高知競馬場 その7 ~LJS 2009 高知ラウンド~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 高知競馬場 > 高知競馬場 その7 ~LJS 2009 高知ラウンド~

高知競馬場
高知競馬場のモニター前に群がる観客のみなさん。ゴール前の首の上げ下げに夢中になる中年たちのかわいらしさといったらw


*高知競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は高知競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて、高知競馬場での敗戦から一夜明けた、12月7日。
 レディースジョッキーズシリーズ2009の高知ラウンドの当日だ。

 この日も快晴であったが、前日高知橋付近の居酒屋で、龍馬の海援隊とかいう焼酎を死ぬほど飲んでいたため(それでも3000円くらいで済んだ気がする)完全に2日酔いであったが、それでも競馬場へは向かわなければならない...



この日の1レースは12時35分からということで、前日の路線ではなく、競馬場北口のバス停に到着するバスが使えたため、昨日よりは便利にアクセスすることができた。


 高知競馬場に到着すると、やはり前日に比べ活況がある。バス停から歩いていくのがおっさん一人と荷桁だけだったため、特別なレースとは言え、そんなに一大イベントというわけでもなさそうな印象だったのだが、やっぱりお祭りムードがあるぞ。


 とりあえず、お祭りムードがあると、二日酔いでも酒が欲しくなる。
 前回訪問時とデジャブってるのは気のせいか?

高知競馬場 グルメ
ビールと高知競馬場のすじ煮こみ。美味いぞ。ビール一口目が我慢できずに、飲んでからシャッターを切っているところも成長が無いな。


 ビールを飲みながら、競馬新聞に目をやって予想をしているのは至福の時間だ。


高知競馬場


 おまけのおでんは今回もいただけました。




 ちなみに中島高級競馬號も今日はレディース仕様である。

中島高級競馬號
レディース仕様だとしても、因果関係不明の「土佐龍馬」は外せない。


 さて、この日の馬券はシーソーゲーム。1・2レースは固め決着で、荷桁も取りこぼさなかったのだが、馬単特払い(人生初めて生で見た)の大荒れ決着になった、3レースと4レースは一転荒れて外してしまい、やや勝った状態で、5レースの女性騎手戦を迎えることとなった。


 レース前にはセレモニーが行われる。

矢野吉彦

 この日、実況もしている矢野吉彦氏が司会をつとめる。競馬場めぐりの第一人者だけあって荷桁的には大興奮。





 こうしてずらっと並んでみると、結構壮観。JRAの増沢由貴子Jが思っていたより垢抜けていたのと、西原玲奈Jが結構でかいのにびっくりした。関係ないが、JRAの騎手の写真って何で全然更新されないんだろう。もう西原Jは引退してしまったと思うと寂しいものだ。


 さて、5レースのオッズパーク賞C3選定。
 今回は固めの決着と読んで、地元高知の森井美香Jを中心に、馬単を点数を絞って購入。

 ちなみに、馬券の購入をしているときに、競馬ライターの井上オークス氏が馬券を買っているところに遭遇した。うーむ、さすがに高知ともなると、地方競馬界の大物たちにこんなにナチュラルに遭遇できるものなんだな。ちらっとマークカードに目をやったところ、なにやら大量に流していたようだが、高知の買い方としてはかなり豪快だな・・・

 レースはスタート直後に岩永千明Jが落馬し、6番人気の別府真衣Jが1着という波乱の結果に。
 岩永Jは落馬直後ほとんど動かず、場内もどよめくが、何とか次回のレースも騎乗できることとあいなった。

 さて、2009年のLJSを締めくくる、6レース、オッズパーク賞C3選定。
 荷桁は落馬しながらも果敢に騎乗してきた岩永Jの気合にかけて1頭軸三連複勝負。岩永騎手は目立たないながらも着をまとめてくる印象があるので、3連複の軸には持ってこいだ!と読んでみたのだ。

 これがずばり。
 人気薄の岩永Jが3着に絡んでくれて、3連複は7000円のおいしい配当を得ることができた。ありがとう岩永さん。いやこれマジで(取らせてくれたらとりあえず大絶賛)。


 これが終わると表彰式。



 高知ラウンド上位3人の別府J、池本J、山本J。



 総合優勝したのは山本茜Jでした。


 さて、そんなこんなでLJSも終了して、再びいつもの高知競馬のレースが行われていくこととあいなった。

 しかし、この日に帰郷するお客さんが多いのか何なのか、結構なお客さんが引いてしまい、うってかわって昨日までのうらぶれた高知競馬場に戻ることとなってしまったのである。


 なんか、このへん、お客さんもへんに淡白。まあ、最終レースまで見て横浜のバス停まで30分歩いて帰る荷桁みたいな酔狂な他所もんはそうそういないのだろう・・・。


高知競馬場 パドック
ナイター時の高知競馬場パドック。


 この日は最終レースが18時50分であったため定義上はナイターレースとされてはいなかったが、後半4レースくらいはほとんどナイターのような感じであった。海外風に言えば、トワイライトレースとでも言おうか・・・。


 うーむ、2日間、高知競馬場にどっぷり滞在して、LJSというちょっとした非日常も味わってみたりしたわけだが、やっぱり高知競馬場ののんびりした感じは心地よいものだ。

 ナイター競馬の試みもなかなか面白いと思うが、本場に来客するお客に対してあまりメリットを示せていないのもまた事実としてある気がする。大井や川崎みたいに、みんなで来て、ビールを飲んで、という感じに楽しむことができるとは言いがたい。


高知競馬場


 せっかく投資をして開催し始めたナイター競馬なのだから、場外・電投の利用者だけでなく、来場したお客にとっても楽しいものになっていくといい。何だかんだ、また近いうちに訪れたいものだ。


 


>>次のレポートへ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜


*高知競馬場に関する記事は以下にもあります。

 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 高知競馬場 その2 ~器の大きい場じゃき~
 高知競馬場 その3 ~南国的馬券道~
 高知競馬場 その4 ~高知競馬という遊び~
 高知競馬場 その5 ~再び南国へ そしてアクセス難~
 高知競馬場 その6 ~洗礼~
 高知競馬場 その7 ~LJS 2009 高知ラウンド~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]