京都競馬場 その28 ~京都競馬場 グルメ 売店編 樋口と平田~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 京都競馬場 > 京都競馬場 その28 ~京都競馬場 グルメ 売店編 樋口と平田~

京都競馬場の売店樋口
京都競馬場 売店「樋口」


*京都競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は京都競馬場レポートその1からどうぞ。




 どもども荷桁です。


 さて、まいど恐縮ではございますが、このところ続いております、京都競馬場のグルメの話を今回もしていきたいと考えております。


 京都競馬のグルメについては京都競馬場レポートその21でのフードコートの紹介にはじまり、その後は主にレストラン、食堂を中心にご紹介をしてまいりました。もちろん、フードコートとレストランだけ分かっていれば京都競馬場のグルメもある程度事足りる部分というのは当然あるわけですが、一方で京都競馬場には無数の売店が存在しており、しかも無視のできない品々を取り揃えているというのが現実的にはございます。



 当然これも紹介しないわけにはいかんだろうということで、今回からは無数にある京都競馬場の売店を整理しつつ、同時に売っている食い物を紹介していければと思います。それでは京都競馬場グルメの売店編、スタートです...


京都競馬場樋口の外観



 さて、京都競馬場の売店事情を語るにあたって避けて通れないのが「樋口」と「平田」の存在である。京都競馬場の売店は写真のとおり、特に屋号を大きく掲げていないので、けっこうな頻度で通っている人でもあまり意識していないかもしれないが、実は2016年秋現在、京都競馬場の売店のうち、臨時出店などのレアケースを除き、3軒が樋口、5軒が平田となっており、両者でけっこうな勢力を持っているのだ。



 「言われてみれば売っているものが似ているお店がちらほらあったなあ」と気が付かれる方も中にはいるだろう。荷桁もこんなブログをやっていなければおそらくスルーしていたと思うが、気が付いてしまったのだから仕方がない。
 


 そんなわけで、まずは写真の「樋口」の方からご紹介していくことにしよう。



京都競馬場樋口



 「樋口」は1階、2階、4階にそれぞれ一店舗づつを展開している売店だ。この写真は2階の店舗で、その上の写真は4階の店舗である。



 写真を見てお分かりいただけるとおり、飲み物、酒、つまみ、軽食などなんでもありの売店である。タコ焼きや、フランクフルト、アメリカンドッグなど比較的スタンダードな軽食を取り揃えており、万人受けする雰囲気を醸し出している。お酒はビールは530円と場内設定価格。ほかチューハイ410円、日本酒400円、角ハイボール380円などを置いている様子だ。




京都競馬場樋口の唐揚げ



 樋口からまずご紹介するのはこちらの唐揚げチキン400円である。非常に無難な雰囲気の唐揚げだが、荷桁がこういうホカ弁っぽい作りの唐揚げが好きということもあり、ちょいちょい小腹が空いたときに購入してしまう一品である。市中で流行っているような下味がガツンとくるようなものでもないし、衣がパリパリで素晴らしい!というものではないが、ちょいと腹に入れておきたいというときはアリな逸品だ。





京都競馬場樋口のビッグチキン



 樋口でより有名なのはこちらのビッグチキンであろう。こちらもお値段400円。見てのとおり、鳥のもも肉を丸ごと唐揚げにしたジャンクな逸品だ。浦和競馬場のチキンカツを思わせるインパクトだ。



 お味の方は、ある程度ジャンキーな食べ物が好きならという注釈はつくが、けっこう美味い。衣にしっかり味がついているのと、若干スパイシーな雰囲気なので、ビールのアテには持って来いだ。女子や高齢者にはくどすぎるとなってしまうおそれもあるので、そのへんだけご注意いただきたい。荷桁はこういうの好きなので、全然OKなのだが・・・。





京都競馬場GOD SPEED




 ちなみに、1階のお店は屋号に「GOD SPEED」とあるがJRA公式サイトによると、これも「樋口」なのでご注意いただきたい。よく見ると、これも売っているものはタコ焼きなど、樋口と同じものである。



 一応、過去にゴッドスピードという馬がいて中山大障害を勝ったりもしているのだが、まあこの屋号はそれとは関係ないだろう・・・。なんなんだろう。屋号そのままで居抜きでもしたんだろうか。




京都競馬場きつねそば


 ちなみに、樋口はG1開催週のみ、4階の店舗のすぐ後ろのお店で「ぶっかけきつねそば」をメインとしたお店をオープンさせている。いわゆる期間限定店舗というやつだ。




京都競馬場ぶっかけきつねそば



 こちらがその「ぶっかけきつねそば(500円)」にちくわ天(値段失念)をトッピングしたもの。わりとしっかり冷えているが、すぐ出てきたので、おそらく茹で置いた麺を冷蔵庫で冷やしておいて、そこに冷たい麺つゆをかけて出しているのだろう。



 ほかの具材もけっこうあるので、肝心のキツネが目立たないが、まあ、味はそれなりだ。冷たい麺類を500円でさっと出すというお店はほかにはあまりないので、もしかしたら夏の場外発売時あたりのほうが相性がよいのかもしれないが、まあこの立地だとそれも難しいのかもしれない。なかなか噛みあわないものですね。




