小倉競馬場 その33 ~藤田菜七子とメイショウカイドウ~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 小倉競馬場 > 小倉競馬場 その33 ~藤田菜七子とメイショウカイドウ~

小倉競馬場のコースを西日が照らす
小倉競馬場のコース


*小倉競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は小倉競馬場レポートその1
からどうぞ。




 さて、小倉競馬場もこれで33本目になりましたが、ここいらで一区切りといたしましょう。ここまで長きに渡って小倉競馬場の場内の様子をご紹介してまいりましたが、今回は少し趣を変えまして、荷桁が訪問した2017年9月3日の小倉開催の様子をレポートしたいと思っております。



 この日は2017年の最後の小倉競馬開催でありました。例によって荷桁は旅打ち旅行を敢行し、広島競輪→山陽オート→下関競艇と3か所のレース場をまわって、最後にこの小倉競馬場にやってきたのでありました。



 実は、この日の小倉競馬場はいろいろと見どころが盛りだくさんだった日でございました。ひとつはメインレースにて小倉2歳ステークスという重賞が開催される日だったこと。もうひとつはその小倉2歳ステークスにて藤田菜七子騎手が騎乗するということ。さらにもうひとつは長年誘導馬として活躍してきたメイショウカイドウが引退をする日だったということであります...


 小倉2歳ステークスは毎年のことなのでともかくとしても、関東所属の藤田菜七子騎手の小倉競馬参戦はかなり珍しいことで、さらに今回は藤田騎手自身3回目となる重賞騎乗、かつ勝てる可能性のある馬での参戦ということもあり戦前からけっこうな話題になっていたのであります。これに加えて小倉で重賞4勝などの実績があり誘導馬としても圧倒的人気を誇っていたメイショウカイドウが誘導馬を引退するということもあり、いろいろと見なくてはならないものが多かった日だったのでございます。



 というわけで、今回のレポートではそんな2017年9月3日の小倉開催の様子をゆるゆると振り返っていきたいと思っておりますので、よろしくお付き合いいただけますと幸いです・・・。




小倉競馬場のメインゲート



 この日は混雑するだろうなあ、と言うのはなんとなく察知ができたので、朝早めに宿を発ち、朝8時くらいに小倉競馬場のメインゲートにやってきたのだが、なんと既に指定席は満席(公式発表では7時41分に整理券の配布終了)であった。まあ、整理券もらえたらラッキーくらいの気持ちではあったのだが、その前の年よりかなり早い段階での満席ということで、さすがは藤田菜七子効果といったところである。



 ちなみに後日の新聞報道によると、入場者数は前年比約155%の1万8429人だったということだ。やっぱ菜七子さんすげえわ。




小倉競馬場のスタンドを見上げる



 この日は何がよかったかって天気がすこぶるよかった。暦の上では9月なので、夏真っ盛りというわけでもないのだが、やはり夏競馬は天気がいいと気分も上がる感じである。




小倉競馬場の青空


小倉競馬場のゴール板


小倉競馬場のレースの模様



 函館競馬場でも思ったが、夏競馬は天気に恵まれるだけで、もう勝った感はある。実は荷桁は小倉競馬場訪問時はわりと天気が悪いことが多かったので、なおさら今回の訪問での好天は身に染みてうれしかったのである。




小倉競馬場のパドック



 さて、そんな小倉だったが、この日は藤田菜七子騎手が登場すると言うこともありパドックが大盛況であった。




小倉競馬場での藤田菜七子



小倉競馬場での藤田菜七子


小倉競馬場での藤田菜七子



 藤田騎手はこの日、5、7、11レースの3鞍に騎乗(写真は7レースのパドック)。




小倉競馬場のパドックでの藤田菜七子



 やはり注目度は相当で、このカメラの数である。まさにアイドル騎手という感じですのう。




小倉競馬場では人気の武豊



 さらに夏の小倉と言えば、この名手を忘れてはならない。かつては毎年のように小倉リーディングを取っていて、ファンの人気も高い武豊騎手だ。2017年は1位の幸騎手にわずかに及ばなかったが、小倉リーディング2位と存在感を見せつけた。




