京都競馬場 その24 ~京都競馬場 グルメ 京藤・おおつき・比龍・白鳥~ そこに競馬があるから 忍者ブログ
日本国内、海外の競馬場の訪問記です。こんなことしてていいのかなあ。でもやめられない。

そこに競馬があるから > 京都競馬場 > 京都競馬場 その24 ~京都競馬場 グルメ 京藤・おおつき・比龍・白鳥~

京都競馬場の京藤
京都競馬場の京藤の呼び込み看板


*京都競馬場レポートの続編です。
初めからお読みになる方は京都競馬場レポートその1からどうぞ。






 長くなってまいりましたが、京都競馬場グルメの話を続けてまいります。


 繰り返しになりますが、京都競馬のグルメ全般については京都競馬場レポートその21にてざっくり語っておりますので、そちらをお読みの上で今回のレポートもお読みいただけますと話が早くてありがたいところです。


 さて、京都競馬場のグルメについてはここまで、ビッグスワン1階のファーストフードプラザ、2階のれすとらん花家、また1階に戻ってレストランプラザとご紹介をしてまいりました。


 今回もレストラン・食堂を中心に紹介をしていこうと思うのですが、その中でも今回はビッグスワンとグランドスワンの3階にある店舗を中心にご紹介していきたいと思います。ちょっと奥まっているところにあるお店なんかもあり、渋い面々がそろいますが、京都競馬場の食堂らしいという部分はあまり外していないお店がほとんどなので、そんな前提で今回も読み進めていただけますと幸いです...


京都競馬場の京藤外観


 さて、そんな流れで、まずはビッグスワン3階にある京藤からご紹介していくことにしよう。


 京藤は京都競馬場の食堂の中でも、もっとも商売っ気のあるレストランである。商売っ気というのは、まあ、冒頭の写真を見てのとおりだが、大量の定食メニューを用意して、それをガンガンアピールしているという意味でである。



京都競馬場の京藤メニュー


 ここまでレポートしてきた食堂たちは「うどんです。どんぶりです。うどん・どんぶりセットです。何か問題でも?」という感じで、どうも一生懸命さが感じられないメニュー構成だったが、京藤はとんかつ、チキンカツ、コロッケ、ハムカツ、シーフードフライ、から揚げ、ハンバーグ、サバみそ煮などやや揚げ物に偏っているが定食類を非常に充実させており、さらにライス大盛り無料、定食のおかず単品注文OKなどガッツリ派や酒飲みも抑えようと頑張っている。



 場所が3階というハンデもあるのだろうが、地方競馬でもなかなかこの必死のパッチ感があるお店はなかなかないので、個人的には好感を持っているお店だ。



京都競馬場の京藤内観


 京藤はテーブル席のほか、カウンター代わりになっている大机も存在している。一人でも入りやすいお店だ。中央の馬のぬいぐるみは、まあ、特にツッコんでも仕方ない程度のインパクトなので、とくに触れずにおこう。



京都競馬場京藤のミックスフライ定食


 さて、ここ京藤ではミックスフライ定食850円也をいただいた。ご飯は大盛り無料だったので大盛りにした。



京都競馬場京藤のミックスフライ定食


 ミックスフライはかなりボリュームがある。エビフライ2本、イカリング2ケに、白身フライ1ケという盛り方だ。


 見てのとおりそこはかとない既製品感が漂うフライたちだが、短時間で提供しなくてはならないことを思えばそこまでのクオリティーを求めるのはやや酷か・・・?まあ、このボリュームを考えれば、京都競馬場の中ではそこそこの定食なのではないだろうか。身も蓋もないことを言うと学食の定食のおかずが1.5倍、みたいなイメージである。



京都競馬場京藤の朝定食


 京藤で人気なのはこちらの朝定食。


 だし巻と焼き魚、または焼き魚と納豆という組み合わせで、どちらも500円。さらにトースト・ゆでたまごとドリンクのモーニングセット380円なんつーのもある。これらはなかなかの人気商品のようで、午前中に行くとけっこう多くの人がこれを頼んでいる。


