金沢競馬場 その13 ~金沢競馬場 スタンド全般と屋外席~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 金沢競馬場 > 金沢競馬場 その13 ~金沢競馬場 スタンド全般と屋外席~

金沢競馬場のスタンド
金沢競馬場のスタンド



*金沢競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は金沢競馬場レポートその1からどうぞ。





 今回も金沢競馬場レポートのつづきでございます。



 今回からはタイトルにもありますように、金沢競馬場のスタンドの様子を見てまいりたいと思います。



 金沢競馬場のスタンドは1973年に当地での開催が始まって以来、小規模な改修はあれど、基本的には当時建設されたスタンドがそのまま利用されているので、執筆時点で築45年ほどの建物ということになる。地方競馬各場でスタンド老朽化による耐震改修も目立ってきている中で、金沢競馬場のスタンドもそれなりに古い部類のスタンドになってきているというわけでございます。



 今回のレポートからしばらく金沢競馬場のスタンド内をうろうろしてく訳ですが、そのあたりのレトロ感などを感じつつ読み進めていただければと思います...


金沢競馬場のスタンド



 っつーわけで、金沢競馬場のスタンドを見ていくことにしよう。金沢競馬場のスタンドは大きくわけて3フロアがある。ざっくり1階から2階の一部にかけて、屋外スタンドがあって、3階は完全に屋内観覧席という感じになっている。



 各フロアを徘徊している様子は次回以降にレポートするとして、今回のレポートではスタンド全体のざっくりした構造と、屋外スタンドの様子について見ていきたいと思う。




金沢競馬場のフロア案内



 場内にはこんな感じでフロアマップ的なものが掲げられているので、もし現地に行かれた際は目を通しておいてもよいだろう。見ての通り、3フロアでそんなに複雑なものという訳でもないので、方向音痴な方もガンガン歩き回ってくれたまへ。




金沢競馬場の1階フロアマップ



 さて、ではざくっと1階から目を通しておこう。1階はこんな感じ。図で言うところの下が走路側で上がスタンド裏手(パドックのある方)側だ。



 基本的には各フロア共通なのだが、真ん中に投票所があるような構造になっている。走路側に出る通路が4つほどあり、出たところがそのまま走路前のだだっぴろい空間ということになる。



 繰り返しになるがフロアの詳しい様子は以降のレポートでやるので、ここではざっくりと見ていただければOKだ。




金沢競馬場の2階フロアマップ



 スタンド2階はこんな感じ。


 ここも真ん中に投票所がある構造だ。2階についてはグレーで表示されている屋外席のほか、右の半分弱程に特別観覧席エリアが設けられている。この特別観覧席エリアはガラス張りの屋内席になり、当然のことながら入るには別料金が必要となる。




金沢競馬場の3階フロアマップ



 スタンド3階はこんな感じだ。



 3階はすべてがガラス張りの屋内席になる。先ほど2階には特別観覧席エリアがあると申し上げたが、実は3階はすべて一般席である。そう、金沢競馬場は指定席フロアの上に丸っと冷暖房完備の一般席フロアがあるという幾分変わった構造になっているのだ。



 以前にご紹介した小倉競馬場も3階と4階は指定席と一般席が混在しているという構造になっていたが金沢競馬場は上にある3階がすべて一般席というところが、小倉よりも突き抜けていると言える。詳しくは特観席をご紹介するレポートで再度やることになると思うが、金沢競馬場で特観席を購入するかどうかはこのあたりも加味してお決めになるのが吉でございますぜ。




金沢競馬場の屋外スタンド



 さて、それではスタンドの大体の構造が分かったところで、屋外席の様子を見ていくことにしよう。


 
 写真はスタンドを見上げた様子だが、金沢競馬場の屋外席はざっくり、上と下とで大きく分かれている。




金沢競馬場の屋外スタンド



 下のほうはこんな感じでベンチなのか階段なのか微妙な構造になっている。帯広競馬場旧旭川競馬場なんかもそうだが、わりと古めの地方競馬場や競艇場なんかではちょいちょい見かけられたスタイルだ。立って観戦しても、座って観戦してもよいという、ある意味ではコストもかからず自由度の高いスタンドと言えよう。ベンチだと座ることが前提になるので、あまり汚れたままにもできませんし、椅子は壊れたりもしますからな。