小倉競馬場では人気の武豊


 藤田菜七子騎手に負けないこの人気っぷり。さすがでございますな。




小倉競馬場でオンワードハンターに騎乗し5着になった藤田菜七子


小倉競馬場でオンワードハンターに騎乗し5着になった藤田菜七子


小倉競馬場でオンワードハンターに騎乗し5着になった藤田菜七子


小倉競馬場でオンワードハンターに騎乗し5着になった藤田菜七子



 この日、藤田騎手は3回騎乗して、7Rのオンワードハンターでの5着が最高位。やや残念な結果になったが、冬の裏開催なんかでは小倉に遠征してくることもあるだろうし、今後に期待である。




小倉競馬場のメイショウカイドウ



 さて、藤田騎手の話はここいらにしておいて、もう一人(一頭?)の主役であるメイショウカイドウの話もしておくことにしよう。



 この日もしっかりと誘導馬のお仕事をこなしていて、これで引退という雰囲気は微塵も感じさせていなかったぞ。荷桁が競馬を始めた学生の頃はこのメイショウカイドウが小倉・中距離で滅法強くて「小倉の鬼」などと呼ばれていて思い出深い馬だ。この時期には函館に滅法強いエリモハリアーなんつー馬もいて「函館記念の申し子」なんて言われていたのう、何だか今覚えば個性的で一癖ある馬が今よりも多かったんかもな。




小倉競馬場のメイショウカイドウメモリアルコーナー



 ちなみに場内にはこんなメイショウカイドウのメモリアルコーナーも設置されていた。この日だけなのか、今後もしばらく設置されるのかは知らないが、こういう個性派の記憶を大事にすることは大事ですな。




小倉競馬場のメイショウカイドウ


小倉競馬場のメイショウカイドウ



 ちなみに、メインレース前の誘導ではたてがみに花のアクセサリーなんかつけていて、実に華やかであった。10年に渡っての誘導馬生活、本当にお疲れ様でございました。なんか、競馬見始めたころの馬がほとんど種牡馬や誘導馬になってしまっているので見られなくなってしまうのは寂しいと思わないこともないが、これもまた時代の流れなのであろう。ちなみに、乗馬訓練用馬としては引き続き小倉競馬場にいるという話なので、また小倉競馬に行った際には乗馬センターあたりでも覗いてみるか。




小倉競馬場のメイショウドンタクとサンライズベガ



 ちなみに、この日はメイショウカイドウ以外の誘導馬たちもたくさん見ることができた。写真はメイショウドンタクとサンライズベガ。




小倉競馬場のサンダルフォン



 さらに2009年北九州記念の勝馬、サンダルフォン。個人的には2010年のアンコールステークスで激走してくれたのが非常にありがたかったぞい。




小倉競馬場のジェントルマンとサンライズネガノ



 さらにはジェントルマンとサンライズネガノ。サンライズが2頭もいるのは、やはり馬主の松岡さんへの配慮などがあるんだろうか・・・?



 まあ細かいことはよく分からんが、これからはこういう面々が小倉で誘導馬を務めているので皆さんも気になる馬は要チェックの上でお越しくだされ。しかしこうして並べてみるとやはりメイショウカイドウの知名度・人気度は圧倒的だよなあ・・・。最後に見られてラッキーでした。




小倉競馬場の小倉2歳ステークス2017


小倉競馬場の小倉2歳ステークス2017



 メインレースの小倉2歳ステークスは武豊騎手騎乗のアサクサゲンキが快勝。その後、1400mの京王杯でも3着に食い込んだが、1600mに距離が伸びたG1朝日杯では10着に敗れた。今後は短距離路線で行くのだろうか・・・?ファルコンステークスあたりでいい走りをしてくれたら楽しみな一頭である。