 確かに朝の和定食500円や、モーニング380円という価格設定は関西ではその辺にある喫茶店と同じような価格帯であるし、競馬場の食堂にしては値打ち感がある。高齢者にとってはこのくらいのボリュームと価格のほうが魅力的に見える部分もあるだろう。




京都競馬場京藤の100円おかず


 さらに京藤独自の取り組みとして、100円のおかずを非常に充実させているという点がある。おかずというよりは、ビールのアテと言ってしまったほうがよいだろう。京都競馬場の食堂では生ビールは530円という設定のため、食事はもちろん、つまみを500円程度に抑えても1000円前後の出費となってしまう。そこで言うとこの100円おかずという存在は非常にありがたいと言える。お酒が飲みたいときに、アテはほしいが、少しでいい、という場合は京藤がねらい目である。


京都競馬場おおつきの客寄せ看板


 さて、お次はおおつきをご紹介することにしよう。


 おおつきは京藤の近くにあり、エスカレーターを挟んで向かい合うような形になっている。京藤の勢いに圧倒されている感はあるが、京藤同様、いろいろと写真やポスターを駆使して客寄せを頑張っている。



京都競馬場のおおつき外観


 外観はこんな感じ。


 まあ、いかにも京都競馬場といった風情の普通の食堂である。京藤のゴテゴテ感に比べるとおとなしい印象だ。まあ、おとなしくて全然問題ないんだけど。



京都競馬場のおおつき外観


 こちらがおおつきのメニューだ。


 まあ無難なラインナップが並んでいる感じだが、一部個性的なメニューも存在しているという感じ。ネギトロ丼定食や梅わかめうどんなどがそれに該当するか。



 さらに差別化のポイントは、おおつきで「定食」と言った場合は汁ものがミニうどんになるということ。糖質制限ダイエット全盛時代とは言え、やはりメシと麺が同時に味わえるのは男なら誰でも心に響く部分がある。炭水化物上等、というタイプのひとはおおつきに行くのも一手だ。




京都競馬場



 ちなみに、朝はうどん+おにぎりをかなり安く売っていた。炭水化物セットで、血糖値の関係から昼にガッツリ腹が減ってきそうな気もするが、お得感はあるので、興味のある方は是非。



京都競馬場のおおつき内観



 店内は和風の無難な感じのレストランである。2人・4人のテーブル卓が並んでいる感じだ。



京都競馬場



 中継画面は厨房側に設置されている。入口で食券を買って受け渡し口に並ぶ京都競馬場の食堂によくあるスタイルだが、混雑時以外は席まで持ってきてくれる。



京都競馬場のネギトロ丼



 こちらがお店一押しのネギトロ丼。だいぶ写真が「盛られてる」のはご愛敬だが、まあさっぱりしていて無難な一品だ。





京都競馬場の白鳥


 さて、お次はグランドスワン3階に移動して、白鳥だ。


 京都競馬場のシンボルでもある白鳥を冠するレストランだが、けっこう奥まった地味なところに存在している。グランドスワン3階はかつてもっとレストランがあったのだが、今やここと、後程紹介する比龍と2軒だけになってしまっている。



京都競馬場の白鳥のメニュー



 白鳥は麺類がなく、ご飯ものが主体の食堂だ。定食、カレー、丼とラインナップをしている。とんかつ定食があるのにカツ丼がないなど、一部よく分からない部分もあるが・・・店内メニューにはあるのだろうか?