京都競馬場平田



 さて、京都競馬場の売店と言えば樋口と並んでもうひとつ、平田を忘れてはならない。コーヒーやドリンクに特化した店舗も一部あるが、京都競馬場内で5軒を展開する、最大勢力の売店だ。



 1階に1軒、2階に2軒、6階に1軒、7階に1軒、それぞれ存在している。




京都競馬場平田吉田



 基本的には単独で店舗を構えているが、一部2階の店舗は吉田という売店と店舗スペースを微妙に分け合っていたりもする。写真がそれなのだが、ビラビラとメニューの張り紙が貼ってある右側3/4くらいが平田で、左の少し雰囲気の違うお店が吉田である。ファンからすると非常にどうでもよい話かもしれないが、一応書いておこう。



 ここも基本的にはドリンクからつまみ、食事まで基本的に揃うお店だが食事やつまみはお店によって置いてあるものが違ったりする。店によっては焼きそばやカレーライスも置いているので、食堂が一杯の時間帯に空いていたらこちらを使ってみるのも手である。揚げ餅やぜんざいなど個性的なメニューも気になるところだ。



 尚、お酒の価格はビールこそ場内設定価格どおりだが、日本酒400円、焼酎310円(梅干し入り360円)、レモンサワー260円と飲み物は樋口に比べても多少割安な設定になっている。京都競馬場もお目当てのお酒によってはいろんな売店を併用するのがよいパターンだ。懐かしいセンタンの肉まん(センタンこと林一二株式会社は既に肉まん事業からは撤退しているはずなので中身は別会社の製品だと思うが)の温蔵ショーケースもイカしている。




京都競馬場の平田




 そんな平田なのだが、食べ物以外では生理用ナプキンを売っているというところが珍しい。



 競輪場や競艇場ではよく老眼鏡が売っていたりするのだが、それと同じくこれも需要があってのことだろう。コンビニが場内にない分、こうした売店がお客さんの痒いところに手が届くようにしておくというのは大事なことなのだろう。ギャンブル場も食べ物だけでなく、雑貨系の商品をいろいろ取り揃えると、意外なところに需要が生まれるかもしれない・・・。




京都競馬場平田の突き出し



 ごちゃごちゃ述べてきたが、平田と言えば、有名なのがこちらの「つきだし」シリーズである。オール350円で、ゲソ唐揚げ、たこ唐揚げ、かしわ唐揚げ、串カツ、ポテトなどスタンダードなおつまみを購入することができる。これ単品をというよりはお酒の友にという具合だが、いかにもレモンサワーに合いそうなラインナップでグッとくるメンツだ。




京都競馬場平田のゲソ唐揚げ


 
 そんな「つきだし」軍団からは、ゲソの唐揚げをご紹介。作り置きなので、噛むと揚げ油が染み出し、中のイカの水分も抜け気味なのだが、これを競馬場特有の新聞のにおいを鼻から吸い込みつつ、ガジガジと噛んで、レモンサワーを流し込めば、これはこれで説得力がある逸品である。え?感想がマニアックすぎてよく分からない?こんなマニアックなブログ読んでる時点で、そこは諦めてくださいな。




京都競馬場平田のカレーホットドッグ


 もうひとつ、平田で有名なのは、こちらのホットドッグである。


 こちらは通常のホットドッグとは違い、カレー味のホットドッグとして知られており、1階20番柱付近の平田にはだいたい置いてある逸品である。250円。カレードッグなどと呼ばれることもある。


 中に入っているキャベツと玉ねぎにカレー味がついており(カレーで炒めている感じ)、ケチャップなどをかけず、そのままいただく。


 「あ。カレー粉だあw」と思わず笑ってしまうスタンダードなカレー粉のお味が口に広がり、予想通りの旨さである。袋に入っているのでそこはかとなくフニャフニャ感があるのもB級グルメ感があってよい。




京都競馬場平田のカレー味ホットドッグ



 一応、ビニール袋に貼ってあったラベルを見ると、平田商事という表記があり、競馬場内で製造していることをにおわせている。まあ、どうでもいいお話しではありますが。




 さて、京都競馬場の樋口と平田はいかがだっただろうか。ちなみにややこしいが、平田のカレードッグや樋口のビッグチキンなど、ある程度有名なメニューは違う屋号のお店にも卸しているようで、ほかのお店でも購入ができたりすることもある。その辺の緩い部分もなかなか面白いところだ。


 
 ここまで京都競馬場は画一的なレストランが多いなどと述べてきたが、売店はいろいろ昔からのカルチャーを残しつつやっている感があり、やや面白味が出てきた感がある。


 
 さて、ここまで長かったが、次回売店の残りをご紹介して、いったん京都競馬場レポートは一区切りである。もうすぐおしまいなので、よろしくお付き合いください・・・。




 



