中京競馬場 その14 ~中京競馬場グルメ 泉七八ほか~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 中京競馬場 > 中京競馬場 その14 ~中京競馬場グルメ 泉七八ほか~

中京競馬場の泉七八
中京競馬場 ツインハットのうどん店「泉七八」



*中京競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方はこちらからどうぞ。



 どうも荷桁です。


 秋競馬も本格的に始まり、ここから年末まではあっという間なんでしょうなあ。いやいや季節の移ろいは早いものでございます。
 


 さて、ここ数回のレポートでは中京競馬場グルメと題しまして、中京競馬場で食べられるものをいろいろ紹介してまいりました。今回もその続きをお送りしてまいります。



 前回までは中京競馬場に2つあるスタンドのうち、主にペガサスの側にある売店・フードコート系のお店を紹介してまいりました。今回はもうひとつのスタンドであるツインハットの側にある売店・フードコート系のお店を主に紹介していくことにします。




中京競馬場の泉七八


 さて、いきなり冒頭の写真でも出しているので申し訳ないが、まずはこちらの「泉七八」を紹介することにしよう。こちらのお店はツインハット2階に存在している。


 *2016年末を持って泉七八は閉店をしてしまいましたので参考としてお読みください



 このお店は「泉七八」と書いて「いずみななはち」と読ませるお店である。



 競馬場メシとしては、中京独自の存在。一応、豊明市内に同様の屋号で「泉七八本店」というお店が存在しているので、その支店ないし流れを汲むお店と見るのが妥当であろう。



 こちらはうどん専門のお店。天ぷら・とろろこんぶ・力・山菜・きつね・かけという、ラインナップでひたすらうどんを販売している。



中京競馬場の天ぷらうどん



 関西で「天ぷらうどん」とした場合、海老天が乗って来る場合が多いが、名古屋では関東と同じくかき揚げが乗っかってくる。



 お味の方は無難に美味しい。特につゆに関しては西日本的な薄味でもなく、関東のかけそばのような濃い目の味でもなく、名古屋人が好む程度にかつおを効かせたほどよい味付けになっている。



 ちなみに、愛知県でうどんと言えば、味噌煮込みが有名だが、庶民の間では志の田(主に尾張)、にかけ(主に三河)という地味なうどんが意外と市民権を持っている(下手したらきしめん以上かもしれん)ということを伝えておこう。競馬場にはないのでここでは深く話はしないが、気になった方は愛知県訪問の際に食してみてください。地味な食べ物なので期待をせずに・・・という注釈はつきますが。


 閑話休題。


中京競馬場のころうどん



 泉七八では夏季開催中には冷やしメニューもある。


 名古屋では濃いめのつゆをかけた冷やしうどんや冷やしきしめんのことを「ころうどん」とか「ころきし」などと呼ぶ。クソどうでもいいが「うどんころ」や「きしころ」とひっくり返すこともある。市中には「えびおろしうどんころ」や「冷やしころカレーうどん」のようなアクロバティックなころメニューを掲げるお店もあるので、名古屋メシに興味のある方は探してみるのもよかろう。



 という言語的な話はさておき、写真は山菜うどんの「ころ」。山菜と言えばどちらかというとそばに乗せるイメージがあるが、まあ細かいところは気にしないほうがよろしい。こちらも無難に美味しい。



 ちなみに、泉七八の豊明本店にはサイドメニューとしておでんがあるようで、なかなかネットで評判がいいのだが、中京競馬場には置いたりしないんだろうか?おにぎりとかも置いてないし、うどんにもう一品需要やおつまみ需要を考えるとありだと思うんだがな・・・。是非ご検討願いたいところである。



 さて、そんな泉七八をまず紹介したが、ツインハットはこの泉七八が存在している2階の一画を中心に売店・フードコート系のお店が集まっている。一応この一画は「フードコートくすのき」という名前がつけられているのだが、ここでも大規模な机は存在しておらず、わずかに立食スペースが存在しているのみである。こちらも食べる環境に関してはペガサス同様、あまりいいとは言えない。



中京競馬場の吉野屋


中京競馬場のモスバーガー



 一応このフードコートの中核を成す感じで、吉野家とモスバーガーという大手全国チェーンも出店をしている。競馬場グルメを紹介するブログとしては、あまり取り上げようもない部分はあるのだが、何せ抜群の安定感を誇る両社の存在が中京競馬場ユーザーの食の需要に応えて有り余る貢献をしているのはいう間でもないだろう。