 珍しいのはハヤシライスであろうか。お店側がプッシュしているのは天丼である。



京都競馬場の比龍


 お次は、比龍をご紹介。


 1階の春陽堂と並び、ラーメン主体のメニュー構成である。荷桁は一度友人とこの店に入った記憶があるのだが、確か2人とも馬券でボロボロにやられたあとで、最終レースをやる気力がなくなり、閉店間際だったこの店に入って寂しくラーメンをすすったとかそんな流れだったと思う。当然のことながら放心状態でメニューの写真なども完全に撮り忘れてしまった。



京都競馬場の比龍のメニュー



 メニューは基本のラーメンが710円で、天津麺、チャーシュー麺など上位メニューが存在している。炒飯や天津飯も供しており、セットで1000円ほど。先ほどの炭水化物の話ではないけどけっこうガッツリいけるお店でもある。訪問時は11時まではライスサービスといううれしいこともやっていたぞ。



 さて、ビッグスワン、グランドスワンそれぞれの3階にある食堂・レストランはこんな感じである。京藤、おおつきは特にその中でも比較的商売っ気があり、季節メニューや日替わりメニューなどいろいろやっている雰囲気はあるのでもし行ったことがないという方はぜひ一度試してみてくだされ。


 
 次回も京都競馬場のグルメの話です。



 



>>京都競馬場レポートその25へ






*この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。

 阪神競馬場 その1 ~阪神競馬場の歴史と私的な思い出~
 小倉競馬場 その1 ~どうにかこうにか小倉~
 新潟競馬場 その1 ~夏の新潟は競馬と冷酒で~
 福島競馬場 その1 ~福島上陸~
 中山競馬場 その1 ~アクセスに難あり~
 東京競馬場 その1 ~大きいことはいいことだ~



*京都競馬場に関する記事は以下にもあります。

 京都競馬場 その1 ~淀の競馬の歴史と今~
 京都競馬場 その2 ~京都競馬場 アクセス~
 京都競馬場 その3 ~京都競馬場 駐車場~
 京都競馬場 その4 ~京都競馬場 入場門とシンザンと公園とわたし~
 京都競馬場 その5 ~京都競馬場散歩 お稲荷さん、馬頭観音、そして名馬たち~
 京都競馬場 その6 ~京都競馬場の公園 陽だまり広場と緑の広場~
 京都競馬場 その7 ~京都競馬場 パドック~
 京都競馬場 その8 ~京都競馬場 グランドスワンとビッグスワン~
 京都競馬場 その9 ~京都競馬場 スタンド1階~
 京都競馬場 その10 ~京都競馬場 スタンド2階 ATM・三冠馬ホールなど~
 京都競馬場 その11 ~京都競馬場 スタンド2階 鉄火場ゾーン~
 京都競馬場 その12 ~京都競馬場 スタンド3階 スローダンとメモリアルロード~
 京都競馬場 その13 ~京都競馬場 スタンド4階 シグネットホールほか~
 京都競馬場 その14 ~京都競馬場 観覧席 スタンド屋外席1~4階~
 京都競馬場 その15 ~京都競馬場 指定席 ラウンジシートとL-テーブル~
 京都競馬場 その16 ~京都競馬場 指定席 5階A指定・B指定席~
 京都競馬場 その17 ~京都競馬場 指定席 グランドスワン6階~
 京都競馬場 その18 ~京都競馬場 芝生席・スタンド前での観戦~
 京都競馬場 その19 ~京都競馬場 ウイナーズサークルほか~
 京都競馬場 その20 ~京都競馬場 コースや昔の馬券の話~
 京都競馬場 その21 ~京都競馬場 グルメ ファーストフードプラザ すいとん・吉野家・モスバーガーほか~
 京都競馬場 その22 ~京都競馬場 グルメ れすとらん花家~
 京都競馬場 その23 ~京都競馬場 グルメ レストランプラザ 駒・こだま・阪急食堂・春陽堂・大湖~
 京都競馬場 その24 ~京都競馬場 グルメ 京藤・おおつき・比龍・白鳥~
 京都競馬場 その25 ~京都競馬場 グルメ まとゐ鮨・レストラン藤・AMON~
 京都競馬場 その26 ~京都競馬場 グルメ 指定席エリア 駒・阪急梅八~
 京都競馬場 その27 ~京都競馬場 グルメ 指定席エリア レストラン京阪・カレーショップシルヴァー~
 京都競馬場 その28 ~京都競馬場 グルメ 売店編 樋口と平田~
 京都競馬場 その29 ~京都競馬場 グルメ 売店編 Two days、コメタ、森久ほか~




