金沢競馬場 その16 ~スタンド3階 実は快適空間~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 金沢競馬場 > 金沢競馬場 その16 ~スタンド3階 実は快適空間~

金沢競馬場のスタンド3階
金沢競馬場のスタンド3階



*金沢競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は金沢競馬場レポートその1からどうぞ。




 さて、今回も金沢競馬場レポートのつづきでございます。相変わらずのたのたと金沢競馬場の場内をうろついておりますが、そういうスタイルのブログですので何卒ご容赦いただけますと幸いです。



 今回もタイトルにありますとおり、金沢競馬場のスタンドを見てまいります。ここまでスタンド1階2階と順を追って見てまいりましたので、今回は最後のフロアである3階という流れになります。



 尚、毎度恐縮でございますが、金沢競馬場レポートその13にて金沢競馬場のスタンド全体の構造などについて解説しておりますのでそこをあらかじめ読んでいただいた上で本レポートを読み進めていただけますと、話がスムースでありがたい次第です。



 では、まいりましょう。金沢競馬場のスタンド3階の様子です...


金沢競馬場の3階へ上がる階段



 っつーわけで、今回もスタンド中央部の階段を使って3階に行ってみることにしよう。相変わらず急な感じだが、えっちらおっちら上がってくれたまへ(エレベーターは別途ありますのでもちろんそちらを利用いただいても問題ありません)。




金沢競馬場の3階フロアマップ



 今回も、まずはフロア全体の様子をざっと把握しておこう。この図で言うところの上が走路側、下がパドック側である。



 基本的には真ん中に投票所があるという構造は1階、2階と共通だ。大きく異なるのは、1階、2階は屋外席があったが3階は全席がガラス張りの屋内席だということだ。つまりフロア丸ごと、冷暖房完備の観戦空間ということになる。それもあってか、1階はフロアのほとんどが喫煙可、2階はフロアの半分が喫煙可ということになっていたが、3階は階段付近を除いてほとんどが禁煙エリアである。



 2階には特観席があったが、3階はすべてが自由席。冷暖房完備の席が自由席で利用できるので、ある意味ではお得感があるフロアと言える。フロアマップのやや左あたりに投票所ではないスペースがあるがあれは食堂なので、後日の金沢競馬場レポートの際に詳しくご紹介する予定である。




金沢競馬場の3階に上がったところ



 さて、そんな訳でスタンド3階をウロウロしていくことにしよう。まず、階段を上がるとこんな感じで踊り場のような空間が広がっている。




金沢競馬場の3階にあがったところの空間


金沢競馬場の3階にあがったところの空間



 先述のようにこの踊り場付近が3階唯一の喫煙可能エリアになっているので、3階でタバコを吸われるお客さんはこちらが本拠地ということになる。




金沢競馬場の3階からパドックを見下ろす人々



 2階同様、この付近にはパドックを見下ろす人が集まっているので、タバコの煙にまみれてもパドックを見たいという方はこのあたりに来るのがよいだろう。




金沢競馬場の3階から見下ろしたパドック



 3階から見下ろしたパドックはこんな感じ。まあこれでは遠くて分からないよという意見もあるかもしれませんが、一応見ることは可能ですのでご承知おきください。




金沢競馬場の3階の分煙



 さて、それでは3階のコンコースの方を見ていくことにしよう。3階はここからが禁煙ゾーンだ。




金沢競馬場の3階パドック側コンコース



 3階のパドック側コンコースは2階と同様に明るい感じだ。清潔かと聞かれると微妙だが、1階のようなすすけた雰囲気は薄れてくるので、若い人にもさほど抵抗感は持たれないことと思う。




金沢競馬場のパドック側コンコース


金沢競馬場の3階パドック側コンコース



 ベンチやモニターもあり、投票所も普通なのでこれといった不便もない。こう言ってしまったら失礼かもしれないが、まあ、まともな空間である。




金沢競馬場の3階パドック側コンコース



 とはいえ、時折このような香ばしい窓枠があったりするのはご愛敬だ。




金沢競馬場の3階パドック側コンコースにある机



 またここにもよく分からない机の類は置かれている。まあ、これは職員さんの善意からくる金沢のカルチャーなのでとやかく言うことでもないだろう。




金沢競馬場の3階にある机で予想する人々



 しかし、こうした机はやはり常連さん以外の人が使用したりするとちょっと険悪になったりするのかしら。このへんは通い詰めてみないとなかなか分かりませんからな。もはや彼らにとっての特観席なんでしょうな。考えようによっては京都競馬場のラウンジシートみたいなものと言えなくもないもんな。もちろん、これは指定席ではないんだけど。




金沢競馬場の3階馬場側のコンコース



 さて、話が横道にそれたが、スタンド3階を見ていこう。お次は走路寄りのコンコースだ。柱の向こうの走路側には屋内スタンドが広がっていて、スタンドの端から端までが一気に見渡せるようになっている。金沢競馬場の中でも広さを感じることができるエリアだ。





