佐賀競馬場 その31 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬騎手名鑑第4弾~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 佐賀競馬場 > 佐賀競馬場 その31 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬騎手名鑑第4弾~

佐賀競馬場の騎手一礼
佐賀競馬場のジョッキーたち




*佐賀競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は佐賀競馬場レポートその1からどうぞ。







 どうも。荷桁です。



 佐賀競馬場レポートも31本目になりましたが、もう少しだけ続けたいと思います。皆様は、かつて当ブログに「勝手に佐賀競馬 騎手名鑑」というコーナーがあったことを覚えておりますでしょうか?



 詳細は佐賀競馬場レポートその18をご覧いただきたいのですが、要するに、パドックで写真を撮っているうちに、騎手の皆さんの写真が溜まってきてしまったので、どうせなら一人ひとり紹介してしまおうというテキトーなコーナーでございます。



 以前の記事では2014年現在の騎手の皆さんをご紹介しましたので、今回は2017年春現在で以前から増えた騎手の皆さんをご紹介できればと思います。



 っつー訳で例によってやや唐突ではありますが「勝手に佐賀競馬 騎手名鑑その4」のスタートでございます。ハイ、みなさん拍手!ワー!パフパフ!...


佐賀競馬場のパドック



 さて、本稿を執筆している2017年秋現在、佐賀競馬場には全部で19名の選手が所属している。



 以前の記事から変わったところでは、まず日野太一騎手が廃業してしまった点と大澤誠志郎騎手が高知競馬に移籍してしまったことが挙げられる。しかし、名古屋競馬場から兒島真二騎手が移籍してきて、さらに新人で山口以和騎手が加入し、これで19名という所属人数はキープしている状態だ。



 女性騎手の岩永千明騎手が長期療養中なのが少しもの寂しいが、おおよそ変わらないメンバーで今日も佐賀競馬場は続いていると認識していただければと思います。




佐賀競馬場の山口以和騎手



 さて、ではまず山口以和騎手からご紹介していくことにしよう。名前は「もちかず」と読ませる。1997年生まれの20歳で東京都出身というプロフィールだ。



 以和というやや珍しい名前については、聖徳太子が作った十七条の憲法の第一条の中にある『一に曰く、和を以て貴しと為し、忤ること無きを宗とせよ』という部分から取っているとのこと。




佐賀競馬場の山口以和騎手



 4歳から15歳までクラシックバレエを習っていたという少し変わった経歴だが、乗馬経験がない状態で、地方競馬教養センターに合格したという努力家でもある。



 ちなみに、佐賀のトップジョッキー山口勲騎手と苗字が同じだが、特に親戚関係はないとのことだ。




佐賀競馬場の山口以和騎手



 東京都出身なのになんでまた佐賀競馬に?という部分だが、本人曰く、親戚が福岡にいるので、九州という土地が身近だったことと、近い年の新人がいなかったということらしい。その読みはうまくいったようで、所属の手島勝利厩舎には兄弟子に鮫島克也騎手もおり、いい環境で腕を磨けているようである。



 2016年は年間22勝だったが、2017年は既に27勝と勝ち星も順調に伸びており今後が楽しみなジョッキーである。恵まれた環境を活かして頑張ってほしいところだ。
 



佐賀競馬場の兒島真二騎手



 さて、お次は名古屋競馬場から移籍してきた、兒島真二騎手だ。



 実はこのお方は、名古屋競馬場所属時代に「勝手に名古屋競馬 騎手名鑑」にて、さらに佐賀競馬場で短期免許で騎乗していた際に以前の「勝手に佐賀競馬場 騎手名鑑」でもご紹介しているという過去があり、ご本人はまったくうれしくないと思うが、当コーナーでは異例の3度目の登場と言うことになる。なんかスミマセン!