*テーマが近い記事はこちらから。

 函館競馬場 その9 ~函館競馬場 グルメ~ 
 福島競馬場 その2 ~福島競馬場 グルメ~
 新潟競馬場 その3 ~直線競馬とタレカツ丼~
 中京競馬場 その12 ~中京競馬場グルメ ペガサス1階~
 京都競馬場 その21 ~京都競馬場 グルメ ファーストフードプラザ すいとん・吉野家・モスバーガーほか~
 阪神競馬場 その15 ~阪神競馬場グルメ 東ウイング1階フードプラザ~
 小倉競馬場 その7 ~小倉競馬場 グルメ~
 盛岡競馬場 その3 ~盛岡競馬場グルメ~
 水沢競馬場 その8 ~水沢競馬場 グルメ~
 川崎競馬場 その3 ~怒涛の川崎競馬グルメ 前編~
 浦和競馬場 その13 〜浦和競馬場グルメ フライ天国〜
 大井競馬場 その16 ~大井競馬場 グルメ その1 第一仲商店~
 名古屋競馬場 その3 ~名古屋競馬場グルメ~
 名古屋競馬場 その11 ~名古屋競馬場グルメ 第2弾 えびすや~
 笠松競馬場 その4 ~笠松だよ!B級グルメ!~
 笠松競馬場 その11 ~笠松競馬グルメ ”麺”編~
 園田競馬場 その17 ~園田競馬場グルメ 明石屋のたこ天・西ホルモン・園田屋ほか~
 姫路競馬場 その6 ~追加レポート後編~
 福山競馬場 その9 ~福山競馬場 グルメ~
 佐賀競馬場 その4 ~佐賀競馬場グルメ~
 佐賀競馬場 その16 ~久々の佐賀競馬場グルメ~
 荒尾競馬場 その4 ~荒尾競馬グルメ~
 荒尾競馬場 その10 ~忘れグルメを食べにきました~
 ソウル競馬場 その12 〜ソウル競馬場グルメ〜
 フートー競馬場 その12 〜フートー競馬場グルメ〜
 マルサ競馬場 その15 〜マルサ競馬場グルメとビール〜
 ニコシア競馬場 その15 〜ニコシア競馬場グルメ〜
PR
そうだ 競馬、行こう。
ブログ内検索


















プロフィール
HN:
荷桁勇矢   
性別:
男性
職業:
若隠居   
趣味:
逃げ   
このブログについて
 このブログは「そこに競馬があるから」といいます。
 競馬場巡りに魅せられてしまった筆者、荷桁勇矢(にげた ゆうや)が、日本の競馬場、海外の競馬場を訪れながらその様子をご紹介して行くブログです。
 紹介している競馬場の情報は訪問当時のものですので、競馬場に行かれる際は最新の情報をご確認のうえ、自己責任で行っていただきますようお願いいたします。
 またこのサイトの写真や文章は基本的に無断で使用されると困るのですが、もしどうしてもという方は荷桁までご連絡ください。そのほかご指摘やご質問がある方も荷桁まで直接ご連絡ください。コメント欄は管理が面倒そうなので当分オープンにはしないつもりです。悪しからず。

連絡先:
nigetayuyaあっとgmail.com
ツイッター:
https://twitter.com/YuyaNigeta
Flickr:
http://www.flickr.com/photos/nigeta/
競馬本紹介ブログ始めました。
荷桁勇矢の競馬本ガイド









忍者ブログ [PR]