があるようで川崎でのパフォーマンスに比べて、大井では若干劣る傾向にある。荒尾NO1の名声は冷静に受け止めて、馬券の組み立てをしていったほうがいいだろう。




大井競馬場 Ohi Racecourse


 そして、川崎と言えば忘れてはならない、このオッサン笑

 何度も述べているようにこのオッサンは荷桁が個人的に好きな騎手だ。誰とは言わないが、東京ダービーで、サイレントスタメンとか持ってきてしまう追い込み大好きなオッサンである・・・。

 追い込みが好き=大井好きという構図は必ずあると思うので、大井では常に追いかけるようにしているのだが、先月ハイセイコー記念を人気薄で制してくれて、やっと配当をもたらしてくれて、ありがとうございまいた。


 今後とも応援しております。



 ってなわけで、大井競馬場でおさえておくべき騎手を大方ご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 ちょっと長くなってしまった感はありますが、まあ、こういう紹介も今後しっかりやっておくべきかなあとも思いつつ、ひとまず、このあたりで終わっておこうと思います。

 焼酎飲みながら更新すると、よくわからない文章になってしまうな。


 さて、スタンド・パドックから騎手に脱線してしまいましたが、今後はしっかりと大井競馬場レポートを再開してまいりますので、ご安心いただければと思います。


 

>>大井競馬場レポートその14へ


*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 川崎競馬場 その1 ~鉄火場シティ川崎~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 盛岡競馬場 その1 ~天国に一番近い競馬場~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 フートー競馬場 その1 〜さらにベトナム競馬へ〜
 ガルフストリームパーク競馬場 その1 〜アメリカ競馬事始〜
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜


*大井競馬場に関する記事は以下にもあります。
 大井競馬場 その1 ~大井町競馬場ではありません~
 大井競馬場 その2 ~ホームから厩舎を見下ろす~
 大井競馬場 その3 ~京急立会川から歩く~
 大井競馬場 その4 ~大井競馬場 正門~
 大井競馬場 その5 ~4号スタンド~
 大井競馬場 その6 ~2・3号スタンド~
 大井競馬場 その7 ~ディープ大井へようこそ~
 大井競馬場 その8 ~1号スタンド l−wIng~
 大井競馬場 その9 ~昼の大井競馬場 パドック~
 大井競馬場 その10 ~勝手に大井騎手名鑑~
 大井競馬場 その11 ~勝手に大井騎手名鑑その2~
 大井競馬場 その12 ~勝手に大井騎手名鑑その3~
 大井競馬場 その13 ~勝手に大井騎手名鑑その4~
 大井競馬場 その14 ~大井競馬 予想と攻略~
 大井競馬場 その15 ~大井競馬 予想屋&予想紙~
 大井競馬場 その16 ~大井競馬場 グルメ その1 第一仲商店~
 大井競馬場 その17 ~大井競馬場 グルメ その2 フードストリート ふか河~
 大井競馬場 その18 ~大井競馬場 グルメ その3 2・3号スタンドをまわる~
 大井競馬場 その19 ~大井競馬場 グルメ その4  幸福堂ほか~
 大井競馬場 その20 ~大井競馬場 グルメ その5  チェーン店を巡る~
 大井競馬場 その21 ~ふるさとコーナー~
 大井競馬場 その22 ~大井のはたらくくるま~
 大井競馬場 その23 ~大井競馬場ナイター~
 大井競馬場 その24 ~久々の大井~
 大井競馬場 その25 ~3号スタンドの現在~
 大井競馬場 その26 ~馬券の流れと騎手模様~
 大井競馬場 その27 ~大井競馬場グルメ その6 アサヒの雑煮ほか~
 大井競馬場 その28 ~大井こそ競馬最先端~
 大井競馬場 その29 ~大井競馬場アクセス 大森海岸から歩いてみる~
 大井競馬場 その30 ~大井競馬場第一駐車場やら勝平橋やら~
 大井競馬場 その31 ~食堂・あづまでしんみり食べる~
 大井競馬場 その32 ~大井競馬場 G-FRONTに行ってみた~
 大井競馬場 その33 ~G-FRONTに潜入してみた~
 大井競馬場 その34 ~有終の3号スタンドをひたすら愛でる~
 大井競馬場 その35 ~有終の3号スタンド指定席~
 大井競馬場 その36 ~大井競馬場の内馬場に行ってみた~
 大井競馬場 その37 ~大井競馬場の内馬場に行ってみた 後編~
 大井競馬場 その38 ~大井競馬場グルメ 2015年末~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]