金沢競馬場の3階の馬場側コンコース


金沢競馬場の3階の馬場側コンコース



 見ての通り開放感もあり、こうして見ると、古い競馬場とは言え、ちゃんとしているよなあという気になってくる。旅打ちの方はパドックやら食堂やらレース観戦やらで忙しいので、あまり3階に来ることはないかもしれないが、屋内席それ自体が嫌でなければ金沢競馬場の3階はおススメの観戦エリアである。




金沢競馬場のスタンド3階の座席



 さて、それでは肝心な屋内席の様子を見ていくことにしよう。見ての通り、よくあるプラスチックの椅子がずらりと並んでいる、無難な感じのシートだ。




金沢競馬場の3階屋内席



 ガラス張りで見晴らしはよく、モニターもあるので空いている日であればかなり快適に競馬観戦が可能だと言えよう。




金沢競馬場のスタンド3階の座席



 座席は可もなく不可もなくのよくあるタイプのプラスチックの座席だ。時折馬券を外したオッサンが蹴り壊してしまうのか、よくよく見ると微妙に形状の違う椅子が混じっていたりするのが興味深い。こういう席なので、クッションのようなものを持参するとよいかもしれませんな。野球場なんかではデポジット式でのレンタル座布団みたいなものをやっていたりもするので、そういうのを取り入れてみてもよいのではないだろうか。




金沢競馬場の3階のガラス張り部分



 尚、観覧席の上のところはすりガラスのような素材になっている。外光を取り入れるためにこうなっているのか、素材や重さなどの建築的な事情なのかは分からんが、ちょっと珍しい構造かもしれませんな。




金沢競馬場3階のハトの糞



 まあ、場所によってはこのように鳥の糞にまみれていてきたねーところもあるので、よしあしではあるのだが・・・。




金沢競馬場のスタンド3階からの景色



 レース観戦についてはもちろん何の支障もない。むしろガラス張り冷暖房完備の3階からの眺望が指定席でもないのに楽しめるのは考えようによってはすごくお得なことである。冷暖房エリアが少ない名古屋や笠松に比べたらだいぶ快適だと言えよう。




金沢競馬場のスタンド3階からのレース風景



 また3階だからこそ見ることができる雄大な景色というのもこちらでは堪能することができる。競馬場に来たら最前列で声援するのももちろんいいのだが、角度を変えてレースや人を見てみるのもより一層競馬場を楽しむコツでございますぜ。




金沢競馬場の畳席
 


 ちなみに、この3階にはこのような畳の席もある。近年、こうしたシートや空間は各地のレース場に増えつつあるが、金沢競馬場では以前よりこちらの畳席が存在している。もともとは金沢の「和」みたいなイメージから着想したのかもしれないが、近年の競馬場の流れを見ていると畳席というのは先見の明があったかもしれないな。もちろんこちらの畳席も追加料金や予約、記名なども一切なしだ。好きに使ってOKである。見ての通り、わりと人気のスポットなので、絶対に確保したい!という方は開門ダッシュも検討されたほうがよいかもしれませんぜ。もちろん悪質な場所取り行為は倫理的な観点から自粛してくださいね。




金沢競馬場の女性専用席



 さらに金沢競馬場には「女性専用席」なるものも存在している。ガラスにあるように「男性は使用できません」という席だ。



 ただ、こうして写真を見てみるとパッと見ではじいさんのように見える人がちらほら腰かけておる。こちらはグダグダになっていると見てよさそうだ・・・。




金沢競馬場3階の休憩スペース


金沢競馬場の3階の休憩スペース



 また3階にはちらほら休憩スペースのような部屋も存在している。かつては売店かなんかがあったのかもしれないですな。こうした空間も1階や2階に比べたら格段に3階のほうが充実している。



 ここまでを見てきて記事をお読みの方も何となくお分かりいただけると思うが、金沢競馬場の3階は地味に快適度が高い空間になっている。もちろん、屋外で感じることができる馬の音やレースの迫力なんかは欠けるかもしれないが、この快適度は捨て置いておくのはちともったいないような気もする。皆様もお越しの際には是非3階のご利用もご検討くだされ。




金沢競馬場の3階にある謎の階段



 ちなみに金沢競馬場にはさらに上の階に登る階段が存在している。よく分からないが、撮影や実況、記者などの関係者用の空間があるのかもしれない。もちろん一般の人は入ることができないが、一応こういうものもあるということで。



 さて、これでようやく金沢競馬場のスタンドをざっくり1階から3階まで見てまわってきたことになります。



 次回のレポートでは、2階で飛ばしてしまった特観席の様子をレポートしてまいりたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします・・・。





 



>>金沢競馬場レポートその17へ







*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~

*金沢競馬場に関する記事は以下にもあります。

 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 金沢競馬場 その2 ~見てるわしらも寂しいんよ~
 金沢競馬場 その3 ~北の競馬人たち~
 金沢競馬場 その4 ~アイル・ビー・バック~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
note:
https://note.mu/nigetayuya/
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]