佐賀競馬場の兒島真二騎手



 2015年2月15日付をもって名古屋競馬から佐賀競馬に移籍した兒島騎手だが、移籍後も堅実な騎乗を続け、2015年、2016年とリーディングトップ10に食い込む活躍を見せている。



 移籍半年後には九州ジュニアチャンピオンをソウダイショウで制し、佐賀S1を制するという快挙を成し遂げた。騎乗したソウダイショウはこのレースで5番人気。11頭立てのレースで後方10番手からの一気の末脚で差し切るというベテランの技がいかんなく発揮されたレースとなった。兒島真二騎手の騎乗はこうした”痺れる”騎乗が多いからいいですよね。




の兒島真二騎手



 名古屋時代から、兒島騎手の騎乗はファンが納得する騎乗が多く、安定感があるのが魅力だ。「へたくそ!コノヤロー!!」みたいな罵声を浴びせたくなるような騎乗はほとんどない。馬の適性を考えずに無理やり先行してバテるような騎乗もなく、個人的にはかなり信頼を置いている騎手だ。



 名古屋時代はやや騎乗数が落ちていたが、佐賀ではどんどん騎乗数が増えてきて、以前よりもイキイキと騎乗しているように見える。御年55歳だが、まだまだ頑張っていただきたいところである。



 ってなわけで佐賀競馬場に新たにやってきた2名はこんな感じでござりまする。




佐賀競馬場で期間限定騎乗していた岡村健司騎手



 ちなみに、荷桁の訪問時には船橋競馬所属の岡村健司騎手が佐賀競馬場で短期騎乗をしていた。公式サイトでも「武者修行」と表現されていたように、佐賀競馬場には腕を磨くためにやってきていたようだ。



 滞在中は38勝を挙げて、重賞・耶馬溪賞も勝つなどかなりの存在感を放っていた。佐賀での経験を糧に、是非頑張っていただきたい。現在南関東リーディング上位で頑張っている本橋孝太騎手も高知で一年武者修行を経験しているしね。




佐賀競馬場のレース風景



 さて、ここいらで一度、佐賀競馬場の騎手リーディングの状況を確認しておくことにしよう。



 前述のとおりあまり人の入れ替わりがない佐賀競馬であるが、その状況に変化はあったのだろうか?



 
佐賀競馬場の山口勲騎手



 結論から申し上げると、山口勲一強体制はまったく変わってない。相変わらずぶっちぎりの存在で二位にダブルスコアほどの大差をつけてリーディング一位に君臨しているぞ。



 その後ろを固める鮫島克也騎手、真島正徳騎手の2名も変わらず2位・3位にどっしりと構えており、若手騎手がトップ3を脅かすのはまだ難しいようである。




通算4000勝を挙げた佐賀競馬場の山口勲騎手


通算4000勝を挙げた佐賀競馬場の山口勲騎手



 ちなみに、荷桁の訪問時に山口勲騎手が4000勝を挙げた。



 貴重な瞬間に立ち会えた一方、本人も周囲も「まあ、まだ通過点だし・・・」という感じでそこまで盛り上がっていなかったのが印象的であった。あと5年もすれば5000勝は射程圏内だし、盛り上がってくるのもおそらくそのあたりであろう。既に4715勝を挙げている鮫島克也騎手とともに伝説を作っていっていただきたいものだ。




佐賀競馬場の石川慎将騎手


佐賀競馬場の田中純騎手


佐賀競馬場の川島拓騎手



 さて、若手はというと注目はこの3人か。



 上から石川慎将騎手、田中純騎手、川島拓騎手である。ともに、リーディング1ケタに食い込む若手として、三強を脅かす存在になってきている面々だ。



 課題としては毎年安定した成績を残すことか。石川騎手は2016年はリーディング4位であったが、2017年は10月現在で9位に甘んじている。川島拓騎手は2014年15位、2015年11位、2016年8位と徐々に順位を上げているが、2017年10月現在では12位とベテラン勢に苦戦を強いられている。上位で安定しようと思うとなかなか難しいということなのであろう。