小倉競馬場から帰る



 さてさて、そんなわけで、しょうもない記事でございましたが、2017年9月3日の様子を淡々とご紹介させていただきました。



 旅打ちで行く場合、特に関東の方からはなかなか骨の折れる距離にはなってしまいますが、それを補って余りある、風光明媚さと魅力のある競馬場でございますので、皆様も是非、機会があれば小倉を訪問してみてくだされ。



 っつーわけで、小倉競馬場レポート、33本という回数になってしまいましたが、ここらでいったんおしまいにしたいと思います。長いことお付き合いいただきましてありがとうございました。



 次回からは九州から飛びまして、北陸石川県は金沢競馬場のレポートを久々に書いてまいりたいと思います。




 



>>次の競馬場へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 札幌競馬場 その1 ~北のシティ競馬~
 函館競馬場 その1 ~苫小牧をぶらつく~ 
 中京競馬場 その1 ~やっとこさ中京競馬場~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 ソウル競馬場 その1 〜韓国競馬に手を出すぞ〜


*小倉競馬場に関する記事は以下にもあります。

 小倉競馬場 その1 ~どうにかこうにか小倉~
 小倉競馬場 その2 ~小倉 北方 競馬場~
 小倉競馬場 その3 ~小倉競馬場をうろつく~
 小倉競馬場 その4 ~小倉競馬場スタンドとか乗馬とか~
 小倉競馬場 その5 ~小倉競馬場スタンド内部へ~
 小倉競馬場 その6 ~小倉競馬場 パドックからの馬券攻め~
 小倉競馬場 その7 ~小倉競馬場 グルメ~
 小倉競馬場 その8 ~小倉競馬場をひとつひとつわかりやすく~
 小倉競馬場 その9 ~小倉競馬場 アクセス~
 小倉競馬場 その10 ~小倉競馬場 駐車場~
 小倉競馬場 その11 ~小倉競馬場を一周してみる前編 セブンイレブンとどきどきうどん~
 小倉競馬場 その12 ~小倉競馬場を一周してみる後編 紫川から落書きまで~
 小倉競馬場 その13 ~小倉競馬場 入場門 メインゲートとモノレール入場門~
 小倉競馬場 その14 ~小倉競馬場の公園 日本庭園と遊具広場~
 小倉競馬場 その15 ~小倉競馬場の公園 乗馬センターとポニーリンク~
 小倉競馬場 その16 ~水遊びとメモリアルスクエア~
 小倉競馬場 その17 ~芝生スタンドとメインスタンド前~
 小倉競馬場 その18 ~ウィナーズサークルと検量室前の枠場~
 小倉競馬場 その19 ~小倉競馬場 パドック~
 小倉競馬場 その20 ~小倉競馬場 スタンド全般 プラザ99 屋外席など~
 小倉競馬場 その21 ~スタンド1階 手荷物預かり所・わくわく子ども広場ほか~
 小倉競馬場 その22 ~スタンド2階 チャイルドコーナーほか~
 小倉競馬場 その23 ~スタンド3階 A指定席 サラブレッドプラザ ほか~
 小倉競馬場 その24 ~スタンド4階 A指定席 UMAJO SPOT ほか~
 小倉競馬場 その25 ~スタンド5階 B指定席 独り占めの給茶コーナー~
 小倉競馬場 その26 ~小倉競馬場 指定席~
 小倉競馬場 その27 ~小倉競馬場 コースの特徴と借景の楽しみ~
 小倉競馬場 その28 ~小倉競馬場 グルメ 2017~
 小倉競馬場 その29 ~小倉競馬場 グルメ ボントンのカレー・はいからや ほか~
 小倉競馬場 その30 ~小倉競馬場 グルメ みやじ・立花・吉野家・ケンタッキー~
 小倉競馬場 その31 ~小倉競馬場 グルメ 玉屋とフィンズレストラン~
 小倉競馬場 その32 ~小倉競馬場 グルメ 売店・UMAJO・屋台など~
 小倉競馬場 その33 ~藤田菜七子とメイショウカイドウ~




PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索




















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]