>>京都競馬場レポートその29へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 阪神競馬場 その1 ~阪神競馬場の歴史と私的な思い出~
 小倉競馬場 その1 ~どうにかこうにか小倉~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 東京競馬場 その1 ~大きいことはいいことだ~

*京都競馬場に関する記事は以下にもあります。

 京都競馬場 その1 ~淀の競馬の歴史と今~
 京都競馬場 その2 ~京都競馬場 アクセス~
 京都競馬場 その3 ~京都競馬場 駐車場~
 京都競馬場 その4 ~京都競馬場 入場門とシンザンと公園とわたし~
 京都競馬場 その5 ~京都競馬場散歩 お稲荷さん、馬頭観音、そして名馬たち~
 京都競馬場 その6 ~京都競馬場の公園 陽だまり広場と緑の広場~
 京都競馬場 その7 ~京都競馬場 パドック~
 京都競馬場 その8 ~京都競馬場 グランドスワンとビッグスワン~
 京都競馬場 その9 ~京都競馬場 スタンド1階~
 京都競馬場 その10 ~京都競馬場 スタンド2階 ATM・三冠馬ホールなど~
 京都競馬場 その11 ~京都競馬場 スタンド2階 鉄火場ゾーン~
 京都競馬場 その12 ~京都競馬場 スタンド3階 スローダンとメモリアルロード~
 京都競馬場 その13 ~京都競馬場 スタンド4階 シグネットホールほか~
 京都競馬場 その14 ~京都競馬場 観覧席 スタンド屋外席1~4階~
 京都競馬場 その15 ~京都競馬場 指定席 ラウンジシートとL-テーブル~
 京都競馬場 その16 ~京都競馬場 指定席 5階A指定・B指定席~
 京都競馬場 その17 ~京都競馬場 指定席 グランドスワン6階~
 京都競馬場 その18 ~京都競馬場 芝生席・スタンド前での観戦~
 京都競馬場 その19 ~京都競馬場 ウイナーズサークルほか~
 京都競馬場 その20 ~京都競馬場 コースや昔の馬券の話~
 京都競馬場 その21 ~京都競馬場 グルメ ファーストフードプラザ すいとん・吉野家・モスバーガーほか~
 京都競馬場 その22 ~京都競馬場 グルメ れすとらん花家~
 京都競馬場 その23 ~京都競馬場 グルメ レストランプラザ 駒・こだま・阪急食堂・春陽堂・大湖~
 京都競馬場 その24 ~京都競馬場 グルメ 京藤・おおつき・比龍・白鳥~
 京都競馬場 その25 ~京都競馬場 グルメ まとゐ鮨・レストラン藤・AMON~
 京都競馬場 その26 ~京都競馬場 グルメ 指定席エリア 駒・阪急梅八~
 京都競馬場 その27 ~京都競馬場 グルメ 指定席エリア レストラン京阪・カレーショップシルヴァー~
 京都競馬場 その28 ~京都競馬場 グルメ 売店編 樋口と平田~
 京都競馬場 その29 ~京都競馬場 グルメ 売店編 Two days、コメタ、森久ほか~




*テーマが近い記事はこちらから。

 函館競馬場 その9 ~函館競馬場 グルメ~ 
 福島競馬場 その2 ~福島競馬場 グルメ~
 新潟競馬場 その3 ~直線競馬とタレカツ丼~
 中京競馬場 その12 ~中京競馬場グルメ ペガサス1階~
 京都競馬場 その21 ~京都競馬場 グルメ ファーストフードプラザ すいとん・吉野家・モスバーガーほか~
 阪神競馬場 その15 ~阪神競馬場グルメ 東ウイング1階フードプラザ~
 小倉競馬場 その7 ~小倉競馬場 グルメ~
 盛岡競馬場 その3 ~盛岡競馬場グルメ~
 水沢競馬場 その8 ~水沢競馬場 グルメ~
 川崎競馬場 その3 ~怒涛の川崎競馬グルメ 前編~
 浦和競馬場 その13 〜浦和競馬場グルメ フライ天国〜
 大井競馬場 その16 ~大井競馬場 グルメ その1 第一仲商店~
 名古屋競馬場 その3 ~名古屋競馬場グルメ~
 名古屋競馬場 その11 ~名古屋競馬場グルメ 第2弾 えびすや~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 園田競馬場 その17 ~園田競馬場グルメ 明石屋のたこ天・西ホルモン・園田屋ほか~
 姫路競馬場 その6 ~追加レポート後編~
 福山競馬場 その9 ~福山競馬場 グルメ~
 佐賀競馬場 その4 ~佐賀競馬場グルメ~
 佐賀競馬場 その16 ~久々の佐賀競馬場グルメ~
 荒尾競馬場 その4 ~荒尾競馬グルメ~
 荒尾競馬場 その10 ~忘れグルメを食べにきました~
 ソウル競馬場 その12 〜ソウル競馬場グルメ〜
 フートー競馬場 その12 〜フートー競馬場グルメ〜
 マルサ競馬場 その15 〜マルサ競馬場グルメとビール〜
 ニコシア競馬場 その15 〜ニコシア競馬場グルメ〜
PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]