中京競馬場 その13 ~中京競馬場グルメ 中競スタンドほか~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 中京競馬場 > 中京競馬場 その13 ~中京競馬場グルメ 中競スタンドほか~

中京競馬場
中京競馬場 ペガサス2階の立食スペース



*中京競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。




 さて、静岡競輪場に行ったりなんだりで少し間が空きましたが、中京競馬場レポートの13回目とまいりましょう。


 前回から、中京競馬場のグルメに関して述べておりますので今回もグルメの話をしていくことにします。前回レポートではペガサス1階にあります売店・フードコート系のお店を紹介しましたので、今回は同じペガサスの2~4Fにあるお店を紹介していくことにしましょう...




 前回、中京競馬場にはあまり大規模な立食スペースはないという話をした。冒頭の写真はペガサス2階のテイクアウト系店舗の前にある立食スペースなのだが、ご覧のとおり、そんなに広いと言うこともなく微妙な規模感である。


 ペガサスの2Fから4Fにかけてはフード―コート・テイクアウト系のお店だけで9軒が存在している。さすがに荷桁も9軒すべてをくまなくまわっているわけではないので(飲み物だけなら利用しているかもしれないが)、写真を残しているものを中心に抜粋して紹介していくことにする。


中京競馬場


 荷桁がよく使うのがこちらの「中競スタンド」。フードコート的な空間(いちおうこれも”はなのき”と名前がついている)の奥まったところに存在している。


 この中競スタンドは中京競馬場開業時からのお店とのことで。歴史は古い。


 メニュー品目も、もつ煮込み、おでんのほかは酒類とコーヒーのみとモノカルチャー的な品ぞろえも硬派でよろしい。


中京


 この店でもつ煮込みと称して売られているのが、こちら。


 地元では「どて」「どて煮」と言われることが多い豚の臓物とこんにゃくを味噌で煮込んだ逸品だ。南関東やなんかで売っているもつ煮込みとは若干毛色が違うのでご注意願いたい。


 ここのもつ煮込みは名古屋で言う一般的な「どて煮」と同じく、赤味噌ベースの味付けなのだが、ここのは客の好みに合わせてか、やや調味料で甘めに味付けをしており、名古屋競馬や笠松競馬で出てくるような真っ黒などて煮よりは幾分マイルドな感じに仕上がっている。その分、上にかかっている白ネギがアクセントになっていて美味い。この料理自体がクセのある食べ物なので、ダメな人はダメかもしれないが、ローカルな食べ物なので、初心者は是非ともご賞味あれ。


中京


 荷桁はいつもこの煮込みと一緒に、ワンカップを飲むことが多い。


 マニアックな飲酒カルチャーの話になってしまい恐縮だが、比較的高齢層の名古屋の労働者たちはこの手のもっちゃり甘いカップ酒・パック酒が大好きな傾向がある。今はどうだか知らないけど、荷桁が高校生くらいの頃は駅のホームの立ち食いそば屋が夕方からは居酒屋になって、オッサンたちはみんなそこで、鬼ころしなどのカップ酒をおでんを湯煎する機械で温めて飲んでいた記憶がある。


 競馬をぼんやり眺めながら甘くてねちゃねちゃしたもつ煮込みと甘くてねちゃねちゃしたワンカップを飲んでいると、自分がいよいよダメ人間になった感じがしてくるが、そんな退廃的な気分を味わってみたい方は名古屋飲兵衛の王道としてのこの組み合わせを是非味わってほしい。



中京競馬場


 ちなみに、このもつ煮込みをご飯の上にかけたどて丼なるメニューも存在する。荷桁の勘違いかもしれないが、少し前までこの店にはこんなメニューなかった気がするのだが、現在はだいたい行くとやっている。


 中京競馬場のテイクアウト系店舗はさすがに昼時はどこも混雑することが多いのだが、この店はあまり「ごはんもの」をやっているイメージが客に定着していないため、昼休みでも行列ができるということは少ない。なので、あまり並ばずにご飯ものを食べたいという場合は、ここのどて丼は重宝するというマニアックな側面があることを追記しておこう。