 そう考えると、毎年リーディング5位前後で安定している田中純騎手が比較的若い騎手の中では頭一つ抜けた存在かもしれない。




佐賀競馬場のレース風景



 若手にも頑張ってほしいが、倉富隆一郎騎手、小松丈二騎手などの中堅もいて、佐賀競馬場の騎手リーディング4位以降は毎年大混戦が続いており、それはそれでファンとしては楽しい見どころになっている。



 佐賀競馬場に行った際には、そのあたりの力関係も見ながら自分好みの騎手を応援してみるというのもまた楽しいかもしれませんぜ。



 さて、だいぶ長くなってきましたが、次回、もう少しだけ佐賀競馬の話をさせていただければと思います・・・。




 



>>佐賀競馬場レポートその32へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 荒尾競馬場 その1 ~そしてとうとう九州競馬へ~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~
 福山競馬場 その1 ~私的福山競馬史~
 金沢競馬場 その1 ~金沢けいば冬景色~
 姫路競馬場 その1 ~初夏だけのパラダイス~
 旭川競馬場 その1 ~北に競馬があるから~
 水沢競馬場 その1 ~水沢江刺に競馬のためだけに~


*佐賀競馬場に関する記事は以下にもあります。

 佐賀競馬場 その1 ~鳥栖まで戻って佐賀へ~
 佐賀競馬場 その2 ~パドックと武士文化~
 佐賀競馬場 その3 ~SAGA HORSE RACE~
 佐賀競馬場 その4 ~佐賀競馬場グルメ~
 佐賀競馬場 その5 ~困ったときの観音様~
 佐賀競馬場 その6 ~4年ぶりの佐賀競馬へ~
 佐賀競馬場 その7 ~佐賀は佐賀だった~
 佐賀競馬場 その8 ~久々のスタンド~
 佐賀競馬場 その9 ~佐賀競馬スタンド2階へ~
 佐賀競馬場 その10 ~佐賀競馬スタンド2階~
 佐賀競馬場 その11 ~佐賀競馬スタンド指定席~
 佐賀競馬場 その12 ~佐賀競馬場でみつけたモノたち~
 佐賀競馬場 その13 ~いざ勝負 佐賀競馬~
 佐賀競馬場 その14 ~なかなかうまくいかん~
 佐賀競馬場 その15 ~ここで一発竹吉先生~
 佐賀競馬場 その16 ~久々の佐賀競馬場グルメ~
 佐賀競馬場 その17 ~佐賀競馬場グルメ 甘味も!~
 佐賀競馬場 その18 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬 騎手名鑑第1弾~
 佐賀競馬場 その19 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬 騎手名鑑第2弾~
 佐賀競馬場 その20 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬騎手名鑑第3弾~
 佐賀競馬場 その21 ~佐賀競馬場 アクセス 神埼駅から佐賀競馬場へ~
 佐賀競馬場 その22 ~佐賀競馬場の駐車場とバス停からの道中~
 佐賀競馬場 その23 ~Wi-Fiが飛ぶスタンド1階~
 佐賀競馬場 その24 ~スタンド2階をもう一度~
 佐賀競馬場 その25 ~指定席で行こう~
 佐賀競馬場 その26 ~佐賀競馬場 ロイヤル席~
 佐賀競馬場 その27 ~佐賀競馬場 グルメ 龍ラーメン 赤浦と丸善 ハローのタコ焼き ~
 佐賀競馬場 その28 ~佐賀競馬場 グルメ 食堂街の亭謝馬~
 佐賀競馬場 その29 ~佐賀競馬場 グルメ ごぼう天うどんと2階の売店たち~
 佐賀競馬場 その30 ~佐賀競馬場 グルメ 3階の食堂 あたり矢・朝日屋・すずらん~
 佐賀競馬場 その31 ~佐賀競馬場 勝手に佐賀競馬騎手名鑑第4弾~
 佐賀競馬場 その32 ~佐賀競馬場 2017年・春~



PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]