高知競馬場その3 ~南国的馬券道~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 高知競馬場 > 高知競馬場その3 ~南国的馬券道~

高知競馬場
こちらが高知競馬場スタンド。外見はわりと立派な感じだが、中はコンクリートむき出しで、わりとがらんどうとしていて薄暗い。夏場でもクーラーの存在をあまり感じることができないが、地方競馬っぽい郷愁は充分に味わうことができる。唐突に壁にハルウララが出てくるのがシュール。

*高知競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は高知競馬場レポートその1からどうぞ。






 さて、ここまでついつい売店やパドックまわりばかり見てきたものの、やっぱり当てて帰らないとしゃあないので、レースの話題にうつろう...




とりあえず予想するにあたって高知競馬の騎手・調教師の主要どころを押さえておくとしよう。


赤岡修次
赤岡修次ジョッキー。WSJシリーズでも勝ち星を挙げた。

 まず、高知競馬場の騎手リーディングといえば、それはもう誰が何と言おうと赤岡修次ジョッキーである。2009年の連帯率は55%という成績で2回に1回は連に絡むというすさまじさである。

 当然、毎レース本命を背負うことも多いので、狙い続けて当て続けても回収率はそこまでよくないかもしれないが、困ったらとりあえず赤岡Jに頼るという手は「当てて楽しむ」という地方競馬巡りをしていく上で大切なファクターを重視するには有効だろう。

 ところが赤岡Jにつづく存在はというと、けっこう団子状態。ベテラン西川J、韓国遠征をしていた倉兼J、怪我から復帰の宮川実J、イケメン中西J、最近急成長の永森Jなどが勝ち星100勝・連帯率30%あたりでしのぎを削っている。
 
 上の写真で赤岡Jの右に写っている、女性ジョッキーの別府Jも安定しているので、中央や競艇みたいに女性だからと見限るのは危険だ。


 調教師は騎手以上に団子状態で、どこの厩舎も計ったように(失言)、連帯率20%くらいで勝ち星を分け合っている。その中で少し飛び抜けているのが、雑賀正光師と田中守師の2名。この2人は管理馬も多く多頭出しも多い。特に特別戦になると多頭出しが目立つので今日はどれで勝ちにいく日なのか(失言)をある程度頭のかたすみにおいておく必要があるだろう。

 特に田中守師の管理馬と赤岡Jが組んだときには、すごく人気が被るので、それを軸にするか?高配当を狙ってあえてそれを外すか、など馬券の組み立てをするときには大いに悩むところである。


高知競馬場
夕日を浴びる高知競馬場の直線。スタートはポケットが多く、直線が長いので前に行きたい馬は自分の形を作りやすい感じはある。


 さて、騎手と調教師を把握したら、馬券の検討だ。
 高知のコースは特に逃げが有利とか差しが届くという話をあまり聞かないコースで、直線は200mと地方競馬の標準。特徴的なのは最内の馬場があまりよくないので外にふくらむコース取りが多いというくらいだが、あまり予想のファクターにはならないだろう。


 馬券の種類は全てあるが、基本的に3連単以外のオッズは地方らしくちょっと買ったらすぐ変動してしまうので、無難に3連単を買うのがいいだろう。

高知競馬場
 締め切り9分前だが、2000円しか単勝が売れていないのが分かる

 何度かかよった中で、個人的に思う高知の馬券のポイントだが、3連複のオッズが、レースが荒れるか荒れないかの判断のある程度の基準になるということだ。


 3連複の1番人気・2番人気が飛びぬけて安いオッズしかつけない(2~3倍くらい)レースというのはかなりの確立で安い決着になる。逆に、3連複の1番人気が1000円以上つけて、なおかつオッズの人気が割れているときというのは比較的荒れ模様のことが多い。


 まあ、こうして文字に起こして書いてみると当たり前のようだが、新聞だけ見ていると印がばらついてないことが多いので、参考程度にはなると自負している。



高知競馬


 ただ基本的には売り上げも少ないので、あまり大勝負などはできないと思ったほうがいい。周囲の馬券オヤジたちも3連単を100円単位で5点くらいづつコツコツ買っているのがほとんどで、それはある意味この競馬場に関していえば正しい姿勢のように思える。


 とは言いながら、頭数が少ない高知の「当たりそうで当たらない」感は競馬好きにとっては適度なハードルでやっぱり面白い。そしてついつい点数も増える(苦笑)。


 ま、小金で1日ゆっくり遊ぶ心つもりで行くならば、こんなにいいところもないんだろうな。





>>高知競馬場レポートその4へ


*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜


*高知競馬場に関する記事は以下にもあります。

 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 高知競馬場 その2 ~器の大きい場じゃき~
 高知競馬場 その3 ~南国的馬券道~
 高知競馬場 その4 ~高知競馬という遊び~
 高知競馬場 その5 ~再び南国へ そしてアクセス難~
 高知競馬場 その6 ~洗礼~
 高知競馬場 その7 ~LJS 2009 高知ラウンド~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]