高知競馬場その2 ~器の大きい場じゃき~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 高知競馬場 > 高知競馬場その2 ~器の大きい場じゃき~

高知競馬場
高知競馬場パドック裏にある売店の前に置いてあるクマのぬいぐるみ。目線がせつない。ちなみに高知競馬場の焼きそばはぐっちょりソースでB級グルメっぽいおいしさ。対照的に、たこ焼きは何故かふわふわした食感。


*高知競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。




 さて、とりあえず、ビールを飲みながら、競馬新聞をめくり、第1レースから予想を始める。
 この瞬間が一番幸せであるなあ。


 高知の競馬新聞は2013年現在で、「中島高級競馬號」「福ちゃん」「競馬研究」の3紙があり、市内中心のコンビニや、もちろん競馬場でも買うことができる...




「福ちゃん」は競輪の予想紙も出している、地元高知では有名な予想紙。カラフルな紙面にどことなくポップな馬柱で明るい紙面構成になっている。


 「競馬研究」は、すこぶる淡白な紙面だが詰め込んでる感がなくて見やすい。どちらも地元民が多く手にしている。



 ただ、観光で行ってネタとして買うなら「中島高級競馬號」がいいかも。その「高級」を自ら冠する昔の菓子のようなネーミングセンスもそうだが、題字のレトロさ、龍馬や桂浜など特に競馬とは関係ないカットを満載した多色刷りの表紙など、見た目のインパクトは一番である。



 尚、この「中島高級競馬號」は日本最古の競馬新聞ということで、◎○▲等の予想印を始めたのもこの新聞だというのだから、すごいではないか。マニアにとってはお土産にもなりそうなものだ。


 荷桁は行くたびに予想紙を変えて、3紙とも買ってみて、周りのおっさんの持っている他紙と比べたりもしたが、予想は各紙ごとに結構違っていておもしろい。本命はどこも大差ないが、▲△が違うことが多いので、その日に穴がよく拾えている予想紙に当たれるかどうかがカギになるんだろうな。あんまり適当なこと書けないのでもう少し研究します。


高知競馬


 ちなみに予想をしながら焼きそばもいただいてしまった。ダシが効かせてあるのか水分が多いがなかなか美味。


 さて、ビールも飲み干し、とりあえずパドックへ移動する。中途半端に高知競馬場グルメをご紹介しましたが、いずれ体系立てて紹介していきたいと思います・・・。



高知競馬場


 パドックは普通の楕円形で、逆時計回りという標準スタイル。変わっている点といえば中央に木があるくらいだ。そんなに大きいわけでもなく、枝も変に刈られているので何だか不思議な雰囲気がする。



高知競馬

高知競馬


 周囲はコンクリートの段差になっているので、座って見ている人も多い。


高知競馬場



 馬名一覧は黒板に手書きというレトロなタイプ。姫路のあのインパクトに比べたらそんなに味がある書体というわけではないが、ローカル気分は充分に味わえる。


 特筆すべきは、高知競馬のパドックはすごく雰囲気がよく、和気あいあいとしているということだ。



高知競馬


 ジョッキー同士が整列のときによく談笑しているし、周回のときも、厩務員とジョッキーが喋ったり、ファンからの声援にも顔見知りなのか笑顔で答えている。以前に紹介した金沢の殺伐とした感じや、無表情を決め込んでいなければならない中央競馬のパドックとはえらい違いだ。



高知競馬


高知競馬


 訪問当時に森井美香ジョッキー、別府真衣ジョッキーと、2名の女性ジョッキーがいたのもそれに一役買っているのかもしれない。特に森井ジョッキーはいつもニコニコしていて見ていて和む。(馬券を買っているときに笑っていると、おいおい大丈夫か・・・と思わなくもないが。ちなみに2012年に引退。)



 経営状態が悪い中で開催されている高知競馬。そんな高知でもこんな雰囲気が味わえるというところに少し安心する。やっぱり太平洋を見ながらでっかい心で育ってきた人びとは細かいことにいらいらせずに、楽しんで生きていくことができるんだろうか・・・。


高知競馬


 観客からも「がんばって!」などの声が飛ぶ。温かい雰囲気だ。


 南関東のように「お前もう帰れ!」といったような罵声が飛ぶような雰囲気はない。



高知競馬場



 ちなみに、パドックから馬がいなくなった後に戻ってきた誘導馬には触ることもできる。乗っているおばちゃんも愛想いいぞ。








>>高知競馬場レポートその3へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 浦和競馬場 その1 〜南浦和からバスでアクセス〜
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 マルサ競馬場 その1 〜いざ地中海競馬へ〜


*高知競馬場に関する記事は以下にもあります。

 高知競馬場 その1 ~南国土佐の丘の辺に~
 高知競馬場 その2 ~器の大きい場じゃき~
 高知競馬場 その3 ~南国的馬券道~
 高知競馬場 その4 ~高知競馬という遊び~
 高知競馬場 その5 ~再び南国へ そしてアクセス難~
 高知競馬場 その6 ~洗礼~
 高知競馬場 その7 ~LJS 2009 高知ラウンド~


PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]