金沢競馬場 その11 ~馬頭観音とハッピーくん~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 金沢競馬場 > 金沢競馬場 その11 ~馬頭観音とハッピーくん~

金沢競馬場のスタンドへ向かう
金沢競馬場



*金沢競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は金沢競馬場レポートその1からどうぞ。






 どうも。荷桁です。



 さて。ここまでしばらく金沢競馬場の敷地の外をウロウロしておりましたがようやく競馬場の中に入りたいと思います。



 金沢競馬場は入場門が一か所しかありませんので、フツーのお客さんについては皆、競馬場の南側にある入場門から入ることになると思います。今回は入場門から入りましてスタンドの間にあるいろいろなものをご紹介していきつつ、スタンドを目指してまいりたいと思います...


金沢競馬場の入場門



 さて、っつーわけでさっそく入場門からご入場だぞコノヤロー。



 金沢競馬場の入場門は真ん中に車両等を通すと思しき通路が幅を利かせているのが特徴的と言えば特徴的か。ほかの競馬場だと入場門とは別に車両などが通る搬入口みたいなのがあったりするのだが、金沢競馬場の場合は確かにパドックの裏の石川県競馬事業局へ通じる門しかないのでこの通路は必要なんかもしれないな。こうしたことも金沢競馬場の敷地をぐるりと一周したから分かることでございますな。
 



金沢競馬場の入場門



 ちなみにガラガラのときに撮影した入場門の様子はこちら。



 写真では無料とあるが、基本的に入場料は一人100円。コイン投入式なのでよろしくお願いいたします。




金沢競馬場のスタンドへ向かう



 さて、入場門を入るとやたらと広々とした空間が広がる。奥にはスタンドがあり、左手には屋根付きの通路がある。まあ地方競馬場とはいえ、第一印象はそれなりに広々としていると言ってしまってよいだろう。




金沢競馬場のスタンドへの通路を上から見下ろす



 ちなみにこの屋根付き通路をスタンドから見下ろすとこんな感じ。わりとしっかりしているので、雨の日でも安心である。




金沢競馬場の新聞スタンド


金沢競馬場の新聞スタンド



 門を入ってすぐ左側には、金沢競馬場の予想紙販売所がある。金沢競馬場の専門紙・予想紙については後ほど詳しくやるが、ホクリク、カナザワ、ホープ、キンキの4つがある。それぞれが違う店舗で販売をしているので、お目当ての新聞を買っておけばOKである。



 前回のレポートでも少し触れたが、金沢競馬場の予想紙売り場は基本的にはここにしかないのでご注意。もし敷地の外で買いたい場合は、扱っているコンビニないし、外向場外の自販機で購入するのが吉である。




金沢競馬場の入場門周辺



 さて、そのまま屋根伝いにスタンドに向かうのがセオリーではあるのだが、その前に入場門付近にある気になるものたちをつぶしていくことにしよう。こういうのを放置してスタンドに迎ってしまうといろいろとモヤモヤしますからなあ(荷桁特有の病気なのでお気になさらず)。




金沢競馬場のパッピーくん



 まず、もっとも気になるのはコイツであろう。



 初見の方でもなんとなく、ああこれは金沢競馬場のマスコットキャラクターなんだろうな・・・と想像できると思うがご明察で、これはハッピーくんというマスコットキャラクターの遊具である。ハッピーくんはかわいいと言えばかわいいのかもしれないが、シャープさに欠けるというか、一人称が「おで」、語尾が「ど」とかでもおかしくないような独特の野暮ったさというか、評価がしづらい感じのキャラクターだ。なんとなく農耕馬っぽい雰囲気さえ漂わせているぞ。



 ちなみにこの遊具は「ハッピーくんふわふわ」という名称で親しまれている。JRAのターフィーくんのそれは「フアフア ターフィー」という名前がついているので微妙な違いが歯がゆい感じだ。もしかしたらこうした遊具の商品名として「フアフア」というのがあり、他のメーカーは商標を侵さないように「ふわふわ」などとしているのだろうか。気にならんこともないが、調べるのも面倒くさいので、とにかく、金沢では「ハッピーくんふわふわ」であり「フアフワハッピーくん」ではないということを覚えていただければOKだ。



 競馬客のお子さんであれば無料で利用できて、空いていれば入れ替えもないので非常にお得な遊具である。お子さん連れで行かれる際は要注目である。




金沢競馬場の遊戯室入口



 そんなハッピーくんふわふわの背後には「ゆうぎしつ」なる建物があるが残念ながら荷桁の訪問時には閉まっていた。おそらく物置と化していると思われる。




金沢競馬場のゆうえんち入口


金沢競馬場の内馬場公園入口



 さらにこの付近にあるのがこちらの「ゆうえんち入口」なるスポットである。こちらからは内馬場にある遊園地に行くことが可能である。後ほど詳しくやるが、遊園地とは言っても公園とポニー乗馬がある程度で、遊具がたくさんあってというものでもないのだが、一応金沢競馬場においては数少ないお子様向けスポットなので覚えておいてもいいだろう。一応ここから行けるということで意識しておいてくだされ。




金沢競馬場のスタンド前の広場



 さて、それでは先に進もう。スタンドの方へ進むちょうど真ん中くらいにはこんな感じの広場のようなものが存在している。




金沢競馬場の広場をスタンドから見下ろす



 上から見るとこんな感じ。なんてことない空間なのだが、見ての通りベンチがあったり、大きめのレースがある日には周囲に屋台が出たりもするスポットだ。金沢競馬場は内馬場以外には芝生の場所もないので、気候のよい日にはここにシートを敷いてお弁当などのこともできるであろう。




金沢競馬場の馬頭観音



 広場から敷地を西の方へ進み、屋根付き通路を越えると金沢競馬場の馬頭観音が現れる。




金沢競馬場の馬頭観音



 見ての通り小ぢんまりとはしているが、しっかりとした祠の馬頭観音だ。




金沢競馬場の馬頭観音



 開催時にはこのようにのぼりも立ってそれっぽい雰囲気になるぞ。皆様も的中祈願や人馬の無事をお祈りする際には是非。




金沢競馬場の馬頭観音



 ちなみに、こののぼりは中央競馬のように厩舎単位ではなく、組合や会の単位で奉納しているようであった。まあ、ご参考までに。




金沢競馬場の段ボール迷路



 この馬頭観音の脇には「休憩室」なる施設もある。かつては食堂だった建物だが、現在は写真のようにイベント会場に使われていたり、なにも行われていなかったりとしている空間である。スルーしてしまいがちだが、一応こういうものもありますよということで。




金沢競馬場のスタンドへ



 さて、そんなこんなで入場門を入ってその近くにある周辺を網羅しつつ、徐々にスタンドに向かっていたわけですが、長くなってまいりましたので、ここいらで一度切りましょう。このままスタンドに入ってしまってもよいのですが、その前に、次回のレポートでは、もうひとつ、スタンド周辺で重要な施設になるパドックの様子を見てまいりたいと思います。



 っつーわけで、まだまだ金沢競馬場レポートはつづきます・・・。




 



>>金沢競馬場レポートその12へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 
笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 
高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 
福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 
佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 
姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 
荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 
水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*金沢競馬場に関する記事は以下にもあります。

 
金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 
金沢競馬場 その2 ~見てるわしらも寂しいんよ~
 
金沢競馬場 その3 ~北の競馬人たち~
 
金沢競馬場 その4 ~アイル・ビー・バック~

PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]