中京競馬場


 ちなみに、ここのおでんは味噌おでんではなく、一般的なおでん。好きなものを3つ選んで290円というパターンである。



中京競馬場


 さて、その中競スタンドの右にはタツミが存在している。


 1階にあったタツミと品ぞろえはそんなに変わらない感じである。


中京競馬場の炊き込みご飯



 ここのタツミで荷桁が激プッシュするのが、こちらの炊き込みご飯である。400円と少し高い感覚もするが、味付けがしっかりしており、食べてびっくりけっこう美味い。味噌汁200円というメニューもあるので合わせ技一本で優しいメニューでランチをキメるというのも粋な感じかもしれない。隣のメン太閤との合わせ技もイケるかもしれないな。。。




中京競馬場



 さらに中競スタンド・タツミと連なるフードコートの並びには「メン太閤」なる麺類のお店がある。


 1階のドン太閤が丼ものメインのお店だったのに対して、こちらは読んで字のごとく、麺類を専門に扱っている、太閤つながりの一軒だ。



中京競馬場




 見てのとおり、うどんやらそばがウリの店。写真はかき揚げそばだが、かき揚げは店内で調理しており、なかなかふわふわでよろしい。ヘビーなご当地メシが多い中京においては食欲のないときでも便利な手堅いお店である。




中京


 前回のレポートでもかつて存在していた福三という店がなくなってドン太閤になったという話をしたが、2階のこちらもかつて福三だったがなくなってメン太閤になったという経緯がある。


 かつて勢力を誇った福三軍団が太閤軍団に駆逐されていくこの経緯、いったいどうなっているのか調べてみたいところである・・・(福三が屋号変えただけなのかもしれんが)。



中京競馬場


 ペガサス2階の馬券売り場側にも売店がある。その名も「mona mona」だ。


 モナモナカレーなるカレーを主力商品に、少しこじゃれた感じのスナック類を取り揃えているので、どて煮とか串カツとかそういうのじゃないのが食べたいんだよね、というタイプの方には重宝するだろう。



中京競馬場


 こちらが、モナモナカレー。たしか500円切るくらいの値付けだった記憶が。


 見てのとおり肉がけっこう入っていて、満足度が高い。春巻のような揚げものがついているが、これは夕方に近いような時間に行ったらサービスでのせてくれたと記憶している。


 ここ以外には、あまりカレーをウリにしている店はないので、とにかくカレーが食べたいんですという方はこちらがおススメ。



中京競馬場



 そのほか、こちらの揚げたこ串のようなスナックメニューも充実。飲み物も安めの設定だし、けっこうイチオシのお店である。




中京競馬場



 ペガサス2階には、売店のすみれも存在している。


 揚げ物が中心のお店だが、どて煮・どて丼を供しており、さくっとご飯ものを買うこともできるバランスのいいお店だ。



中京競馬場


 3階に上がると、トップというこれまた似たような売店もある。


 こちらは、どちらかというと軽食に徹している感じ。特にパンチの効いた名物メニューがあるわけでもないが、おでんやおにぎり、串カツなどスタンダードなラインナップが揃っているのでこういう店があると助かることは助かる。



中京競馬場


 さて、続いては、4階の指定席エリアに移ろう。


 こちらは太閤系の3店舗目。カチ太閤。これまでの店が丼とか麺を推していたのだが、こちらは「カチ」という幾分抽象的な感じの名前になっている。メニューの取り揃えも、全方位作戦で酒・つまみ・食事ものといろいろ置いている。



中京競馬場


 こちらでは塩やきそばをいただいた。


 よくも悪くも予想通りのおいしさと言った風情。意外と冷めても美味しいので、食事でいただくのもよいが、つまみ的な感じでビールやチューハイと一緒に少しづつ食べてみたりするのが賢い食べ方かもしれない。



中京競馬場



 ちなみに、こちらのカチ太閤では唐揚げもいただいたことがある。


 いかにもホカ弁屋とかで出てきそうな出来合い唐揚げなのだが、これがけっこう美味い。最近は市中にも、唐揚げ専門店などがたくさんできて、日本の唐揚げ界は大戦国時代だが、こうした少しちゃちな感じのから揚げも一方で需要があるのも事実。荷桁はあまり本格的なものよりもこっちのほうが好きなんだよなあ。