中京競馬場



 ちなみに、かつてモスバーガーの隣にはケンタッキーフライドチキンもあったのだが、平成26年開催を持って閉店してしまった。荷桁もちょくちょく利用していたので、結構ショックである。中京競馬場の本場動員はそこまでヤバイ水準に来ているのか・・・。


中京競馬場の空き店舗


 しかも、閉店後に特に何が入るわけでもないというのがさらにヤバさを醸し出している。JRAへの上納金が高いのか細かいところは分からないが、ケンタッキーでさえ撤退した跡地で商売をしようというのは外食産業にとってはハードルが高いのかもしれないのう・・・。


 あまりしょぼくれた話ばかりしていても仕方がないので、次へ移ろう。



中京競馬場のターフィーカフェ



 お次に紹介するのはターフィーカフェなるお店。これもツインハット2階。



 一応カフェと銘打っているだけあって、上部のメニュー一覧にはコーヒーやジュースが筆頭格として並んでいるが、生ビールやチューハイ、ワンカップ大関も置いているという、ターフィーくんもついにアル中気味なのかと思わせるカフェとなっている。



 食事メニューも意外と幅広く取り扱っており、焼きそば、カレー、おにぎり、さらにはきゅうりの一本漬けなんつー浦和競馬場みたいなメニューも置いている。あまり行列しないお店なので、さくっと食べたい方にはおススメかも。



中京競馬場のドーナッツ



 このお店に特徴的なのはこちらのドーナッツとパン類。



 プレーン、シュガー、あんとなかなかの充実っぷり。なかなか競馬場でこの手のメニューを出す店というのも少ないので、甘党の方は是非お試しいただきたいところである。



中京競馬場のオリエント


 ちなみに、ツインハット3階に上がると、オリエントなるコーヒーショップも存在している。共にUCCだし、値付けやメニューも似ているのでほぼ系列と考えてもよいかもしれない。




中京競馬場のミニショップMIYAKO



 さて、再びツインハット2階に戻り、ミニショップMIYAKOをご紹介しよう。


 こちらはご覧のとおり、小さいスペースのお店だが、多角的にいろいろ取り揃えて手広くやっている系のお店である。



中京競馬場のMIYAKO



 見てのとおり、たこ焼き、焼きそばは言うに及ばず、おにぎり、助六、弁当など年寄り心をくすぐるメシものが充実している。



中京競馬場の弁当



 混雑日にはこの弁当の品揃え。高松宮記念やダービー・有馬の場外の日などは、ここで弁当を早めに買っておくというのも混雑を避ける上では賢い選択と言えるかもしれないぞ。



中京競馬場の串カツ



 さらにここで面白いのは、このような味噌ダレとカレーソースが置いてあり、串カツを買うとこれにつけて食べることができるというものである。



 味噌は言わずもがなだが、カレーというのがやや珍しい。・・・というかフツーにソースで食べたいという方が全国的には圧倒的に多いだろうが、そんな方の人権が蹂躙されているというのが何とも名古屋らしくて面白いではないか。お越しの際は是非味噌かカレーでチャレンジを。



中京競馬場のカレー



 ちなみに、ミニショップMIYAKOにはフツーのカレーも置いている。味は無難だが値付けが620円とやや強気(訪問時)。この値付けだったらペガサスのモナモナカレー450円に揚げものをトッピングして食べたほうがいいと思われる。ここは少し考えたほうがよいかもしれないね。



中京競馬場のフォルテ


 最後に一階に降りて「フォルテ」をご紹介しよう。


 フォルテは見ての通りの売店でほとんどがドリンクメニューというお店である。それ以外には菓子しか置いておらず、硬派を貫いている。



 こんなところまで読み込んでくださっている、熱心な読者の方にだけこそっと教えてしまうが、2016年現在中京競馬場では、生ビールについては販売価格が530円で固定されているが、サワーやチューハイについては価格設定がお店の裁量に任されているのである。つまり、同じような量であっても店によって値段が違うのだ。10円20円の違いならどうってことないが、店によっては100円もの開きが出る場合もある。


 以下、2016年夏現在の各店のサワー価格一覧だ。もちろん使用している酒の品質が違っているというのはあるかもしれないが、量に関してはどこもほとんど変わらないと考えて問題はない。



410円:Two days、UCCターフィーカフェ、UCCオリエンタル
400円:カチ太閤
390円:ドン太閤、大島屋、トップ、MIYAKO、陣屋
360円:タツミ、すみれ
310円:フォルテ、中競スタンド、mona mona


 実地調査なので、抜け漏れはあしからず。


 ご覧の通り、もっとも高いお店と安いお店で100円も開きがあるので、要注意である。フォルテはさすがにドリンク売店の意地を見せて310円で提供しているので、安心していただきたい。


 ただし、フォルテのサワーは缶である。中競スタンドは樽でレモン入り、モナモナも樽だから・・・おい!フォルテ!ドリンク屋の意地をもっと見せろ!!