金沢競馬場の屋外スタンドから見たレース



 とは言いながら、わりと金沢のオヤジたちは腰かけて見ているケースが多かった。もちろん、天候や気温によっても変わるとは思いますが。




金沢競馬場の屋外席



 さて、そんな屋外席をある程度のぼっていくと、一応こんな感じで区切りがあって、その上はベンチ席になっている。




金沢競馬場の屋外スタンド



 ベンチ席は主に2階を本拠地にして馬券を買っているオヤジたちに人気のエリアだ。当然のことながら2階は奥の方に少し見えている指定席エリアを除くと、ここに出ないとレースが見づらいような構造になっている。




金沢競馬場の屋外席



 上の方は見ての通りのベンチ型の一般的な席だ。よほどの混雑日以外であれば、場所取り等せずとも問題なく座ることができると思う。




金沢競馬場のスタンドをゴール板方面から見上げる


金沢競馬場のスタンドの指定席付近



 ゴールに寄ると、ガラス張りの特観席エリアがせり出しているので、屋外席も必然的に、前の方だけということになる。




金沢競馬場のスタンド指定席付近の屋外席



 このへんは前の方でもきっちりベンチがある。まあ、ゴール板も近いし、わりと見やすい席だと言えよう。




金沢競馬場のスタンドの脇にある馬主席と事務所棟



 特観席のあたりに隣接するような形で、別の建物があるが、これは石川県競馬組合の建物だ。事務的な部分はこちらで行われているのだろう。上のほうには観覧席と思しきスペースもあるので、馬主席ないし関係者席なのかなと推測。




金沢競馬場のエレベーター



 さて、あとはサクサクと設備的な部分を見ておくとしよう。金沢競馬場スタンドの各フロアを行き来する手段だが、まず、エレベーターが入場門側に備えられている。これは2013年に設置されたので比較的最近のことである。



金沢競馬場の屋外階段



 エレベーターができるまではこちらのでっかい階段が2階までへのメインのルートだった。けっこう角度が急なのが時代を感じるが、今も足腰がしっかりしている方はえっちらおっちらここをのぼっているぞ。




金沢競馬場の階段の扉



 ちなみにこの階段をのぼり続けると3階に到着。シャッターが閉まっているのでびっくりするかもしれないが脇の小さい扉から入れます。




金沢競馬場の階段



 さらにスタンド中央に階段がある。この階段の付近の踊り場は今後のレポートにもちょいちょい出てくるので覚えておいていただければと思います。




金沢競馬場の奥の階段



 最後に、一番奥の階段をご紹介。これはあまり使われることのない階段である。かなり隅々まで歩いていないと、存在にも気が付かないかもしれませんな。




金沢競馬場の奥の階段



 階段を上がっていくとこれだ。見ての通り、踊り場からして、使われている気配がない。というか、床はホコリまみれで窓にはクモの巣まみれ、そのクモの巣には虫の死骸まみれという、金沢競馬場の中でも屈指のディープゾーンなのだ。




金沢競馬場の奥の階段



 それでもビクビクと上がっていくと一応2階、3階にもつながっている。但し、2階は特観席エリアになるため基本的に締め切りで出入り不能である。




金沢競馬場の奥の階段



 3階もやはりシャッターは閉められているので、脇の小さい扉から出入りすることになる。




金沢競馬場の奥の階段


金沢競馬場の階段で見つけた連勝式発売の看板


金沢競馬場の古いフロアマップ



 掃除道具が無造作に置かれていたり、時代を感じる看板があったりとかなりパンチの効いた空間なので、興味がある人は行ってみてくだされ。




金沢競馬場の階段から見下ろした馬道



 ちなみに、この階段の窓からはこんな感じで本馬場入場をする馬の様子を見ることができる。ただし、この光景を撮影しようと思うと、先ほど申し上げたとおり、虫の死骸が大量にへばりついたクモの巣が大量にひっかかっているカギをずらして窓を開けなくてはならないため、その覚悟だけしておいてくだされ。



 さて、というわけで、最後はややきたねー話になってしまったが、スタンド全体の概要と構造、さらには屋外席の様子はご理解いただけましたでしょうか。



 ここまでだいたい把握していただいたところで、次回のレポートからはスタンドの各フロアをじっくりまわっていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。




 



>>金沢競馬場レポートその14へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 
笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 
高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 
福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 
佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 
姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 
荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 
水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*金沢競馬場に関する記事は以下にもあります。

 
金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 
金沢競馬場 その2 ~見てるわしらも寂しいんよ~
 
金沢競馬場 その3 ~北の競馬人たち~
 
金沢競馬場 その4 ~アイル・ビー・バック~

PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]