中京競馬場


 4階の指定席エリアには、そんなカチ太閤のほかに、タツミがある。


 ここは階下の2店舗と似たような品揃えをしている一方で、やや独自にお好み焼きをプッシュしているという構成になっている。


 ここでは大体、酒類を購入しているのだが、たまに食べ物も購入している。



中京競馬場



 ここでは竜田揚げを購入した。これもジューシーで美味い。


 夏競馬はこれでレモンチューハイとかウーロン割り飲んだりしたら、無尽蔵に飲めてしまうのでよくないな。



 さて、ここまでペガサスの売店・フードコート系のお店を紹介してきたが、まだ全ては紹介しきれていない。入れ替わりも発生するのですべてとはなかなかいかないかもしれないが、また訪問した際には紹介していきたいと思います。



 時間がかかっておりますが、次回はペガサス以外のお店も紹介してまいります・・・。




 


>>中京競馬場レポートその14へ




*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 小倉競馬場 その1 ~どうにかこうにか小倉~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~


*中京競馬場に関する記事は以下にもあります。

 中京競馬場 その1 ~やっとこさ中京競馬場~
 中京競馬場 その2 ~中京競馬場 アクセス~
 中京競馬場 その3 ~中京競馬場 駐車場~
 中京競馬場 その4 ~中京競馬場に踏み入るもまた長話~
 中京競馬場 その5 ~中京競馬場徘徊から見るトヨタと名鉄~
 中京競馬場 その6 ~ツインハットと指定席~
 中京競馬場 その7 ~ふざけんなペガサス~
 中京競馬場 その8 ~ペガサスからの眺望~
 中京競馬場 その9 ~中京競馬場パドック~
 中京競馬場 その10 ~中京競馬場で馬と人を楽しむ~
 中京競馬場 その11 ~中京競馬 馬券考~
 中京競馬場 その12 ~中京競馬場グルメ ペガサス1階~
 中京競馬場 その13 ~中京競馬場グルメ 中競スタンド・ほか~
 中京競馬場 その14 ~中京競馬場グルメ 泉七八ほか~
 中京競馬場 その15 ~中京競馬場グルメ はし本ほか~
 中京競馬場 その16 ~ローカルと呼ばれながら~
 中京競馬場 その17 ~第一回 中京競馬場どて煮ステークス~
 中京競馬場 その18 ~中京競馬場 場外発売所~
 中京競馬場 その19 ~中京競馬場 平日のパノラマカー~
 中京競馬場 その20 ~中京競馬場 トリックアートとおがわじゅり先生~
 中京競馬場 その21 ~中京競馬場 公園の様子~
 中京競馬場 その22 ~中京競馬場 平日の公園で見つけたものたち~



*テーマが近い記事はこちらから。

 函館競馬場 その9 ~函館競馬場 グルメ~ 
 福島競馬場 その2 ~福島競馬場 グルメ~
 新潟競馬場 その3 ~直線競馬とタレカツ丼~
 中京競馬場 その12 ~中京競馬場グルメ ペガサス1階~
 京都競馬場 その21 ~京都競馬場 グルメ ファーストフードプラザ すいとん・吉野家・モスバーガーほか~
 阪神競馬場 その15 ~阪神競馬場グルメ 東ウイング1階フードプラザ~
 小倉競馬場 その7 ~小倉競馬場 グルメ~
 盛岡競馬場 その3 ~盛岡競馬場グルメ~
 水沢競馬場 その8 ~水沢競馬場 グルメ~
 川崎競馬場 その3 ~怒涛の川崎競馬グルメ 前編~
 浦和競馬場 その13 〜浦和競馬場グルメ フライ天国〜
 大井競馬場 その16 ~大井競馬場 グルメ その1 第一仲商店~
 名古屋競馬場 その3 ~名古屋競馬場グルメ~
 名古屋競馬場 その11 ~名古屋競馬場グルメ 第2弾 えびすや~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 園田競馬場 その17 ~園田競馬場グルメ 明石屋のたこ天・西ホルモン・園田屋ほか~
 姫路競馬場 その6 ~追加レポート後編~
 福山競馬場 その9 ~福山競馬場 グルメ~
 佐賀競馬場 その4 ~佐賀競馬場グルメ~
 佐賀競馬場 その16 ~久々の佐賀競馬場グルメ~
 荒尾競馬場 その4 ~荒尾競馬グルメ~
 荒尾競馬場 その10 ~忘れグルメを食べにきました~
 ソウル競馬場 その12 〜ソウル競馬場グルメ〜
 フートー競馬場 その12 〜フートー競馬場グルメ〜
 マルサ競馬場 その15 〜マルサ競馬場グルメとビール〜
 ニコシア競馬場 その15 〜ニコシア競馬場グルメ〜





PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]