 まあ細かい話ではありますが、そんなことも覚えておいてそんはないかと思います。



 もうだいぶ中京のグルメに関しても紹介してまいりましたが、実はまだ少し残っておりますのでもう少しだけおつきあいください。



 



>>中京競馬場レポートその15へ





*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 小倉競馬場 その1 ~どうにかこうにか小倉~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 名古屋競馬場 その1 ~あくまで土古~
 笠松競馬場 その1 ~名馬・名手の里~

*中京競馬場に関する記事は以下にもあります。

 中京競馬場 その1 ~やっとこさ中京競馬場~
 中京競馬場 その2 ~中京競馬場 アクセス~
 中京競馬場 その3 ~中京競馬場 駐車場~
 中京競馬場 その4 ~中京競馬場に踏み入るもまた長話~
 中京競馬場 その5 ~中京競馬場徘徊から見るトヨタと名鉄~
 中京競馬場 その6 ~ツインハットと指定席~
 中京競馬場 その7 ~ふざけんなペガサス~
 中京競馬場 その8 ~ペガサスからの眺望~
 中京競馬場 その9 ~中京競馬場パドック~
 中京競馬場 その10 ~中京競馬場で馬と人を楽しむ~
 中京競馬場 その11 ~中京競馬 馬券考~
 中京競馬場 その12 ~中京競馬場グルメ ペガサス1階~
 中京競馬場 その13 ~中京競馬場グルメ 中競スタンド・ほか~
 中京競馬場 その14 ~中京競馬場グルメ 泉七八ほか~
 中京競馬場 その15 ~中京競馬場グルメ はし本ほか~
 中京競馬場 その16 ~ローカルと呼ばれながら~
 中京競馬場 その17 ~第一回 中京競馬場どて煮ステークス~
 中京競馬場 その18 ~中京競馬場 場外発売所~
 中京競馬場 その19 ~中京競馬場 平日のパノラマカー~
 中京競馬場 その20 ~中京競馬場 トリックアートとおがわじゅり先生~
 中京競馬場 その21 ~中京競馬場 公園の様子~
 中京競馬場 その22 ~中京競馬場 平日の公園で見つけたものたち~



*テーマが近い記事はこちらから。

 函館競馬場 その9 ~函館競馬場 グルメ~ 
 福島競馬場 その2 ~福島競馬場 グルメ~
 新潟競馬場 その3 ~直線競馬とタレカツ丼~
 中京競馬場 その12 ~中京競馬場グルメ ペガサス1階~
 京都競馬場 その21 ~京都競馬場 グルメ ファーストフードプラザ すいとん・吉野家・モスバーガーほか~
 阪神競馬場 その15 ~阪神競馬場グルメ 東ウイング1階フードプラザ~
 小倉競馬場 その7 ~小倉競馬場 グルメ~
 盛岡競馬場 その3 ~盛岡競馬場グルメ~
 水沢競馬場 その8 ~水沢競馬場 グルメ~
 川崎競馬場 その3 ~怒涛の川崎競馬グルメ 前編~
 浦和競馬場 その13 〜浦和競馬場グルメ フライ天国〜
 大井競馬場 その16 ~大井競馬場 グルメ その1 第一仲商店~
 名古屋競馬場 その3 ~名古屋競馬場グルメ~
 名古屋競馬場 その11 ~名古屋競馬場グルメ 第2弾 えびすや~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 園田競馬場 その17 ~園田競馬場グルメ 明石屋のたこ天・西ホルモン・園田屋ほか~
 姫路競馬場 その6 ~追加レポート後編~
 福山競馬場 その9 ~福山競馬場 グルメ~
 佐賀競馬場 その4 ~佐賀競馬場グルメ~
 佐賀競馬場 その16 ~久々の佐賀競馬場グルメ~
 荒尾競馬場 その4 ~荒尾競馬グルメ~
 荒尾競馬場 その10 ~忘れグルメを食べにきました~
 ソウル競馬場 その12 〜ソウル競馬場グルメ〜
 フートー競馬場 その12 〜フートー競馬場グルメ〜
 マルサ競馬場 その15 〜マルサ競馬場グルメとビール〜
 ニコシア競馬場 その15 〜ニコシア競馬場グルメ〜






PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索
















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このサイトについて
 このサイトは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くサイトです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド


忍者AdMax







忍者ブログ [PR]